« 帰ってこさせられた8分4秒探偵~最終話~ | トップページ | 激痛・・・ »

2011年12月19日 (月)

大好きな電鉄が消える・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

「クリスマスxmas」が目前に迫り、街はまさにクリスマス一色に染まっていますが、子供の頃の「クリスマス」の楽しみといえば、やっぱりサンタさんshadowから貰う「クリスマスプレゼントpresent」でしたよねhappy02

僕も子供の頃は、毎年ワクワクドキドキheart02しながら眠りに就いていましたsleepy

思い出深いプレゼントpresentでは、戦隊ものグッズや、ボードゲーム、そしてテレビゲームなどがありましたgame

時代とともに、子供達が欲しがるものも変わりつつあるのかもしれませんが、いつの時代にも、子供にとってはサンタさんからの贈り物presentは楽しみなことに変わりはないですよねconfident

さて、テレビゲームのことが少し話題に出たのでお話しますが、実はあるゲームgameの「人気シリーズ」が長いその歴史に幕を降ろすdownという、少し残念なニュースを先日耳にしましたear

そのゲームとはsign03

大好きな電鉄が消える…

僕も小さい頃から大好きなゲーム「桃太郎電鉄」、通称「桃鉄」ですshine

僕が初めて「桃鉄」に出会ったのは、僕がまだ中学生の頃でした。既に社会人になって働いていた僕のが、夜遅くまで隣りの部屋で「桃鉄」をやっているのを見てeye『俺にもヤラせてよ!』と言って、一緒に遊んだのが始まりでしたgood

テレビゲームとはいえ、この「桃鉄」は日本全国の地名を憶えることができたり、その地域の名産品主要産業などを憶えることができるので、非常に勉強になるゲームなんですscissors

一見、ただサイコロを振って、物件を買い集めるだけだと思われがちですが、物件を買うにしても、相手に良い物件を購入させないように考えたり、カードを巧みに使って相手の邪魔をしたりと、非常に頭を使うゲームですflair

僕は初代の「桃鉄」から遊んでいるので「桃鉄歴23年」になりますが、その「23年」という歴史に今回、残念ながら“終止符”が打たれることになりましたsad

この「桃鉄」の生みの親である、ゲームクリエーターのさくまあきら氏は、先日のニコニコ生放送で「桃鉄の新作製作の終了」を宣言しましたbearing

僕のように、「桃鉄」の新作が出るたびに楽しみにしていた「桃鉄ファン」にとっては、非常に悲しいお知らせでした・・・

この「終了宣言」の裏には、今年の春に「桃鉄」の発売元である「ハドソン」が「KONAMI」の完全子会社buildingになったことで、長きに渡り共に「桃鉄」を製作してきたレギュラースタッフ4人のうち3人が会社を辞めたという事情があったようですpaper

『あのメンバーを作るのに10年かかったんです。それをまた1から作るのは難しい・・・』と、さくま氏は番組内で語っており、思い入れのあるメンバーたちが去っていったことが大きな引き金となったようです。

そのメンバーたちのことを『天才の上に天才の名がつくような、優秀な連中』と絶賛することからも、さくま氏自身が受けたショックはかなり大きなものがあったようですshock

確かにゲームクリエーターという世界は、ただゲームを作ればいいというものではなく、作る側も、それを購入し遊ぶ側も、いかに納得できる作品を完成させることができるかということが大事な部分があると思いますpaper

そのためには、お互いのことをよく理解できる仲間というものの存在が必要になりますよね。それはゲームの世界に限らず、どんな世界でも同じだとは思いますけどpaper

「桃鉄シリーズ」は今年で23年の幕を閉じるわけですが、さくま氏はまだゲームクリエーターとしてこれからも幾多の作品を手掛けてくれるはずですgame

大好きな「電鉄」が消えることは凄く悲しいことですけど、さくま氏が残してくれたたくさんの「桃鉄」作品がこの世にはあるわけですから、今後「新作」が出なくとも、いつでも楽しむことはできるわけですhappy01

そういう意味では、23年間素晴らしい作品を提供してくれたさくま氏に、まずは『お疲れ様でした』と声をかけてあげたいですconfident。そして、また「さくま作品」が違った形で登場することも、秘かに期待していますwink

その時はまた、「桃鉄」以上に夢中になっちゃうかもしれないので、今回のことは“終わり”ではなく、“始まり”なのかもしれませんねconfident

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 三福(みふく)さん→熊耳(くまがみ)さん、「熊の耳」と書いて「くまがみ」さんとお読みになりますが、そんな「熊耳さん」は全国には640名程いるそうです。

|

« 帰ってこさせられた8分4秒探偵~最終話~ | トップページ | 激痛・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/43366477

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きな電鉄が消える・・・:

« 帰ってこさせられた8分4秒探偵~最終話~ | トップページ | 激痛・・・ »