« 太らない夜食! | トップページ | 人として・・・ »

2011年2月16日 (水)

夢見る大人でいいじゃない♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は非常に暖かい一日でしたね。十勝地方の気温は平年を大きく上回り、3月下旬並みの気温となりました。この暖かさで道路脇の雪山も少しずつ解け始め、まるで春のような光景でした。明日も気温は上がるようですが、夜は雪の降る予報が出ていますのでご注意を

さて、先日あるテレビ番組で懐かしい顔を発見しましたその人物とは・・・

夢見る大人じゃいられない♪

歌手、相川七瀬です

相川七瀬といえば、1990年代後半~2000年代前半をリードした女性シンガソングライターで、数々のヒット曲を連発しました

僕もその当時はよく彼女の曲を聴いた口でして、大ファンというわけではありませんが、その“ヴィジアル”と“歌声”には何か引きつけられる魅力を感じていました

夢見る大人じゃいられない♪

僕は彼女のCDは1枚だけ持っています。それは『ID』というタイトルの、彼女にとって初めてのベストアルバムです(1999年発売)

デビュー曲『夢見る少女じゃいられない』などのヒット曲がたっぷりと入ったこのCDを、僕は毎日のように聴いていた思い出があります

確かこの曲は『水曜どうでしょう』のルーツとなった番組『モザイクな夜V3』のエンディングテーマ曲で使われていた記憶があります

夢見る大人じゃいられない♪

僕が相川七瀬の事を初めて知ったのは21歳の時です。デビュー曲『夢見る少女じゃいられない』を歌番組で歌っている姿を見たのが最初ですが、デビュー間もない初々しい姿で登場した彼女を見て『これは結構人気出るんじゃないと思ったことを今でもよく憶えています

「ポップなのにロック」という今までにない感じの曲調に、僕はすぐにのめり込みました歳も僕と同じということもあり、同世代として応援したい気持ちもありました

相川七瀬と言えば、「ZARD」「WANDS」「DEEN」「大黒摩季」などに数多くの楽曲を提供して、1990年代の音楽シーンを席巻していた名プロデューサー織田哲郎の名を出さずには語れません

彼女の楽曲のほとんどが織田哲郎によって手掛けられていますが、そこには2人のある運命の出会いがあったのです

その“出会い”は相川が15歳の時に受けたオーディションです。彼女は残念ながら不合格となりましたが、その審査員の1人が織田哲郎だったのです。その2年後、17歳になった彼女は自ら織田に連絡を取り、自分を売り込み、織田の心を射止めて歌手デビューへの道を勝ち取ったのです

その後、ボイストレニーングを積み重ね、20歳になった1995年11月に遂に『夢見る少女じゃいられない』という名曲でデビューを果たし、彼女の夢物語がスタートしたのです

翌年に出した1stアルバム『Red』は270万枚を売り上げる大ヒット紅白出場も果たし、「夢見る少女」は本当に夢見る少女じゃいられなくなったのです

その後も数々のヒット曲を世に送りだした彼女ですが、2001年に結婚し子供も2人授かりました。もちろん音楽の仕事も両立して行い、現在でもライブ活動もしており第一線で活躍しています

以前のようにメディアで取り上げられる機会こそ減りましたが、“少女”から“大人”になった相川七瀬は間違いなく、僕の中では「歌姫」です

皆さんの中にも彼女の歌が好きな人は数多くいると思います。そこで今日は僕の好きな彼女の楽曲BEST10を発表してみたいと思います

夢見る大人じゃいられない♪

第10位 『LIKE A HARD RAIN』

第9位 『Sweet Emotion』

第8位 『彼女と私の事情』

第7位 『鳥になれたら』

第6位 『COSMIC LOVE』

第5位 『こんなに愛しても』

第4位 『夢見る少女じゃいられない』

第3位 『Lovin’you』

第2位 『恋心』

そして輝く第1位は!!『今でも』です!

この曲はシングルカットはされていませんが、4thシングル『BREAK OUT』のカップリング曲で、ファンの中では結構人気のある曲なんですよ。僕もこの曲が大好きで、この歌を聴いていると心がジ~ンときちゃいます

夢見る大人じゃいられない♪

2009年11月には久しぶりに織田哲郎との作品『tAttoo』を発売し、昨年12月にはガールズバンド「Rockstar Steady」としての音楽活動もスタートさせた彼女の夢はまだまだ終わりません

彼女は運命の人である織田哲郎についてこう語っています。

『私を見つけてくれた事に本当に感謝しています。彼は本当に辛かった時期に、たったひとり味方でいてくれた人です。これからも織田さんのために歌い続けていきたい』と・・・

実は今日2月16日は、相川七瀬の36歳の誕生日です

彼女は音楽以外にも、2003年に「カラーセラピスト」の資格を取得しています。しかも、イギリスの団体からカラーセラピストの最高位免許「ティーチャーレベル3」を当時最年少で取得しているのです。きっと彼女の楽曲の裏には、そんな“癒しの世界”の模様も描かれているのかもしれませんね

現在は「アーティスト」、そして「主婦」、「母親」という3つの顔を持つ彼女の活躍から今後も目が離せません

夢見る少女じゃいられなかった彼女も36歳になりました。“夢見る少女”という年齢とはだいぶかけ離れましたが、すっかり大人になった彼女に僕は、今度は逆に『夢見る大人でいいじゃない♪』と声をかけてあげたいです

これからも彼女の夢のある楽曲と歌声を僕は聴いていきたいと思います

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の名字しりとり> 宜名真(ぎなま)さん→満月(まんげつ)さん、「満月さん」という名字まで存在するんですね!ビックリです!満月さんは全国で160人程います。

|

« 太らない夜食! | トップページ | 人として・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢見る大人でいいじゃない♪:

« 太らない夜食! | トップページ | 人として・・・ »