« Aゆダンス。 | トップページ | 久しぶりの仲間達! »

2011年5月15日 (日)

国立が光り輝いた夜。

こんにちにゃ~sun 北の猫男爵ですcat

今日は晴天に恵まれた一日ですsun。この「青空」と満開の「桜」cherryblossomのもとで「お花見」を楽しむ人の姿を見かけましたbeer。確かに今日は、絶好のお花見日和ですねhappy01

さて、今から18年前の今日1993年5月15日、この日に歴史的な出来事があったことを皆さんは憶えていらっしゃるでしょうか?

日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕したのが、何を隠そう18年前の今日なんですshine

当時僕は、大学1年生の18歳でした。「Jリーグ」の開幕を心待ちにしていたその18歳の胸の高鳴りはup、もの凄いものだったことを今でもしっかりと記憶していますconfident

1980年代後半から進められてきた「Jリーグ発足」が、遂に現実のものとなったこの日、僕は夜に行われる開幕戦「ヴェルディ川崎VS横浜マリノス」の試合をテレビ観戦tvするために、数日前から心の準備を整えていましたpaper

この頃の日本サッカー界は、「Jリーグ」の前身である実業団チームによる「日本サッカーリーグ」(JSL)が行われており、その中心的な存在がヴェルディ川崎の前身である「読売クラブ」、そして横浜マリノスの前身である「日産自動車」という2チームでしたsoccer

日本代表選手を多く抱えるこの2チームによるゲームは、まさに「Jリーグ」の開幕戦にふさわしい対決といっても過言ではありませんでしたscissors

この2チームの他に、「ジェフユナイテッド市原」、「鹿島アントラーズ」、「浦和レッドダイヤモンズ」、「横浜フリューゲルス」、「清水エスパルス」、「名古屋グランパスエイト」、「ガンバ大阪」、「サンフレッチェ広島」を加えた計10チームにより、「Jリーグ」は開幕を迎えたのですshine

いよいよ夜nightになり、僕はその歴史的瞬間を目に焼き付けようeyeと、テレビの前に陣取りました。

そんな中「開幕セレモニー」が始まりましたsoccer。「Jリーグ」発足に向けて尽力を注いだ川渕チェアマンの「開会宣言」、そしてTUBEの前田亘輝さんの「国歌斉唱karaoke」が行われ、国立競技場は過去に例のないような熱気に包まれ、期待と夢で溢れた観衆の興奮は最高潮に高まってきましたup

観衆はフェイスペインティングをしたり、手首にミサンガをつけてチアホーンを鳴らしたりと、思い思いにその歴史的瞬間が訪れるのを待ちわびていました。

そしていよいよ、カメラのフラッシュshineshineで光り輝く国立競技場のピッチに選手が入場してきましたsign03

国立が光り輝いた夜。

真っ先に僕の目に飛び込んできたのは、僕の憧れのスーパースター三浦知良選手ですsign03。当時26歳だったカズは、推しも推されぬ日本代表の「エース」であり、無論Jリーグのトップスター選手です。国民は当然、彼のプレーや言動に一喜一憂していました。

そんなカズが登場した瞬間、僕は衝撃を受けましたsign03

『カズの髪型が違う!パーマかけてる!これは・・・??』

今までの雰囲気とはちょっと違うカズのその容姿に一瞬とまどいを感じましたが、すぐに僕は我にかえり、カズをそして大好きなヴェルディ川崎を応援しましたup

国立が光り輝いた夜。

1993年5月15日午後7時30分、国立競技場でキックオフのホイッスルが鳴り響きましたsign03歴史的な開幕の瞬間ですsign03

国立競技場は、ヴェルディのと、マリノスのトリコロールの旗で包まれ、おびただしい程のフラッシュの光りが輝いていましたshineshine

当時の日本サッカー史上最多の観衆が見守る中、選手はこの瞬間を待ちわびたかのように、ピッチを縦横無尽に走り回りますsoccer。そのひとつひとつのプレーに歓声があがり、国立競技場全体がその熱気で高揚していくのが、テレビを見ている僕にも凄く伝わりましたhappy02

