« NECO’S キッチン♪⑱ | トップページ | 一杯のカレーライス。 »

2011年12月 3日 (土)

ダルマさんがな~らんだ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は日本列島を猛烈な寒波がを襲い、特に北日本を中心に大荒れの天気になっています

僕の住む北海道では「大雪」が予想されており、今も深々と雪が降り続いています。今回の雪はいよいよ本格的な「根雪」になりそうです

この雪の降り方だと明日は朝早くから休日出勤になりそうです・・・また僕の嫌いな「雪」との葛藤の季節の到来です。そして、「休日に雪が降る法則」もまた今年も続きそうです

楽しみにしている「クリパー」のある来週末だけは、雪が降らないことを心から祈っています

さて、雪が降ると子供達がこぞってすることといえば今も昔も「雪だるま作り」ではないでしょうか。形や大きさはそれぞれ違いますが、「雪だるま作り」は僕も子供のl頃は大好きでした

そして今日お話しすることは、師走にこの時期になると準備の追い込みが始まる、お正月の縁起物についてです

ダルマさんがな〜らんだ!

「雪のだるま」ではなく、本当の「ダルマ」です

皆さんのお家には「ダルマさん」はありますか?まあ、そうそうお家にあるものではありませんよね。ダルマをよく見るのは選挙の時などが一番多いですが、僕自身は37年間生きてきて、自分で「ダルマ」を持ったことは一度もありません

「ダルマの産地」といって真っ先に思い浮かぶのは、全国生産率80%を誇る群馬県高崎市の「高崎ダルマ」ですが、その他にも宮城県仙台市の「松川ダルマ」や、埼玉県越谷市の「越谷ダルマ」なども有名です

では、「ダルマ」はどうやって作るのか?調べてみると、その工程は凄く丁寧でかつ非常に繊細な技術が必要でした

ダルマさんがな〜らんだ!

まず一番最初の工程は「ダルマ」の型作りから始まります

今でこそダルマの型を水槽に入れて、溶かしたダルマ紙を吸い込ませて型を作るという方式が取られていますが、昔はダルマの木型1つ1つに手作業でダルマ紙を張り、乾燥した後にダルマの背を割って木型を取り出し、切れ目を再び張りあわせるという方法で作っていたそうです

「越谷ダルマ」などでは、今でもこの手作業の手法をとっているところもあるようです

ダルマさんがな〜らんだ!

こうしてダルマの基になるものができれば、次にダルマの底にヘッタと呼ばれる粘土でできた“おもり”を付けます。これにより、ダルマが起き上がる仕組みを作ります。

さらには「下塗り」といって、白い胡粉を溶いたものをダルマに塗り下地を作ります。まだこの時点ではダルマは白いですね

ダルマさんがな〜らんだ!

次はいよいよダルマに近づいて来る工程です

先程までの白いダルマを赤い塗料が入った塗料槽に入れ、全体にまんべんなく色がついたところで天日干しします

ダルマさんがな〜らんだ!

次は「顔塗り」という作業です。先程まで真っ赤に染まっていたダルマに、いよいよ顔のパーツを入れてきます。顔になる部分を白色で塗り、再び天日干しします

ダルマさんがな〜らんだ!

よく乾いたら、今度は目→鼻→口という順序で顔を描いていきますが、ここがセンスを問われるところですよね。僕みたいな絵心のない人が描くととんでもないダルマになってしまいますからね

ダルマさんがな〜らんだ!

そして最後は職人技の見せ所、「金描き」「ひげ描き」という作業です

筆を使い上手に白目の周りと顔の両脇、銅に金彩をしていきます。さらには、眉と髭をダルマに描き入れて、ダルマの風格を出します。この技術を自分のものにするまでにはそうとうの年月が必要となるそうです何事も経験と修行ですね

ダルマさんがな〜らんだ!

こうして完成したダルマは、魔除けや、商売繁盛・開運などの御利益のあるものとして、日本古来から縁起物として多くの人のもとに届けられています

今までダルマをどうやって作っているのかなど考えたことがありませんでしたが、こうやって職人の真心丁寧な技術により作られているということを知り、よりいっそう「ダルマ」というものの価値が凄く大切なものかが分かったような気がします

僕は自分で「ダルマ」を買ったことはありませんが、今日ブログを書いているうちに「ダルマ」を買ってみたくなりました

まずは何か「目標」を新たに立てて、その目標が叶ったときにダルマに目を入れるためにも、そのへんから考えてみてダルマを購入してみたいと思います

世間的には良い事も悪い事もたくさんあった2011年という1年も、もうすぐ終わりを迎えますが、今年もまた師走の街中に、ダルマさんがなら~んだ♪

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり>  曜日(かがひ)さん→日傘(ひがさ)さん、暑い日に太陽の陽ざしを避けるためにさす傘、つまり「日傘」ですが、それがお名前になっている方もいるようです。全国には「日傘さん」は10名程いるそうです。

|

« NECO’S キッチン♪⑱ | トップページ | 一杯のカレーライス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルマさんがな~らんだ!:

« NECO’S キッチン♪⑱ | トップページ | 一杯のカレーライス。 »