« 願いが叶いました! | トップページ | 不法侵入~招かざるもの~ »

2011年7月14日 (木)

栄冠は君に輝く~1回表~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

7月も中盤に差し掛かり「夏本番」となってきましたが、今日は凄い大雨rainの一日でしたねbearing気温も一気に下がりdown肌寒ささえ感じましたdespair

全国的にみると「梅雨明け」になったようですが、本来は「梅雨」のない北海道では今「梅雨」の真っ最中のような天候ですrain。停滞前線の影響で、しばらくは雨の日が続くみたいですcoldsweats01。早く澄んだ青空を見たいものですねconfident

さて、そんな梅雨が明けた全国各地では今盛んに「高校野球」の地方予選が開催されていますbaseball

高校野球をする全国の球児の憧れである「甲子園球場」。“聖地”と呼ばれるその地でのプレーを夢見て、みんな青春の全てをかけて練習に汗を流しているわけですsweat01

一度でも「甲子園」でプレーすることができれば、それは野球を志す高校球児にとっては本当に幸せなことなんですshine

そんな高校野球baseballの歴史には、数多くの名勝負、そして数多くのスター、語り尽くせないほどの筋書きのないドラマが誕生しましたshine

中でも僕ら北海道民にとって決して忘れることのできない思い出と言えば、2004年に道民の願いでもあった夢の「全国制覇」を成し遂げた駒大苫小牧高校の活躍ですsign03

今でもあの「感動」と「興奮」を僕は忘れることはできませんし、まだ昨日のようにも感じられるほど鮮明に僕の記憶の中にプレーの数々が浮かんできますflair

初優勝の翌年には57年ぶりとなる夏連覇を達成し、さらにその翌年には夢の3連覇にあと一歩手が届きませんでしたが、高校野球界に一時代を築いた駒大苫小牧の活躍ぶりは、暑い夏に道民の心をさらに熱くさせてくれましたup

そこで今日から数回に渡り、あの感動をもう一度甦らせて、駒大苫小牧の「栄光」を振り返るとともに、その裏にあった「挫折」も省みて、その光と影に隠された青春と白球の思い出を振り返っていきたいと思いますpaper

これは、幼い頃から高校野球を心より愛し、そして誰よりも夢中になったと自負している僕自身の記憶の限界への挑戦でもありますconfident

全国にはたくさんの高校野球baseballファンの方がいらっしゃると思いますが、どうかご一緒に懐かしんでいただければ幸いかと存じます。もしかすると、僕の記憶違いや思い違いなどもあるかもしれませんが、そのへんはご了承くださいcoldsweats01

それでは早速スタートしてみたいと思いますpaper

「栄冠は君に輝く」~1回表~ プレイボールbaseball

2003年夏、「甲子園球場」には全国各地での激しい地区予選を勝ち抜いた49の代表校が集い、第85回全国高等学校野球選手権大会の熱戦impactが繰り広げられていましたbaseball

この年、南北海道代表として甲子園の土を踏んでfootいたのは、2年ぶり3回目出場の駒大苫小牧高校でしたpaper

この当時は、決して高いとは言えない北海道の高校野球のレベルでは、初戦突破をできるかどうかというところが多くの道民の願いでしたshine

大会前に優勝候補crownにあがっていたのは、常総学院や明徳義塾、PL学園に智弁和歌山などのいわゆる甲子園常連校でしたschool

そんな中で駒大苫小牧が登場したのは、大会2日目の第2試合で対戦相手は岡山県代表の倉敷工業でしたpaper

<1回戦> 対倉敷工業

試合の序盤から駒大苫小牧が積極的な攻撃を見せ、4回裏の時点で「8対0」と大量のリードをしますup。北海道代表校の久しぶりの大量リードに、僕はこの時点で勝利を確信していましたconfident

この試合、先発投手を務めていたエースの白石君の出来も非常に良かったので、8点の差をひっくり返されることは、まず無いという自信が僕にはありましたscissors。それはグランドでプレーする選手たちも同じだったと思います。

しかし、そんな僕の勝利への“確信”はあっけなく消えてしまいましたdown“敵”は思わぬところにいたのですsign03

4回裏途中に台風typhoonの接近により、猛烈に激しい雨が降り始めたのですrain。選手たちはみんなベンチに引き上げさせられ、この悪天候の状況を見守ることしかできませんでしたbearing

