« 5皿限定! | トップページ | 小さな逆襲! »

2011年5月21日 (土)

W杯への道~シュート10~

こんにちにゃ~cloud 北の猫男爵ですcat

今日は昨日までの天気とはうって変わり、あまり優れないお天気ですねbearing。こういう日は気持ちまで何かすっきりしないものですが、今日も一日元気出していきましょうhappy01

そんな今日はサッカーファンの方にとっては、お待ちかねの恒例企画「W杯への道」第10回をお送りしますsoccer

今回で既に10ヶ国目に突入したこの企画ですが、過去にご紹介した「イタリア」や「オランダ」、前回の「イングランド」に続いて、今回も欧州をそして世界を代表するサッカー大国をご紹介しますpaper

その気になる欧州の国とはsign02

W杯への道〜シュート10<br />
 〜

欧州大陸のほぼ中央に位置する国「ドイツ」ですsoccer

ドイツ代表はご存知の通り、1990年のドイツ統一以前は「西ドイツ」と「東ドイツ」に分かれていましたが、サッカーにおいては「西ドイツ」がその強さを誇示しており、ほとんどの国際舞台では「西ドイツ」が活躍していましたshine

今回ご紹介する「ドイツ代表」の選手や歴史も旧西ドイツの選手が主であることをまずはご了承くださいpaper

W杯への道〜シュート10<br />
 〜

「ドイツ代表」のユニホームは「白」と「黒」を基調としたもので、ドイツ国旗の色は特にチームカラーとはしていません。現在のFIFAランキングは4位ですsoccer

W杯には17回出場して3度の優勝と、準優勝も4度経験しており、欧州選手権でも10回出場してこちらも3度優勝していますcrown

「ドイツ代表」の凄さは、その“安定した強さ”というものにあります。それを証明するのがW杯での成績ですsoccer。W杯における「ベスト8以上進出」は2010年南アフリカ大会で15大会連続という記録を達成しましたshine

この記録がいかに凄いかと申しますと、ドイツに次ぐ2番目の「連続ベスト8以上」は「ブラジル」などの5大会連続です。この数字でも分かるように、ドイツの安定感は群を抜いているのですup

僕が子供の頃の「ドイツ代表」といえば、印象的なのが1986年メキシコ大会と1990年イタリア大会の代表チームですsoccer。いずれも「西ドイツ代表」ではありましたが、どちらの大会も僕の好きなマラドーナ率いる「アルゼンチン代表」と決勝戦を戦いましたsoccer

その「西ドイツ代表」の中心的な存在だったのが、ルンメニゲマテウスフェラーというスター選手たちでしたshine

ドイツのサッカー選手とえいば、1970年代に活躍した「皇帝」ベッケンバウアーや、「爆撃機」ゲルトミュラーの名前が挙がると思いますが、僕は彼らをリアルタイムtvで見たことがないので、今回のベストレイブンにも選出していませんが、本当のドイツファンにとっては絶対に欠かすことのできないビックネームですよねconfident

「ドイツ代表」のサッカーの代名詞としてよく「ゲルマン魂」という言葉が使われますが、最後まで絶対に諦めずにピッチを走り、そしてボールを追いかける、ドイツの選手のその泥臭いプレーは、まさにその言葉がぴったりだと思いますpaper。その「ゲルマン魂」が伝統として引き継がれていることが、安定した結果を残す要因なのかもしれませんねgood

1990年代後半から2000年代は世代交代がなかなかうまくいかず、苦戦するドイツ代表の姿がありましたが、現在はメルテザッカーシュヴァインシュタイガーエジルトーマス・ミュラーラームなどの若手が代表に名を連ね、非常に若いチームに生まれ変わりましたsoccer

僕的には大好きなアルゼンチン代表が、2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会と、続けて準々決勝でこのドイツ代表に敗れているので、非常に悔しい思いをしているところですbearing

それでは今日も、僕が選ぶベストイレブンの発表していきたいと思いますpaper

今回もいつも同様に、※は既に引退した選手、( )内は現在所属しているクラブチーム名で、引退した選手は最後に所属したクラブチーム名です。

それでは、僕が選ぶ「ドイツ代表ベストイレブン」ですsign03

GK ※カーン(バイエルン・ミュンヘン)41歳

DF ※ブリーゲル(サンプドリア)55歳

   ※ブレーメ(1.FCカイザー)50歳

   ※コーラー(ドルトムント)45歳

MF ※フェラー(バイヤー・レバークーゼン)51歳

   ※マテウス(メトロスターズ)50歳

   ※ヘスラー(ザルツブルグ)44歳

     バラック(バイヤー・レバークーゼン)34歳

     シュヴァインシュタイガー(バイエルン・ミュンヘン)26歳

FW ※ルンメニゲ(セルヴェットFC)55歳

   ※クリンスマン(トッテナム)46歳

以上が僕が選んだベストイレブンです。システムは3-5-2、主将はマテウスですpaper

さあ、いかがでしたか今回の「W杯への道」はconfident。次回は果たしてどの国になるのか、乞うご期待!

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 享保(きょうほ)さん→保志(ほし)さん、元横綱北勝海の本名がこの「保志」さんでした。全国に「保志さん」は770名程いるそうです。

|

« 5皿限定! | トップページ | 小さな逆襲! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/39839984

この記事へのトラックバック一覧です: W杯への道~シュート10~:

« 5皿限定! | トップページ | 小さな逆襲! »