« 「天ぷら」に一歩前進! | トップページ | ショートカット♪ »

2011年6月30日 (木)

あの“衝撃”から21年!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

6月も今日で終わり、明日からは7月がスタートしますnote。いよいよ僕の大好きな「真夏」に突入ですhappy02

昨日の夜nightも非常に寝苦しい夜でしたが、この寝苦しい夜が僕はたまらなく好きなんですcoldsweats01。今日もまたその寝苦しい夜になるのかな?smile

さて皆さんご存知の通り、既に地上アナログ放送終了tvまで残り1ヶ月を切り、巷では「地デジ」への移行が全国的に進んでいます。我が家houseでは僕が5~6年前に買った、地デジ対応テレビをずっと使っていましたが、画面に“しみ”が出てきてしまい、もう保障期間も過ぎているので『せっかくだからこの機会に!』と、新しいテレビtvを購入しましたshine

地デジ移行直前とあって、価格も非常にリーズナブルでしたyen。5~6年前に僕が買った時と比べると雲泥の差ですcoldsweats01。僕もAゆも2人とも気に入ったテレビを手に入れることができたので良かったですscissors

家電芸人のチュート徳井ではないですが、『買いたい時が、買い替え時sign03です(笑)

さて「残り1ヶ月を切った」と言えば、ある音楽ユニットの限定ライブkaraokeまで今日でちょうど残り1ヶ月を切りましたsign03

2011年7月30日、「東京ドーム」で行われるライブ、その主役はこの人たちshadowですgood

21年ぶりに蘇る伝説!

そうですsign03「COMPLEX」ですshine

東日本大震災を支援するチャリティーライブとして、「COMPLEX」が21年ぶりに遂に蘇るのですsign03

震災発生後に吉川から布袋にアプローチがあり、朝の公園で話し合い、固い握手を交わし、この夢の期間限定の復活ライブが決まったそうですconfident

布袋寅泰の個性溢れるギターの音色と、吉川晃司の独特の胸に響く歌声は、まさに「個性と個性の合体」、史上最強のユニットだと僕は思っていますhappy02

というのも、彼らが電撃的にユニットを結成したのは僕が中学3年生の時で、僕は当時彼らの奏でる音楽noteに夢中になった1人だからですpaper

当時の中高生をはじめとする若者達に、絶大な人気を誇示していた「BOФWY」のギタリスト布袋寅泰と、1980年代をアイドルロックシンガーとして駆け抜けた吉川晃司という、夢のような大型ユニットの結成に、本当に僕は胸の高鳴りを抑えることができませんでしたup

彼らが出した最初の楽曲、『BE MY BABY』を初めて聞いたear時の衝撃はいまだに忘れられませんsign03「体の中に衝撃thunderが走る」とはこういうことを言うんだな~と感じたことを今でもよく憶えていますconfident

あの“衝撃”から21年の歳月が経ちましたが、僕にはまだ昨日のように思えて仕方ありませんconfident

4月にCOMPLEXの限定復活ライブのニュースを知ってからというもの、僕は中学生当時に聞いていたカセットテープを引っ張り出し、この数ヶ月間、ほぼ毎日、車の中で聞いていますhappy02

21年ぶりに蘇る伝説!

これが1stアルバム『COMPLEX』をダビングしたカセットテープですshine。今どき「カセットテープ」など時代遅れかもしれませんが、どの曲も何度聴いても良い曲ばかりで、何度も何度も聴いていますcoldsweats01

このアルバムの中で1番好きな曲は『Can’t Stop Silence』ですscissors

21年ぶりに蘇る伝説!

こちらは2ndアルバム『ROMANTIC』ですshine。この中では何と言っても『1990』が1番好きですwink

この2枚のオリジナルアルバムを残し、COMPLEXは突然の活動休止(事実上の解散)をしてしまいましたbearing。その理由は「布袋と吉川の関係の悪化ではないか?」とよく言われていますが、音楽を極めた2人だからこそ、お互いの気持ちがぶつかりあったのではないかと思います。

それが事実なのかは定かではありませんが、ただひとつ言えることは「COPMLEX」という史上最強の音楽ユニットは実在し、日本の音楽史に残る素晴らしい楽曲が誕生したという事実がそこにはあったということですbell

結成から活動休止までたった2年余りの期間でしたが、その短い期間がかえって彼らの存在を“伝説”にしたのではないでしょうかpaper。そして活動休止後も、一度も“復活”をしなかったというところも彼ららしいですし、この震災のために立ち上がるところも彼ららしいですconfident

あと1ヶ月後に「21年ぶりに蘇る伝説」、それを見ることのできる方は本当に幸せだと思いますconfident。彼らの最高の音楽とパフォーマンスをできることなら僕も生でみたかったなぁ・・・

「COMPLEX」の2人が掲げるライブのタイトルは「日本一心」ですshine。21年の時を越えて「日本のために心を一つにする」彼らの心意気は本当に心強いですgood

21年前、最後に彼らが立った場所は東京ドーム、そして1ヶ月に彼らが立つ場所も東京ドーム。『夢の続きはそこから始まる』そんな彼らなりのメッセージが、そこにはこめられているのかもしれませんねconfident

震災直後から被災地でボランティア活動を行ってきた吉川は、この再結成について『彼(布袋)がギターを弾き、俺が歌う。ただそれだけのこと。されどそれだけのこと。』とコメントしています。相変わらず、格好良すぎだよ吉川~happy02

一方、布袋は自身のブログpc『今度のCOMPLEXは2人じゃない!我々と心を一つにして、このコンサートに参加してくれる皆さん全員がバンドのメンバーです。どうか、皆さんぜひご協力ください!』と熱いメッセージを送っていますconfident

僕は残念ながらライブには行けませんが、遠くはなれた北海道から東京ドームに向けて、熱い心とパワーだけは送りたいと思っていますconfident日本一心です!

僕の大好きな曲『1990』にこんな歌詞がありますnote

『今、すべての夢に 勇気を込めて

 今、すべてこの愛に かけてみる

 ときめく街に 夜が明ける

 ほどけた 靴紐を結んで

 振り向かずに 歩いていく』

今の日本にとても勇気と力を与えてくれる詩ですよねconfident。まさに「日本一心」です。21年前からCOMPLEXにはその気持ちが宿っていたという証ですpaper

また明日も、僕は車の中で彼らの音楽を聞きますnote。そのメロディーや言葉から多くの勇気とパワーをもらうことでしょうwink

あの“衝撃”から21年、2011年7月30日は伝説のユニットが新たな伝説を作ることでしょうscissors

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 十津川(とつがわ)さん→和久井(わくい)さん、「和久井さん」といえば、僕ら道民にとっては真っ先に連想するのが、STVの「和久井さん」です。昔でいえば「ちょっと和久井の2時ですよ」なんかは懐かしいですよね。そんな「和久井さん」は全国に4400人程いるそうです。

|

« 「天ぷら」に一歩前進! | トップページ | ショートカット♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/39926370

この記事へのトラックバック一覧です: あの“衝撃”から21年!:

« 「天ぷら」に一歩前進! | トップページ | ショートカット♪ »