« あなたの勝ちです! | トップページ | 名物おじさんを偲んで。 »

2011年10月25日 (火)

今年のイチオシ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今年もまたこの季節がやってきましたshine

いよいよ運命の「プロ野球baseballドラフト会議」が、明後日10月27日に開催されますshine

高校3年生の時、授業を受けながら僕は『ドラフトで巨人から指名されないかな・・・』と思っていました。担任の先生shadowが授業中に教室に来て、『おい、○○!巨人から指名されたから、すぐに校長室に来い!』と言わないかな・・・と頭の中で妄想していましたconfident

大学4年生の時、実家にいる『もしかしたら、巨人から指名されるかもしれないから、取材陣が家に来たりするから美容室に行っといてよ!』と、言っていましたconfident

社会人になり、ようやくその「妄想癖」はおさまりつつありますが、それでも心のどこかでは「まだ可能性があるのではないか・・・」と思っている自分がいますcoldsweats01

既に年齢は37歳、しかも朝野球に年に数試合でる程度の素人中の素人の僕が、そもそも「ドラフト」にかかるわけなんてないんですcoldsweats01

それでも憧れの巨人に入団する事をいまだに夢見る37歳のおっさんに、今年も「現実の厳しさ」が立ちふさがるのでしょうかsign02その答えは2日後にハッキリしますpaper

さて、そんな僕のことは置いておき、今年も数多くの優れた人材がプロ野球界baseballに入ってきそうですshine

昨年のドラフトは「近年まれにみる豊作の年」と言われ、斉藤佑樹(日本ハム)を筆頭に、大石(西武)、沢村(巨人)など、いわゆる「マー君世代」が続々と指名されましたbaseball。シーズンに入っても、彼らは素晴らしい結果を出し、「豊作の年」と呼ばれるに相応しい活躍を見せましたscissors

そして今年のドラフトも昨年同様に、即戦力が期待される人材がたくさんいるといわれていますup

中でも注目なのが、「大学ビッグ3」と呼ばれる3人の大学生投手ですpaper

まず1人目は、東海大学の菅野智之投手ですshine。彼は何を隠そう、巨人の原監督の甥っ子ですhappy02

最速157kmを誇る本格派右腕は、プロの世界でも十分通用するとの好評価を受けていますup。原監督の甥っ子ということもあり、本人も巨人に入団したい気持ちがあるために、巨人の単独指名は必至と言われていますconfident

彼の魅力は速球派でありながら、コントロールも抜群に良いというところですshine。カットボール、スライダー、フォークボールなどの変化球も多彩で、僕も彼の試合をテレビtvで見たことがありますが、プロ1年目から「15勝」は狙える逸材だと思いますbaseball

続いてはご紹介するのは、東洋大学の藤岡貴裕投手ですshine

彼は「戦国・東都」と呼ばれる東都大学リーグで、通算26勝をあげた大学NO・1左腕ですbaseball。しなやかかつ豪快なフォームから投げ下ろされる直球は威力抜群で、打者の手元で伸びる感覚があり、打者にとっては見た目以上のスピード感を感じるそうですup

完投能力もあり「スタミナ」抜群の逸材は、プロのOBたちからも「江夏を彷彿させる選手だ」と絶賛されていますshine。非常に楽しみな投手の1人です。

「大学ビッグ3」最後の1人は、明治大学の野村祐輔投手ですshine

野球ファンであればご存知だと思いますが、彼は広陵高校(広島県)のエースとして、2007年夏の選手権大会baseballで準優勝投手に輝いていますcrown

彼は先に述べた菅野や藤岡とは正反対の“かわすタイプ”の投手ですscissors。タイプとしては、斉藤佑樹に似たタイプです。

彼の持ち味は球の“キレ”とマウンド度胸ですheart02。幾多の修羅場をかいくくでってきた経験値が彼の武器でもありますし、総合的に見ると「菅野や藤岡よりも野村が一番」と言うスカウトもいますbaseball

以上、この3人が今年注目を集めている「大学ビック3」と呼ばれる3人ですpaper

実は彼らと同年代に当たる現在プロで活躍する選手には、中田翔(日本ハム)、由規(ヤクルト)、唐川(ロッテ)のいわゆる高校時代に「ビッグ3」と呼ばれ、プロに入団した3選手がいますshine

彼らはプロ4年目の今シーズン、それぞれチームの中心選手として、これまでのシーズンの中で一番の活躍をみせましたup。彼ら3人と今年指名が予想される「大学ビッグ3」を含めたこの世代は、もしかすると、「松坂世代」や「マー君世代」を超えた「最強世代」になる可能性も大ですsign03

この他にも、変則投法が売りの近畿大学の中後悠平投手、制球力が自慢の日本体育大学の辻孟彦投手、打者では慶応大学の伊藤隼太外野手、高校生ながらプロでも「即戦力」の呼び声高い、高校通算71本塁打の東海大甲府高校の高橋周平内野手などが上位指名されそうですshine

彼らの「運命」を決める「ドラフト会議」は、27日午後5時から東京都内のホテルで開かれますbuilding

いったいどの球団にどの選手が指名され、そしてプロの道を進むのかhappy01今から僕は楽しみで仕方ありませんup

もちろんその中に「猫男爵」の名前があれば最高なんですが、それは99%あり得ない話なので忘れてくださいcoldsweats01

ちなみに僕の今年のイチオシは「大学ビッグ3」の中の1人、藤岡貴裕投手ですgood

彼はおそらくここ20年の中では間違いなく、日本プロ野球を代表するNO・1左腕になる逸材だと確信していますbaseball

皆さんも、明後日の夕方は「ドラフト会議」にどうぞ注目してくださいpaperTBS系列で午後4時53分より放送されますのでtv

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 根回(ねまわし)さん→塩(しお)さん、調味料のようなお名前ですが、意外や意外に全国に「塩さん」は何と1100人もいるそうです。

|

« あなたの勝ちです! | トップページ | 名物おじさんを偲んで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/42679666

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のイチオシ!:

« あなたの勝ちです! | トップページ | 名物おじさんを偲んで。 »