あまりにも凄い雨rainなので、僕の頭の中にも思わず「ノーゲーム」というものが脳裏をよぎりましたbearing

高校野球のルールでは7回終了がゲーム成立の条件となっています。このままでは、せっかくのリードが台無しになってしまう・・・

そんな僕の思いは、数分後に現実になってしまいましたweep。大会本部と審判団の競技の結果、これ以上の天気の回復が見込めず、グランド状況の修復も不可能と判断され、降雨ノーゲームが宣言されたのですsad

駒大苫小牧にとっての甲子園初勝利は、夢と消えたのです・・・

そして翌日、この試合は「再試合」として第1試合に行われることになりましたpaper

試合は前日の試合展開とはうって変わり、倉敷工業が試合を優位に進め、前日の駒大苫小牧の勢いは全く影を潜め、結局「2対5」というスコアで、駒大苫小牧は倉敷工業に破れ、初戦敗退を喫したのですsad

この2日間のことは「忘れられない名勝負」として、今も全国の高校野球ファンの中では語り草となっていますが、僕ら道民にとっては本当に雨rainが憎たらしくて仕方のない出来事でしたbearing

駒大苫小牧が敗退した再試合には、当時2年生だった鈴木君(翌年の決勝戦の胴上げ投手)が終盤にマウンドに立ち、素晴らしいピッチングbaseballをしたことを僕は憶えていますし、代打で佐々木君(翌年の初優勝で深紅の大優勝旗を手にした主将)も登場したことを憶えていますconfident

「運に見放された・・・」とも取れるこの大会での駒大苫小牧の敗戦ですが、実はこの試合での敗戦こそが、その後の駒大苫小牧という高校野球史に残るチームの誕生に大きく繋がっていたということを、この時点では誰にも分かりませんでしたconfident

ちなみにこの日の敗戦以降、3年後の2006年の決勝戦で早稲田実業に敗れるまで、駒大苫小牧は夏の甲子園で「14連勝」を達成しましたshine

この第85回大会を制したのは茨城県代表の常総学院で、茨城県勢としては1984年の取手二高以来、実に19年ぶり2度目の優勝でしたcrown

その19年前に取手二高を優勝に導いたのが、常総学院で今大会監督を務めていた名将木内監督です。そして木内監督はこの大会を最後に勇退が決まっており(後に復帰)、実にドラマチックな決着となりましたnote

この時、決勝で常総学院に敗れた東北高校のエースが、現在の日本プロ野球最高峰の投手ダルビッシュ有君でしたconfident

2003年夏、駒大苫小牧にとっては悪夢のような夏でしたが、この「挫折」が「栄光」へとつながる序曲でもあったのですshine。全ては既に始まっていたのですgood

この栄光へと繋がる物語の続きは、次回へのお楽しみにとっておくことにしましょうhappy01

さあいかがでしたか、高校野球史にその名を残した駒大苫小牧の栄光を振り返るシリーズ企画「栄冠は君に輝く」の第one回、皆さんの記憶に少しだけ“あの夏”の思い出が甦ってきましたか?

それではまた次回の「栄冠は君に輝く」でお会いしましょうpaper

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 喜作(きさく)さん→黒武者(くろむしゃ)さん、お茶の名前になりそうなお名前ですが、「黒武者さん」は全国には150名程いるそうです。

|

« 願いが叶いました! | トップページ | 不法侵入~招かざるもの~ »

コメント

猫さんお久しぶりですsign03実は僕の地元の高校のエースは僕の弟なんですよgood見事全道大会出場を果たしましたsign03ぜひ猫さんにも応援していただきたいですsign03

投稿: 元氷屋 | 2011年7月14日 (木) 21時08分

元氷屋さん
本当ですか!!!
僕はもちろん高校野球マニアですから、元氷屋さんの地元の高校のエースの名前が、元氷屋さんと同じ名字だということは知っていましたgood
でもまさか身内だとは思いませんでした!しかも弟だとは!!
かなり今、ビックリしていますhappy02

もちろん甲子園baseballに行けるように応援しますよ!
もしも甲子園出場となれば、元氷屋さんも応援に行きますよね?僕も一緒にいきたいな~
今年の北北海道大会は混戦ですから、もしかすると、もしかしますよ!
僕の母も、元氷屋さんの地元の高校の卒業生ですから応援していますよwink
とにかく、弟さんの高校生活最後の夏、少しでも長くグランドに立てるように祈っています。

投稿: 猫男爵 | 2011年7月14日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/40802049

この記事へのトラックバック一覧です: 栄冠は君に輝く~1回表~:

« 願いが叶いました! | トップページ | 不法侵入~招かざるもの~ »