« Can you speak English? | トップページ | ひろし君。 »

2011年10月28日 (金)

旅先での景観。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今週は「晴れ」の天気が続き、非常に穏やかな一週間でしたね

今日で今週の仕事は終わり、土日は「お休み」という方もいることでしょう。ちなみに僕は明日も仕事です

天候が穏やかな反面、めっきり朝晩は寒さが際立ってきましたね。最低気温もひとケタは当たり前で、もうすぐすると「霜」や「初雪」の話題が押し寄せてきそうな感じです

そんな秋深し10月の終盤ですが、先週僕は「阿寒方面」と「紋別方面」に仕事で出張してきました。同じ「秋」でも、その場所によって微妙に風景が違うものです

紅葉の彩りも場所によって微妙に違いますし、街の風景を眺めてみても趣がそれぞれあり、非常に新鮮な気持ちになります

北海道は広いもので、車を何時間も走らせても、街から街へとどこまでも果てしなく行けます

僕は仕事やプライベートで、道内のほとんどの主要都市へは行ったことがありますが、その街にそれぞれ良い所がたくさんあり、『ずっとここにいたいな~』と帰るのが嫌になることもたまにあります

でも、なんだかんだいって「十勝」が一番住みやすいですし、好きですけどね

今日は先週の出張の際に映した、旅先での景観を少しではありますがご紹介したいと思います

まずは「阿寒湖温泉」からの風景です

旅先の景観。

ホテルの部屋から見えた「阿寒湖」です。そしてその奥にあるのは「雄阿寒岳」です。湖を優雅に進む「遊覧船」が、徐々に水面を動かしている姿を見ていると、まるで絵葉書かと錯覚してしまうほどです

「阿寒湖」には何度も観光で訪れていますが、何度行ってもその素晴らしい景観に見とれてしまいます。また機会があれば、今度はプライベートで「阿寒湖」観光を楽しみたいと思います

それから数日後、今度はオホーツク海に面する「紋別市」へ出張で出かけることになりました

家を出発する前に部屋から手を振るが、僕の後方を指差したので後ろを振り返ってみると

旅先の景観。

そこにいたのは一匹の猫でした

このへんではあまり見ない顔の猫で、一時僕とのにらみ合いが繰り広げられるかと思いましたが、早く出発しなければならない僕にそんな時間の余裕はありませんでした

旅先の景観。

結局この猫は、最後までこちらをガン見していました。なかなか度胸の良い猫でした

さてそんな猫の話はさておき、僕は車を飛ばし約3時間30分で「紋別市」に到着しました

会議が終わり、ホテルの部屋から旅先の景観を写真におさめました

旅先の景観。

夕闇迫る紋別の港の風景です。奥に見えるのがオホーツク海です港町らしい何とも情緒あふれる風景です

旅先の景観。

同じくホテルの部屋から映した夜の紋別の港です

つい数時間前とは違い、完全に暗闇に包まれた光景は何かロマンチックな夜景でした

旅先の景観。

最後は朝の紋別の港です

この日の天気は曇りでしたので、キレイな朝陽は拝めませんでしたが、3つの違う風景を見れて何だか幸せ感が満載の旅でした

ホテルを出発し最後はせっかくなので港の水産店により、新鮮な「魚介類」をお土産に買い、家路へと着きました

日常の生活とはまた違う、旅先での景観には心が癒されることが多いです。北海道にはたくさんの観光名所がありますし、たくさんの美味しい名産品があります

改めて僕は北海道に生まれ育ち、そして今も暮らしていることに感謝しています北海道は世界で一番素敵なところです

また今度、出張やプライベートなどで道内の街を巡り歩いた際には、旅先での景観を写真におさめたいと思った猫男爵でした

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 則武(のりたけ)さん→毛海(けうみ)さん、「毛の海」と書いて「けうみ」さんです。毛だらけの海、想像すると怖いですね。そんな「毛海さん」は全国には40名程いるそうです。

|

« Can you speak English? | トップページ | ひろし君。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅先での景観。:

« Can you speak English? | トップページ | ひろし君。 »