« プチクラス会。 | トップページ | キングの証。 »

2011年3月29日 (火)

ベースボール・マニア~強竜編~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

3月も残りわずかとなり、僕の住んでいる北海道でもすっかり「春」らしくなってきました。この時期、本来なら開幕している僕の大好きなプロ野球ですが、今年は震災の影響で開幕が4月12日に延期になりました

僕らファンにとってもこの措置は当然のことだと思いますし、今もなお被災地で苦しんでいる方のことを思うと、本当に胸がしめつけられる思いです

そんな被災地の方々に、そして日本中に、「勇気」や「希望」を与えるためにも、日本のプロスポーツの中でも特に「野球」というものの存在価値は、非常に大きいものがあると僕は信じています

16年前の阪神・淡路大震災の時、被災地であった神戸に本拠地を置く「オリックス」は、当時在籍していたイチローを中心に見事な活躍を見せ、その年はリーグ優勝を果たしました。その選手達のプレーする姿は多くの国民に「感動」と「勇気」をもたらしました

僕はその時、改めてスポーツの素晴らしさを学びました。奇しくも今回の震災で一番被害が大きい宮城県にも「楽天」というプロ野球球団があります。ぜひ、楽天には被災地の方に少しでも多くの「感動」と「勇気」を与えれるように頑張って欲しいと思います。

そんな今日は月イチ恒例の企画、ある1つのプロ野球球団の歴史を振り返りながら、僕が選んだそのチームのベストナインを発表する「ベースボール・マニア」第3回をお送りしたいと思います

今日お話する、その球団とは

ベースボール・マニア〜強竜編〜

愛知県名古屋市に本拠地をかまえる「中日ドラゴンズ」です

中日は巨人、阪神に次いで、日本で3番目の球団として1936年に誕生しました。ちなみに「ドラゴンズ」という名前のゆらいは、親会社の中部日本新聞社(当時)の社長の干支が「辰」だったからだそうです

僕が幼い頃の「中日」と言えば、個性溢れるスター選手が数多くいて、実は僕はその頃の中日は巨人の次に好きなチームでした

ベースボール・マニア〜強竜編〜

僕が見ていた頃は既に晩年でしたが、そのシュアな打撃が印象的な谷沢健一

ベースボール・マニア〜強竜編〜

SMAPの中居君がよくモノマネをすることで有名な田尾安志僕も子供の頃は彼の打ち方の真似をいつもしていたので、中居君の気持ちが凄く分かります。そんな田尾も広角打法で首位打者争いをする好打者でした

ベースボール・マニア〜強竜編〜

「ミスター珍プレー」こと宇野勝おでこにボールを当てた人と言えば、皆さんもお分かりですよね(笑)彼はあのプレーですっかり有名になりましたが、プレーの方も実は素晴らしい長距離打者で本塁打王にも輝いたことがあるんですよ

ベースボール・マニア〜強竜編〜

僕の中では中日史上最強助っ人外国人のモッカです。彼のサードでの守備力はピカイチですし、勝負強い打撃力も魅力のひとつでした。

ベースボール・マニア〜強竜編〜

投手陣を引っ張っていたのは、エースの小松辰雄(左)と、ストッパーの牛島和彦(右)の2人です。小松の150kmを超える直球は当時「速球王」と呼ばれ、最多勝や最多奪三振のタイトルを獲得しました。かたや、牛島の投げるフォークボールには、セリーグの強打者も三振の山を築かされました。この2人が1980年代の中日を支えていたことは間違いなしです

この頃の中日の野球は「野武士野球」と言われ、その攻撃的な打線はドラゴンズの名前から「強竜打線」とも称されました

1987年からは大リーグのドジャーズとの提携により、ユニホームをドジャース風に変えました。そして、中日のエースとして長年活躍した星野仙一が監督に就任し、ロッテから3冠王の落合博満をトレードにより獲得し、この頃から一気にチームを変貌していきました

ベースボール・マニア〜強竜編〜

落合のトレードで牛島がロッテに移籍した後に、抑えのエースとして活躍したのが郭源治です。彼はもともとは先発で活躍していましたが、その速球を活かし抑えでも大活躍し、当時のセーブの記録を次々と塗り替えました

ベースボール・マニア〜強竜編〜

王貞治の「1本足打法」を彷彿させる打法が魅力の大豊泰昭は、まさに「大砲」として活躍し見事に本塁打王と打点王を獲得しました

1990年代に入ると、今中山本昌という2人の左腕を中心に投手力のあるチームへと変貌し、1997年に本拠地を「ナゴヤドーム」に移転すると、より投手力と機動力を活かしたチーム作りへとチームカラーを変えていきました。

それは今のチームにも活かされおり、今では中日というチームは「投手王国」というイメージがすっかり根付いています

そんな「中日ドラゴンズ」は、リーグ優勝8回、日本一は2回という成績を残してるチームで、永久欠番は服部受弘(10番)と、西沢道夫(15番)の2人です

それではこの「中日ドラゴンズ」の僕が選ぶベストメンバーを発表します

1番 センター 57 平野  謙

2番 セカンド   3 立浪和義

3番 ライト    2 田尾安志

4番 DH    30 パウエル

5番 レフト     1 福留孝介

6番 サード    4 モッカ

7番 ファースト  4 ゲーリー

8番 ショート    7 宇野 勝

9番 キャッチャー 9 中尾孝義

先 発 20 小松辰雄

中継ぎ 33 郭源治

抑 え 17 牛島和彦

監 督 77 星野仙一

これが僕が選ぶ中日ドラゴンズのベストメンバーです。皆さんのお好きな選手は入っていましたか?非常に懐かしい面々に僕は今ちょっと興奮しています。このメンバーで試合を戦ったら強そうだな~

さあ、今日の「ベースボール・マニア」はいかがでしたか?次回は果たしてどの球団になるのか、次回の「ベースボール・マニア」をどうぞお楽しみに

それでは今日はこのへんで。がんばろう、日本!

<今日の名字しりとり> 前神(まえがみ)さん→三毛(みけ)さん、猫の名前のような名字ですが、全国に三毛さんは290人程いるそうです。

|

« プチクラス会。 | トップページ | キングの証。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベースボール・マニア~強竜編~:

« プチクラス会。 | トップページ | キングの証。 »