« 木村庄之助。 | トップページ | 足にキテます。 »

2011年9月28日 (水)

冬が近づくと・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

「秋」mapleも徐々に深まり、だんだんと陽が沈むのも早くなりましたねnight。夕方6時にはもう真っ暗になってしまいます。これから少しずつ「冬」snowの足音が近づいてくると思うと、何だかとても憂鬱になってきますsad。僕の嫌いな「冬」がまたやってきてしまいますdespairまあ、冬は冬で「楽しむ方法」もあるので前向きに考えますgood

秋が深まるこの時期になると、「熊」などの動物たちが「冬眠」sleepyに備えはじめる頃ですpaper。山でたくさんの食料を食べ、栄養を蓄えて、長く寒い北海道の冬を越そうとしますsnow

しかしここ数年は、山で収穫する「木の実」などが不足しており、「熊」が食料を求めて人里の方まで降りてくるdown光景が見られますdanger

よくニュースtvや新聞で『熊を見た』という記事を見かけますが、「熊」も生きるために必死なんでしょうね・・・でも「人間」にとっては「熊」の存在と言うものは“脅威”以外何ものでもありませんshock

もし万が一襲われれば、それは「死」に直結しまいかねませんsign03。なので、危険dangerだと思われる様な場所には絶対に近づかないように、気をつけなければいけませんねpaper

そして冬が近づくと、人里で見かけるのものは「熊」ばかりではありませんpaper「キツネ」「鹿」などの野生動物を見かけることもたまにありますeye

北海道には生息しませんが、本州では「イノシシ」などの野生動物による被害も拡大しているというニュースもよく耳にします。

実は先日、僕がを車に乗せて夜の道路を走っているとcar、僕の前方を走る車rvcarが急にブレーキをかけましたsign03

『何だよ急に!』と思い、僕も慌ててブレーキを踏みましたが、その次の瞬間に僕の目eyeに飛び込んできたのは、1匹の「小鹿」でしたsign03

群れから逸れたのか、それとも1匹で餌を求めて人里に降りてきたのか・・・それは分かりませんが、慣れない車との遭遇に「小鹿」もビックリしていましたsign03

北海道では道路などで「鹿」に遭遇することは珍しいことではありませんcoldsweats01。標識でも「動物横断注意」のマークに「鹿」のマークが使われているほどですdanger

僕の友人にJェリーという奴shadowがいるのですが、彼は夜道を走行中に道路に飛び出してきた「鹿」と正面衝突impactし、車を廃車にしています・・・

「鹿」に衝突した時の衝撃impactはとてつもないものがあるそうで、車が廃車で済んだだけでも幸いだったと、その時のことをJェリーは熱弁していましたcoldsweats01

確かのあの大きさがもろに車に衝突impactしたら大変なことになりますよねbearing。そして「鹿」は急に飛び出してきますし、逆に車に向かって突進してくるケースもあるそうですpaper

これからの時期、冬が近づくにつれ「鹿」を見かける機会も増えると思いますので、僕も気をつけて運転しようとは思いますが、皆さんも十分に気をつけてくださいねdanger

冬が近づくと、人間も色々と冬に備えて動き出しますが、それはきっと動物も同じです。「自分は大丈夫だ」と決めつけずに、常に安全運転に心がけましょうhappy01

今日はこれから、リニューアルして「曜日変更」したMVDの「ミニバレー」に行ってきますscissors今日は久しぶりの「ミニバレー」なので張り切ってきますねshine

水曜日は汗曜日ですdelicious

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 出島(でじま)さん→馬鹿(ましか)さん、「ばか」と読むことが多いこの字ですが、「馬」と「鹿」で「ましか」さんとお読みになるそうです。今日のブログの内容にピッタリな、そんな「馬鹿」(ましか)さん」は全国には10名程いるそうです。

|

« 木村庄之助。 | トップページ | 足にキテます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/41975254

この記事へのトラックバック一覧です: 冬が近づくと・・・:

« 木村庄之助。 | トップページ | 足にキテます。 »