« 何かしらのエステ? | トップページ | 追い続けた夢~前編~ »

2011年4月23日 (土)

アクロバティックな技!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は朝からずっーと雨の一日でした。雨の日は外が暗いせいか、何となく気分がのりませんよね。今晩から明朝にかけては、かなりの雨量になりそうなので、夜間の車の運転などには十分に注意してくださいね

さて、今月発表された「FIFAランキング」で日本が何と13位になりました。これは2005年にランキングの基準が改正された時以来、6年ぶりのことです。この勢いで10位以内を目指して欲しいですね

サッカーの話題になりましたが、僕が子供の頃見ていた大好きなアニメに「キャプテン翼」というアニメがあります。サッカー少年団に入り、サッカーをしていた僕にとってこの「キャプテン翼」は、絶対に欠かすことのできないアニメの1つでした

初めて「週間少年ジャンプ」で見てからすっかり虜になり、その後は単行本を買い、テレビで放送されると毎週欠かさず見ていました

「キャプテン翼」の魅力の1つは、現実では到底不可能なアクロバティックな技の数々にあります

翼くんの「オーバーヘッドキック」は上空5mぐらいの高さから蹴られていますし、若島津のゴールポストを利用して行う「三角跳び」は、何度も実際に試してみましたが無理でした

そして、立花兄弟による「スカイラブハリケーン」これはサッカー少年団の中でも話題になり、『あの技、やってみたくない?』と、みんなで真似をして挑戦してみましたが、結果的には成功するどころかケガ人が出たりして、練習中はもちろんのこと、休み時間の遊びの時間でさえも、学校全体で「スカイラブハリケーン禁止令」が出てしまいました

それほど危険な技でしたが、小学生にとってはそれを実現することが夢だったんだと、今になってそう思います

そんな数多くある「キャプテン翼」のアクロバティックな技の中で、1つだけ現実の世界で成功してる技が実はあります

それは翼くんのチームメイトの巨漢DF高杉くんがする「ネオローリングスロー」という技です。どんな技かと申しますと、スローイングの際に両手でボールを持ったまま、前方倒立回転跳びをしながらボールを投げるという技です

これは現実の世界では「ハンドスプリングスロー」と呼ばれ、僕が中学生ぐらいの頃、テレビで実際にこれをする選手を見た事があります

確か僕が見たのは高校生だったと思いますが、見事に成功していましたし、かなり遠くまでボールが届くので、ゴール付近での「ロングスロー」の代わりに使われていました

その頃僕は中学生でしたが、幼なじみで運動神経抜群のサッカー部のMさるが、その「ハンドスプリングスロー」に挑戦するということで、野球部の練習を一時中断して、サッカー部のグランドに行き、それを見届けた思い出があります

その時、Mさるは何度か失敗したあとに見事に成功しました。超格好良かったですが、試合で実際にそれを使ったら、審判から注意されたそうです

当時は一時かなりのブームになり、結構流行していた記憶がありますが、今ではほとんど見ることがなくなりました。スローイングとしての正確性が欠けることや、それよりも何よりもルール上で「ファールスロー」として扱われることになり、誰もする人がいなくなりました

先日、この「ハンドスプリングスロー」の事を思い出して凄く気になったので、インターネットで検索して色々な動画を見ましたが、前転に失敗して転倒する人や、目の前にいる相手選手の顔面にボールが直撃するなど、正確性に欠けるという点はかなりありました

ちなみに僕らはサッカー少年団の時、試合中に立花兄弟の「トライアングルシュート」をしようとゴールポストに登ろうとしたMきが、審判に怒られたという苦い思いでもあります。

小学生にとっては「キャプテン翼」の世界は、夢の世界でもあり、憧れの世界でもありました。ちょっとでもあのアクロバティックな技をできないか、練習の時はいつもそんなことを考えていたような気がします

僕は本当は野球が大好きでしたが、野球少年団が無かったのでサッカー少年団に入っていましたが、そういう意味ではサッカー少年団の5年間で経験した楽しい思い出は、いくつになっても僕の貴重な財産です

今度いつか、同級生のMさるに会った時に、もう1度「ハンドスプリングスロー」をやってもらうことにします。30代半ばのオッサンになったけど、Mさるの運動神経ならまだできるはずです

皆さんの中には「ハンドスプリングスロー」を昔やったことがあるよ!とか、友達でやっていた奴を知っているよ!という方はいらっしゃいますか?もしいらっしゃれば、その時の思い出などを思い出してみるのも楽しいかもしれませんよ

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 菊池(きくち)さん→千尋(ちひろ)さん、一般的には「名字」というよりも「名前」の方で使われていますが、意外にも名字で「千尋」さんという方もいるんですね。もし名前が「千尋」さんという人が、「千尋」さんという名字の人と結婚したら、「千尋千尋」さんになってしまいますね。「千尋さん」は全国に300人程いるそうです。

|

« 何かしらのエステ? | トップページ | 追い続けた夢~前編~ »

コメント

昨日はお疲れ様。
アクロバティックではないけど、プレミアリーグのストークというチームにデラップというロングスローの名手がいるだよ。コイツがいることによってスローインの大半がコーナーキックなみの危険性を持つことになってしまうという厄介な選手。一度動画を見てみて。
http://www.youtube.com/watch?v=1uaaWoTLuxw

投稿: Fい | 2011年4月23日 (土) 21時49分

Fいさん
早速見ましたよ
デラップ、凄い奴ですね
ペナルティーエリア付近のロングスローならわかりますが、それよりも遥かに遠い距離からゴール前まで届くあのロングスローは、敵にしてみれば脅威、味方にすれば強力な武器ですよね
しかも、低く正確な弾道でゴール前まで投げれるのですから、相当な筋力の持ち主なんでしょうね
すごい映像を見させていただきました。ありがとうございます

投稿: 猫男爵 | 2011年4月24日 (日) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクロバティックな技!:

« 何かしらのエステ? | トップページ | 追い続けた夢~前編~ »