« 休日の楽しみ♪ | トップページ | ベースボール・マニア~星に願いを込めて~ »

2011年7月27日 (水)

W杯への道~シュート13~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

サッカーファンsoccerの皆さんご無沙汰していましたhappy01。先日、アルゼンチンで開催されていた南米選手権、通称「コパ・アメリカ」が幕を閉じましたsoccer

優勝したのは、ブラジルでもアルゼンチンでもなく、2010年南アフリカsoccerW杯でMVPを獲得したフォルランを中心に圧倒的な攻撃力を見せ付けたウルグアイでしたshine

僕的にはアルゼンチンが準々決勝で早々と姿を消したdownことが残念でなりませんが、チーム力からいうと今南米で一番強いのはウルグアイなのかもしれませんねpaper。いくら、メッシのような個々の優れた技術があっても、それが戦術やチーム力に反映されなければ、結果はついてこないということを、今回の「コパ・アメリカ」で教わったような気がしますconfident

ブラジルもちょうど世代交代の時期で、手探りな面もありましたしが、世界のサッカーsoccerは確実にその差が縮まっているということがよく分かった大会でもりありましたconfident

そんなことで、今日はあの名物コーナーをお送りしますshine。世界各国のサッカー代表チームにスポットをあて、その国の歴史を振り返りながら、僕が幼少の頃から今までに見てきた選手の中で「ベスト11」を選び、そして発表するという題して「W杯への道」の第13弾を今日はお送りしますsoccer

今日ご紹介する国は、母国「日本」以外で僕が一番好きな代表チームですsign03気になるその国とはconfident

W杯への道〜シュート13〜

南米大陸の南部に位置する「アルゼンチン」ですsign03ブラジルと並び、南米のサッカー大国として君臨するこの国は、スーパースターの宝庫ですshine

先程もお話した「コパ・アメリカ」では、ブラジル同様にまさかの準々決勝敗退という結果に終わり、正直僕もガックリと肩を落としているdownところですが、「実力」そして「人気」からいえば、イングランドやイタリアなどのヨーロッパのサッカー大国を凌ぐ力を持っている国ですshine

ユニホームは上が「空色」と「白色」の縦縞で下は「黒色」です。このユニホームには、マラドーナを始め、今まで何人ものスーパースターが袖を通してきましたshine現在の代表チームでは、何といっても世界最高のスーパースターリオネル・メッシがこのユニホームの「10番」を背負っていますsoccer

アルゼンチンのユニホームの背番号については、以前まではちょっと変わった「伝統」という「風習」があり、1990年代初めまでは名前のアルファベット順に背番号を割り当てるという珍しい伝統がありましたpaper。ですから、フィールフドプレーヤーであっても、本来はGKがつける背番号「1」を付けていることもありましたconfident

アルゼンチンの強みは、どの年代においても確実に上位に食い込む力を持つその安定感ですgood。中でも「若い世代」に才能を持った選手を輩出することに優れており、五輪世代の年齢に該当する年齢でも、A代表で活躍する選手が多いのが特徴ですshine

W杯には過去15回出場しており、1978年と1986年の2度優勝に輝いていますcrown。その他にも「五輪」や「コンフェデレーションズ杯」でも優勝経験があり、「19」の国際タイトルを獲得していますcrown

最近のW杯ではいつも素晴らしいタレント集団を揃えて、毎回「優勝候補」に挙げられながらも決して良いといえる結果は残せていませんbearing。マラドーナが全盛期だった1986年のメキシコ大会では優勝し、次の1990年イタリア大会でも準優勝に輝きましたが、それ以降の5度のW杯では「ベスト8」が最高の成績なのですから、ファンにとっては少し寂しいとろですdespair

事実、僕もW杯soccerのたびに毎回、『今度こそアルゼンチンが優勝だ!』と意気込んで観戦しているのですが、どうしても満足の行く結果にはたどり着けていません・・・

そんな現在のアルゼンチンのFIFAランキングは10位ですsoccer。前回の発表までは5位をキープしていたのですが、一気に5位も順位を落としてしまいましたdown

さあsign03それではいってみますかsign03スター選手の宝庫でもあるアルゼンチンの「ベスト11」の発表をhappy02

正直今回は本当に頭を悩ませましたbearing。今までの中でも一番時間がかかりましたclock。外したくないけど外さなければないらない選手がたくさんいて、正直発表する今でも悩んでいるほどですcoldsweats01

でもここは思い切って僕の選択した「11人」を発表する事にしますねpaper

いつも同様に※は既に引退した選手、( )内は現在所属しているクラブチーム名、引退した選手は最後に所属したクラブチーム名ですpaper

それでは僕の大好きなアルゼンチン代表の「ベスト11」ですshine

GK ※プンピード(ウニオン・デ・サンタフェ)53歳

DF ※ルジェリ(CAラヌース)49歳

   ※アジャラ(ラシン・クラブ)38歳

     サネッティ(インテル)37歳

MF ※マラドーナ(ボカ・ジュニアーズ)50歳

   ※シメオネ(ラシン・クラブ)41歳

     リケルメ(ボカ・ジュニアーズ)33歳

FW ※バティストゥータ(アル・アラビ)42歳

   ※レドンド(ACミラン)42歳

     クレスポ(パルマ)36歳

     メッシ(FCバルセロナ)24歳

システムは3-3-4、主将はマラドーナですpaper

超攻撃的なチームになりましたup。DF陣は「3バック」ですが、シメオネリケルメをダブルボランチに置き、トップ下の位置にマラドーナ、そして前線はまさかの「4トップ」ですsign03破壊力のバティストゥータ、テクニックのレドンド、高さのクレスポ、そしてスピードのメッシと、4人の違うタイプのFWがいることで攻撃のバリエーションも豊富ですnote

こんな豪華なメンバーが揃ったら“敵なし”だろうな~happy02。このチームが試合をする光景を観てみたいですhappy01

そしてこの11人の先発メンバーから漏れた選手にも、僕的には先発に入れたかった選手が山のようにいますfuji。現役の選手でいえばテベスアイマールアグエロイグアインマキシ・ロドリゲスマスケラーノベロンオルテガなどなど、引退した選手の中でもセンシーニブルチャガカニーヒアなどconfident

いずれにしても僕の中ではアルゼンチンは最強ですscissors

さあ、今回の「W杯への道」はいかがでしたか?また次回の「W杯への道」でお会いしましょうpaper

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 千野(ちの)さん→野火(のび)さん、『ドラえもん』に登場する「のび太」の名字は、漢字で書くと「野比」ですが、同じお名前の「野火」さんは全国に10名程いるそうです。

|

« 休日の楽しみ♪ | トップページ | ベースボール・マニア~星に願いを込めて~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/40800859

この記事へのトラックバック一覧です: W杯への道~シュート13~:

« 休日の楽しみ♪ | トップページ | ベースボール・マニア~星に願いを込めて~ »