« 最強イケメン決定戦~BATTLE3~ | トップページ | 桜色に染まるドラマたち♪ »

2011年4月 4日 (月)

あなた、もしかして・・・国芳?

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

新たな東京のシンボル「東京スカイツリー」の高さが遂に先日、目標の634mに達したupというニュースが報道されていましたtv

僕は北海道に住んでいるので、その姿を生eyeで見ることはできませんが、昨年の1月にと東京旅行airplaneに行った際に、建設中の「東京スカイツリー」を見学してきました。その時、下から見上げた時『本当に高いな~』と実感したことを憶えていますconfident

その「東京スカイツリー」は今年の12月に竣工予定、来年2012年3月に開業を予定していますflair。いつかまた、その天高くそびえる「スカイツリー」を見に行き、今度は実際に中に入って展望台で東京を上から見渡してみたいと思っていますhappy01

国芳よ、どこにおる!

この絵にも、左端の方にちゃんと「スカイツリー」が描かれていますねshine。ちなみに「スカイツリー」の隣にある少し低いのが「東京タワー」であると推測しますpaper。画を描くart方たちにとっても「スカイツリー」という存在は大きいものなんですねwink

といきたいところなんですが、実はこの絵は“ありえない絵”であることを皆さんご存知でしょうかsign02

この絵は「浮世絵」というものなんですが、詳しい方であればすぐに解ると思いますgood。この絵を描いたのは歌川国芳という方shadowで、既にお亡くなりになられています。

それもそのはず、歌川国芳という方は江戸時代末期に活躍した浮世絵師で、1861年にこの世を去っています・・・

だとするならば、おかしいと思いませんか?そうです、皆さんもお気づきになりましたよねsign03

どうして江戸時代の絵にスカイツリーが描かれているの?おまけに東京タワーまでsign03絶対に江戸時代の人にこの2つの建造物の存在が分かるはずがありませんsign03

すいません、余りにも不可思議なことなので、思わず興奮してしまいましたcoldsweats01

ちょっとここは冷静になるために、歌川国芳という人物について色々と調べてみることにしますpaper

歌川国芳は、先程もご紹介したように江戸時代末期(1800年代)に活躍した浮世絵師でしたが、同じ時期に活躍した葛飾北斎や歌川広重に比べると、さほど知名度がある人物ではなかったそうです。

確かに前述の2人の名前は僕も聞いたことがありますが、この歌川国芳という名前は今回初めて知りました。

彼の作品は様々なジャンルに渡っていますが、どれも普通の浮世絵師が描く絵とは違い、異彩を放っているものばかりでしたshine。それゆえに彼は「奇想の絵師」と世間では呼ばれていたそうですpaper

国芳よ、どこにおる!

これは『相馬の古内裏』という作品ですが、実に独創的な作品ですよねart

国芳よ、どこにおる!

これは『人がたまって人になる』という作品で、小さい人間が集まって、1人の人間の顔ができるという奇々怪々な絵になっていますcoldsweats01

しかしこれらの奇想な彼の絵は、幕末の人々には好感を持たれ、彼の作品を喝采する人は数多くいたそうですshine。そのせいか、多くの異色の画家たちが彼のもとに弟子入りをしたそうです。

国芳よ、どこにおる!

この絵は歌川国芳本人の『自画像』だそうです。自画像といっても後姿じゃ分からないっつーの(笑)coldsweats01。まあこれが、彼らしいといえば彼らしいんでしょうね。彼の絵には「遊び」というものが隠れている作品が多く、そこが多くの庶民に受け入れられた理由なのかもしれませんconfident

数多くの絵を描いた歌川国芳ですが、彼が描いた作品の現存数は少ないそうですdown。ですから、博物館などで大切に保管されている彼の作品は非常に貴重なものだそうですpaper

国芳よ、どこにおる!