そんな中で行われたゲームは実に中身の濃いゲームで見ていても非常に楽しかったですbell

ヴェルディにはカズの他にも、ラモス、北沢、柱谷、武田、加藤久、都並、ペレイラというそうそうたるメンバーが名を連ねていました。一方のマリノスの方も、木村和司、水沼、松永、井原、野田、勝矢、ディアス、ビスコンティなど、こちらも素晴らしいメンバーでしたsoccer

そして、歴史的なゴールsoccerとなるJリーグ1号のゴールを決めたのは、ヴェルディ川崎のマイヤーでしたshine。今でもこの瞬間を僕は鮮明に憶えています。テレビの前でガッツポーズを繰り返した思い出がありますhappy01

その後、マリノスが同点soccerに追いつき、さらには逆転ゴールsoccerを決め、結局「2対1」というスコアで記念すべきJリーグの開幕戦は横浜マリノスが勝利をおさめましたpaper

応援していたヴェルディが負けたとはいえ、僕は充実感でいっぱいでしたconfident

『Jリーグって楽しい!こんな素晴らしいサッカーの試合がこれからはいつも観れるんだ!』そんな嬉しい気持ちでいっぱいでしたhappy02

その後「Jリーグ」は社会現象にもなり、しばらくは日本中が「Jリーグ」一色に染まったことは皆さんの記憶にもあると思います。

今年「Jリーグ」は18年目の開幕を迎えましたsoccer。今ではあの時のような熱気は若干影を潜めてはいますが、「Jリーグ」は地域密着型のスポーツとして立派に成長を遂げていますgood

選手とサポーターが一緒になり手を取り合い、チームをそして地域を盛り上げていくgoodそれはスポーツにとってはとても重要で大切なことであり、スポーツ本来の持つ意味でもあると思いますconfident

1993年当時にプレーしていた選手で今も現役で活躍する選手は、カズを含めて数えるくらいしかいなくなりました。それとは逆に、その頃のスター選手の活躍に憧れてサッカーを始めた子供たちが今の「Jリーグ」を支える多くの選手たちですconfident

それだけ年月が経過したということですが、「Jリーグ」というスポーツ文化にも歴史が刻まれてきたという証拠なんだと改めて思わされますconfident

発足当時は10チームだったJリーグ加盟クラブも、今では日本国内の28都道府県に本拠地を置く、J1(18チーム)J2(20チーム)の38のクラブが加盟していますpaper

国立が光り輝いた夜。

この写真のサッカーボールsoccerは、あの「国立が光り輝いた夜」に使用された公式試合球ですsoccer。このボールは今、Jリーグ事務局のチェアマン室のガラスケースの中で大切に保存されているそうです。

この輝かしい歴史をいつまでも忘れずに、僕らの次の世代、そのまた次の世代へと、しっかりと伝承していき、「Jリーグ」という素晴らしいスポーツ文化を存続していって欲しいと僕は願っていますconfident

今日は今から18年前の僕の胸の高鳴りupを思い出しながら、あの日の出来事を振り返らさせていただきましたhappy01

「Jリーグは今日ここに大きな夢の実現に向かって、その第一歩を踏み出します!」18年前に発した川渕チェアマンの開会宣言が今も僕の耳にこだましていますconfident

猫男爵18歳、キング・カズ26歳の、歴史的な一日の出来事でしたconfident

それでは今日はこのへんで。がんばろう日本!

<今日の名字しりとり> 煙草屋(たばこや)さん→柳本(やなぎもと)さん、今日はサッカーのお話でしたので、僕の好きなサイドバックの選手で「柳本」という選手がいましたので「柳本さん」にしました。全国に「柳本さん」は1万1000人程いるそうです。

|

« Aゆダンス。 | トップページ | 久しぶりの仲間達! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/39985421

この記事へのトラックバック一覧です: 国立が光り輝いた夜。:

« Aゆダンス。 | トップページ | 久しぶりの仲間達! »