« 重圧からの解放。 | トップページ | 思い出の「51位」。 »

2011年10月 8日 (土)

期待の作品がズラリ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

早いもので今年も残り3ヶ月、僕の大好きな「テレビドラマ」の方も、7~9月期のドラマが終わり、まもなくすると新ドラマが続々とスタートします

ということで、今日はすっかり恒例になった「新ドラマ」のご紹介をさせていただきます。いつものように、僕なりに期待をしているドラマを幾つかピックアップして、簡単ではありますがドラマの内容をご紹介したいと思います

と、その前にこちらも恒例ですが、前クールの僕の好きだったドラマランキングBSETをまずは発表したいと思います

前クールはいつものクールに比べると、ちょっと期待はずれの作品が多かったような気がしますが、その中でも僕が好きだった作品を3つ挙げます

第3位『ブルドクター』(日本テレビ系列)

第2位『ドン★キホーテ』(日本テレビ系列)

第1位『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系列)

上戸彩主演の『絶対零度』は、前シリーズ同様に非常に楽しめるドラマでした。あるか分かりませんが、3rdシーズンももしあれば見たいと思えるような作品でした

さて、それでは今度はまもなくスタートする10月~12月期の、「秋」から「冬」へと季節を股にかける数多くの「新ドラマ」たちの中で、僕が注目をしているドラマを幾つかご紹介したいと思います

今クールは各ドラマで主演を務める俳優・女優陣に、結構な“ビックネーム”が多いだけに、僕的には期待の作品がズラリです

それでは早速、その作品たちのほんのさわりをご紹介します

①『家政婦のミタ』 10月12日(水)22:00スタート<日本テレビ系列>

出演:松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季、平泉成、白川由美他

今や日本のトップクラスの女優となった松嶋菜々子が、2000年の『やまとなでしこ』以来11年ぶりに単独主演を務めるこの作品は、無表情でミステリアスな家政婦役を松嶋が演じるという非常に興味深い作品です。

家政婦として派遣された家庭で、そこにある人間模様に対して、家政婦の三田(松嶋)が想像もできない行動で問題を解決していくというこの作品は、僕的にはとても楽しみな作品です。

この日本テレビ水曜10時枠では『リバウンド』『ブルドクター』と、ここ2作品かなり面白い作品が続いているので、そのへんからも期待度は高いです

②『蜜の味~A Taste Of Honey~』 10月13日(木)22:00スタート<フジテレビ系列>

出演:榮倉奈々菅野美穂、ARATA、溝端淳平、升毅、佐野史郎他

初めての“運命的”な恋に落ちた情熱的な女性・直子(榮倉)と、大病院の院長の娘として生まれ、美貌と知性を兼ね備えた女性・彩(菅野)が、1人の男性・雅人(ARATA)を取り合いバトルするという、濃厚でドロっとした抜き差しならない大人のラブストーリーです

③『南極大陸』 10月16日(日)21:00スタート<TBS系列>

出演:木村拓哉、綾瀬はるか、堺雅人、山本裕典、吉沢悠、岡田義徳、寺島進、緒形直人、香川照之、柴田恭兵他

「キムタク神話」の復活をかけて、木村拓哉が挑む壮大なスケールのドラマです。開局60周年記念の集大成としてTBSもかなりの気合いを入れた作品で、構想から3年、半年間をかけて撮影が行われたということからも、気合いが伝わってきます。

キムタクはもちろんのこと、共演の綾瀬はるかを始め、そうそうたる豪華な俳優陣が脇を固めているところにも大きな魅力を感じます

内容はと申しますと、戦後から10年を過ぎた昭和30年代に日本人としてのプライドを取り戻すために、接近不可能と言われた「南極大陸」に命懸けで挑んだ若き地質学者(木村)と、彼と運命を共にした仲間と樺太犬たちの愛と絆の物語です

僕の中ではもちろん今クールでイチオシの作品です。この作品の原案は北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』です。

④『私が恋愛できない理由』 10月17日(月)21:00スタート<フジテレビ系列>

出演:香里奈、吉高由里子、大島優子、田中圭、中尾明慶、勝村政信、萩原聖人、稲森いずみ他

20~30代の独身女性の半数以上が恋人がいないという「恋愛超氷河期」と言われる現代で、幸せな恋愛に巡り会うことが困難な、恋愛できない女性たちが直面する様々な悩みを本音でぶつけ合い、不器用ながらも幸せを模索するという、「月9史上」最も異色な等身大ラブストリーです

⑤『謎解きはディナーのあとで』 10月18日(火)21:00スタート<フジテレビ系列>

出演:櫻井翔北川景子、椎名桔平他

有能で「毒舌」の執事・影山(櫻井)と、その執事が仕える大富豪の令嬢で新米刑事の麗子(北川)が協力し合い、遭遇した様々な難事件を推理しながら解決していくという、ユーモア溢れるエンターテイメントミステリーです。この作品の原作は2011年本屋大賞を受賞した作品です

⑥『11人もいる!』 10月21日(金)23:15スタート<テレビ朝日系列>

出演:神木隆之介、田辺誠一、光浦靖子、加藤清史郎、広末涼子他

コメディを真骨頂とする宮藤官九郎が、「大家族」をテーマにしたホームドラマを手掛けた作品です。舞台となるのは、父と母そして8人の個性豊かな子供の10人の貧乏家族。そこに末っ子にだけに見える謎の11人目が加わり、奇想天外な「家族劇」が描かれていくという作品です

以上6作品が僕が注目している作品ですが、この他にも今クールは面白そうな作品が目白押しです。皆さんはいったいどのドラマを楽しみにしていますか

2011年最後のクールは、期待の作品がズラリです

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 三須(みす)さん→雀堂(すずめどう)さん、何か「本屋さん」か「骨董品屋さん」のようなイメージをかもし出すようなお名前ですが、全国に「雀堂さん」は70名程いるそうです。

|

« 重圧からの解放。 | トップページ | 思い出の「51位」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待の作品がズラリ!:

« 重圧からの解放。 | トップページ | 思い出の「51位」。 »