ここで話を戻しますが、なぜその国芳が描いた絵に「東京タワー」と「スカイツリー」という、当時には実存しないものが描かれているのか?という謎ですbearing

この作品は『東都三ツ股の図』というもので、1831年頃に描かれたものだそうです。今からちょうど180年も前に彼の目eyeには、未来の世界にある2つの巨大な建造物が見えていたということなのでしょうか・・・

この絵に描かれているのは、隅田川に浮かぶシジミ取りの船と、手前には船底をいぶる2人の職人の姿が描かれていますart。専門家によると、絵の左奥は対岸の江戸・深川辺りで、もちろんこの当時にはあれほど高い建造物は存在していないということですthink

当時は「江戸城」より高い建物は建てることも禁止されておりdanger、当然あれほどの建造物が存在するわけがありません・・・

全く謎が謎を呼びますが実はこの他にも、彼が描いた『東都御厩川岸之図』という作品に描かれている傘には、「千八百六十一番」という数字が書かれていたそうですpencil

皆さん何か気づきませんか?「1861」これは・・・国芳がこの世を去った西暦年ですsign03

彼は「自分が死ぬ年」を知っていたのでしょうか?

そして「未来の江戸に2つの大きな塔が建つこと」も知っていたのでしょうか?

ちょっと今、背中がゾクッゾクッしてしまいました・・・shock

僕の頭にはある考えがありますflair。もしかして、国芳は何らかのことで江戸時代から未来へ「タイムスリップ」したのではないか?と・・・

それなら説明がつきますgoodone未来へ「タイムスリップ」した時に「東京タワー」と「スカイツリー」を自分の目で見たことeye。そして、two自分が「1861年に死ぬこと」を何かの本などで知ったこと。

そして彼はまた江戸時代に時空を超えて戻り、未来でみた2つの塔を描きart、そして自分の死ぬ年の西暦を傘に描いた。これが“真実”だとしたら凄いことを今、僕らは発見したということですsign03

そして最後に僕はこう思っています。国芳は死んでいないのではないか・・・

死んだとされる1861年に彼は再び「タイムスリップ」を試み、再び未来へ来たのではないかとflair。彼が消えたことで「国芳は死んだ」ことになってはいますが、実は未来、つまりこの現代で彼は今も生きているのではないかとsign03

だとすれば今、この絵のことが話題になっていることを彼はどこかでこっそり観ているのではないかと思いますconfident

もしかしたら、あなたの周りに江戸時代に活躍した浮世絵師歌川国芳shadowはいるのかもしれませんよ、もしもあなたの周りで、ちょっと変わった独創的な絵を描く人を見つけたら、こう叫んでくださいsign03

『あなた、もしかして・・・国芳?』と・・・

あっsign02ここにも1人、独創的な絵を描く人がいました。それは・・・

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 品川(しながわ)→若米(わかよね)さん、「若い米」と書いて「わかよね」さんと読みます。「わかべい」とか「わかまい」、あるいは「わかまい」などに読み間違えられるかもしれませんね。全国に「若米さん」は36名程いるそうです。

|

« 最強イケメン決定戦~BATTLE3~ | トップページ | 桜色に染まるドラマたち♪ »

コメント

こんばんは。
この『人がたまって人になる』という作品はなんか見たことがある…と思ったら、以前『探偵ナイトスクープ』でこの絵の通りに人体で描いてみる…というのをやっていたような気が!
たしか石田靖さんも全裸で参加されてました(笑)

投稿: きなこ | 2011年4月 5日 (火) 02時21分

きなこさん
こんばんはconfident
その時の『探偵スクープ』見たかったですね~tv
みんな全裸であの作品を完成させようとしていたんですね(笑)
貴重な情報ありがとうございましたhappy01
「You Tube」とかで検索してみますgood

投稿: 猫男爵 | 2011年4月 5日 (火) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/39341595

この記事へのトラックバック一覧です: あなた、もしかして・・・国芳?:

« 最強イケメン決定戦~BATTLE3~ | トップページ | 桜色に染まるドラマたち♪ »