« W杯への道~シュート15~ | トップページ | 地球の裏側へ行こう! »

2011年9月 2日 (金)

男爵村の“初もの”♪

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は台風typhoonの接近と、北海道上空に停滞する前線の影響で朝から不不安定な天候の一日でしたrain

9月に入り、いよいよこれから「秋本番」を迎えますmaple。日本有数の畑作地である我が十勝では、収穫作業の繁忙期を迎えますgood。これからは台風typhoonが発生しやすい季節なので、せっかく育った作物に影響が出ないか凄く心配なところですbearing

それは我が「男爵村」にも同様に言えることですcoldsweats01。生計が懸かっている農家さんとは全然立場が違い、あくまでも趣味の域でやっている家庭菜園なので、贅沢なことは言えませんが、それでも春の「畑耕し」から始め、「種蒔き」、「雑草取り」と、大切に大切に育てて収穫の時期を迎えたわけですから、天候などの影響でその努力を無駄にすることだけは何としても避けたいところですbearing

台風12号typhoonの接近を知っていたわけではありませんが、実はこの前の休日、僕は「男爵村」へ足を運び、6年目を迎えた村での収穫作業に汗を流してきましたsweat01

今年の“初もの”。

村に着き、僕がまず最初に向かったのは「とうもろこし畑」ですpaper。僕の背丈を遥かに超すupほどに成長した「とうもろこし」は、まるで僕に『収穫に来るの待ってたよ~』と声をかけているかのようでしたconfident

今年の“初もの”。

まだまだ収穫時期には少し早いところもありましたが、それでも十分に大きな実になったものもあったので、早速収穫することにしましたscissors

今年の“初もの”。

今年の“初もの”の収穫作業に緊張しながらheart02も、「とうもろこし」を捥ぎ取りましたgood。この日はわずか数本の収穫だけでしたが、まだまだこの後も「とうもろこし」の収穫が待っていますので、僕は楽しみですhappy02

男爵村では「とうもろこし」の生育に数年前にも挑戦したのですが、その時は「不作」に終わってしまい、非常に残念な想いをした経緯がありますsad。今年も「豊作」とは言えない出来具合ですが、それには「肥料不足」や「管理の未熟さ」など様々な問題点があるのだと考えていますので、それは来年以降の課題にしておきますconfident

今年の“初もの”。

「とうもろこし」畑を後にした僕は、続いて「芋」の収穫作業に精を出しましたsweat01

この日は、春に蒔いた3種類ある「芋」の中で「レッドムーン」という品種を少しだけ試し掘りしてみましたscissors。順調に大きく成長した“赤い芋”たちを目の前にして、僕の顔も自然と緩みましたhappy01

今シーズンの本格的な「芋掘り」は再来週あたりを予定していますが、かなりの「豊作」が期待できそうな、そんな生育具合ですshine

今年の“初もの”。

次に僕が向かったのは「枝豆」の畑ですpaper。ちょうど食べ頃の大きさで、収穫するにはもってこいのナイスタイミングでしたgood

早速、とりあえず食べれる分だけを収穫し、ビールbeerの「おつまみ」にすることにしましたhappy02。自分で作った「枝豆」を食べながら飲むビールは格別ですねbeer

今年の“初もの”。

この日は快晴sunの一日で作業には少し暑いくらいでしたcoldsweats01。一日中、太陽sunの下にいたおかげで真っ黒に日焼けしてしまいましたshadow。畑仕事なので、「泥」で顔が真っ黒になったという説もあるみたいですけどねcoldsweats01

さすがにこの暑さに大量に汗sweat01をかいた僕は、作業前と作業後で体重が1.8kgも減っていましたdown。確かに凄い汗の量でしたからねsweat01sweat01

今年の“初もの”。

この日の夜nightは自分で獲った「男爵村」の“初もの”でお腹を満腹に満たしましたconfident

「とうもろこし」の味は、凄く美味しいというわけではありませんでしたが、それでも「甘味」もちゃんとありましたし、決してマズくはなかったですdelicious。来年はもう少し「作り方」を勉強してから挑戦してみたいと思いますpaper

ひと足先に、夏に収穫した「チンゲンサイ」「春菊」、そして今回の「とうもろこし」など、今年は色々な作物に挑戦して見事に収穫する事ができましたgood

「作物を育てる」ということは、簡単そうで非常に難しく、そして奥が深いものです。僕も「男爵村」で作物を作り始めて6年になりますが、ようやくその“コツ”を少しずつ掴んできたような気がしますconfident

まだまだたくさん学ぶべきことがありますし、野菜たちから教えられることもたくさんありますpaper。それでも、例え「失敗」したとしても、何かを自分の手で実際に挑戦してみること、そこに“価値”があると思って、僕は毎年畑に足を運んでいますscissors

30代になってから「家庭菜園」をするようになり、20代の頃には無かった「人生の楽しみ方」を憶えたような気がしますし、40代を前にして今度はその「楽しさの奥にあるもの」をもっと追求してみたいという気持ちになってきていますconfident

「人間」はいかなる時も、「人生」の中で少しずつ「成長」していくということなんですねconfident

「男爵村」の収穫の模様は、これからもまだまだお伝えしていきますので、どうか宜しくお願いしますねhappy02

2011年もいよいよ、これから「秋本番」を迎えていきますmaple実りある、素晴らしき秋になるように祈り、今日のブログを締めたいと思いますconfident

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 須々木(すすき)さん→北尾(きたお)さん、「北尾」といえば、元横綱「双羽黒」の北尾光司を思い出します。プロレスラーとしても大成せずに、その後は冒険家になったはずですが、今は何をしているのでしょうね。そんな「北尾さん」というお名前は全国に1万人程いるそうです。

|

« W杯への道~シュート15~ | トップページ | 地球の裏側へ行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/41421832

この記事へのトラックバック一覧です: 男爵村の“初もの”♪:

« W杯への道~シュート15~ | トップページ | 地球の裏側へ行こう! »