« 何を埋める? | トップページ | 懐かしき車窓から。 »

2011年6月19日 (日)

W杯への道~シュート11~

こんにちにゃ~sun 北の猫男爵ですcat

今日は暑い一日になりそうですhappy01。午前11時の段階で気温は23℃でしたsunこれからさらにグングンと上昇upして、「夏日」突入はほぼ間違いないでしょうscissors

いよいよ本格的な夏の到来かなdelicious。これで僕のタンクトップsports着用率も一気に加速しそうですup。やっぱり夏はこうじゃなくちゃねhappy02

さて、サッカーファンsoccerの皆さんしばらくのご無沙汰でしたpaper。今日は世界各国の代表チームにスポットをあてて、その国の歴代スーパースターshadowを集わせ、僕なりのベストメンバーをチョイスするという、恒例のシリーズ企画「W杯の道」第11弾をお送りしますbell

これまで様々な国をご紹介してきましたが、今日はいったいどの国になるのでしょうかsign02

W杯への道〜シュート11〜

今回ご紹介するのは、アフリカ大陸西部に位置するアフリカを代表するサッカー大国「カメルーン」ですgood

「カメルーン」と日本には深い繋がりがあります。2002年の日韓soccerW杯開催の際に、キャンプ地である大分県中津江村への到着busが遅れ、一躍スポットが当たった記憶があります。現在は中津江村は日田市中津江村となりましたが、今でも中津江村の住民はカメルーンを応援するなど親交があるそうですconfident

W杯への道〜シュート11〜

「カメルーン」のユニホームは皆さんご存知の通り、上が「緑色」で下が「赤色」の組み合わせですshine。現在のFIFAランキングは49位ですが、ランキング以上に実力を兼ね揃えたチームであることは確かですscissors

「不屈のライオン」という愛称を持つカメルーンは、2000年のシドニー五輪で金メダルcrownを獲得するなど、若い世代での活躍が際立ちますnote

A代表のメンバーには欧州などで活躍する選手が数多くいるのですが、W杯などの国際舞台では「金銭面でのトラブル」や「監督との対立」などのトラブルが起こることが多く、なかなか思ったような成績を残すことができていませんbearing

W杯には過去に6度出場していますが、最高成績は1990年のイタリア大会soccerベスト8位です。僕はこの時の大会をよく憶えていますが、アフリカを代表する英雄ロジェ・ミラの活躍が非常に印象的でしたshine。これがアフリカ勢としては初のベスト8進出でした。

「カメルーン旋風」と呼ばれたこの活躍が、この後のアフリカサッカー界の躍進へと繋がったことは間違いありませんsign03

「カメルーン」といえば、忘れてはいけないのがパトリック・エムボマですshadow。1997年にG大阪に入団し「浪花の黒豹」と呼ばれた彼の活躍ぶりは、Jリーグファンならずとも、日本中に鮮烈な印象を残しましたshine

「テクニック」と「豪快さ」を持ち合わせた彼のプレーは本当に魅力的でしたshine。G大阪時代のリフティングスーパーボレーシュートは今でも忘れられませんsign03

1997年にJリーグ得点王crownを獲得し、その後は欧州のチームでもプレーしましたが、再び日本に戻り、東京ヴェルディとヴィッセル神戸でプレーした彼は“親日家”としても有名ですpaper

「カメルーン代表」VS「日本代表」といえば、皆さんの記憶にもまだ新しい2010年南アフリカW杯soccerでの対戦です。ちょうど1年前の今頃のことでしたが、日本代表の本田にゴールを割られ、「0対1」で敗戦したあの試合が思い出されますconfident。結局、カメルーンはこの大会でも、本来の力を発揮できないまま大会を去ることとなりましたdown

それでは、そんな「カメルーン代表」のベストメンバーを僕なりに選んでみましたので発表させていただきますpaper

今回もいつも同様に、※は既に現役を引退した選手で、( )内は現在所属しているクラブチーム、引退した選手は最後に所属したチームとなっています。

それでは早速、ベスト11の発表ですscissors

GK ※ヌコノ(クラブ・ボリバル)55歳

DF ※タタウ(鳥栖フューチャーズ)48歳

     リゴベール・ソング(トラブゾンスポル)34歳

     ウォメ(1.FCケルン)32歳

     アレクサンドル・ソング(アーセナル)23歳

MF   ジェレミ(AEL1964)32歳

     エマナ(レアル・ベティス)29歳

     エムビア(オリンピック・マルセイユ)25歳

FW ※ミラ(サンピエロワーゼ)59歳

   ※エムボマ(ヴィッセル神戸)40歳

     エトオ(インテル)30歳

システムは4-3-3で、主将はリゴベール・ソングですpaper

どうですかこの豪華なFW陣sign03アフリカを代表する新旧スパースターFWの競演ですshine。この3トップは欧州や南米の強豪国と比較しても脅威ですねhappy02

守備陣には「叔父」と「甥」の関係のソングファミリーがコンビを組み、息はぴったりのはずですgood

さあいかがでしたか、今回の「W杯の道」はconfident。楽しんでいただけましたか?次回の「W杯の道」は果たしてどの国にスポットが当たるのか、どうぞお楽しみにwink

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 蛇穴(じゃあな)さん→中臣(なかとみ)さん、おそらく「中臣鎌足」の血を受け継ぐお名前だと思いますが、全国には「中臣さん」は540名程いるそうです。

|

« 何を埋める? | トップページ | 懐かしき車窓から。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/40237740

この記事へのトラックバック一覧です: W杯への道~シュート11~:

« 何を埋める? | トップページ | 懐かしき車窓から。 »