« 雪まみれ。 | トップページ | ガリガリガリクソン? »

2011年2月11日 (金)

「ピン」の中の「ピン」!

こんにちにゃ~ 北の猫男爵です

昨年末に行われた最後の「M-1ぐらんぷり」から1ヶ月半、夢のような笑いの祭典が幕を閉じてはしまいましたが、その「M-1ぐらんぷり」と並ぶ芸人の腕を試す場、「R-1ぐらんぷり2011」の決勝戦が今日の夜に開催されます

「M-1」がコンビで漫才NO・1を競う大会であれば、この「R-1」はいわゆるピン芸人NO・1を決める大会です

コンビであればお互いに協力し合いフォローなどもできますが、ピンで人を笑わせるということは、全てが自分の力に頼るものしかありません。もちろん誰も助けてくれませんし、ウケるもウケないも、その全ての評価は自己責任というわけです

そんな非常にハードルの高い「R-1ぐらんぷり」も今回で9回目の開催となり、今年は過去最高の3572人が予選に挑みました

昨年末にスタートした厳しい予選をかいくぐり、決勝の舞台にあがることのできるのはたった8名というわけですから、残った8名は非常にハイレベルなピン芸人といえるでしょう

ちなみに過去8回の優勝者をご紹介しておきますと、第1回だいたひかる、第2回浅越ゴエ、第3回ほっしゃん。、第4回博多華丸、第5回・第6回なだぎ武、第7回中山功太、第8回あべこうじと、いずれも“ピン”として大活躍する芸人ばかりです

ただ、この「R-1」に関しては普段の実力が実績に比例しないのが特徴でもあります。おそらく普段の力で言えば過去に優勝していてもおかしくない、バカリズム友近などは一度もその栄冠を手にすることができず、今年の大会には予選にすらも参加しませんでした・・・それだけこの「R-1」という山は厳しく高い壁だという証でもあります

そして今回から大会のシステムが変わったことも、優勝への道をさらに険しくしています。というのも、今までは決勝で1ネタを披露する1発勝負(第8回だけは「M-1」と同様に上位3名だけがファイナルを行う)でしたが、今回から「1対1」のトーナメントによる勝ち抜き方法に変わったからです

少なくとも優勝するには3つのネタを披露しなかればならないという、ネタに幅を持つことが重要となったわけです。ただし、同じネタを何度も使用することも可能というルールにもなっており、自信のあるネタであれば同じネタで再度勝負もできるというわけです

ただ、それは芸人として果たしてどうなのか・・・ファンとしてはやっぱり色々なネタを見たいわけですから、まあそのルールを使ってくる人はまずはいないと思いますが

いずれにしてもあと数時間後に迫った、ピン芸人NO・1決定戦が待ち遠しいです

ピンの中のピン!

残念ながら僕の応援する小島よしおは予選で敗退してしまいました。また来年頑張ってね!

ピンの中のピン!

今、テレビで見ない日は無いくらいに大ブレイク中の楽しんごも敗退です・・・審査員には「ラブ注入」できなかったみたいですね(笑)

ピンの中のピン!

女性芸人で僕がイチオシのいがわゆり蚊も予選で散ってしまいました・・・

そんな中、今年はあの初代「M-1」王者の中川家礼二が「R-1」に初参戦するというので大いに期待していましたが、惜しくも準決勝で敗退してしまいました。あの礼二でさえも決勝の8名の中に残ることはできないんですね・・・

ピンの中のピン!

そしてファイナリスト常連のエハラマサヒロ、彼も今年はファイナルに残れませんでしたし、前々回王者の中山功太も準決勝敗退でした・・・

過去の実績やテレビなどの出演回数などは、この「R-1」には全く関係のないことなんです。どんな無名の芸人であっても、とにかく人を笑わせることができれば、その称号を手にする可能性が無限にあるというものが「R-1ぐらんぷり」の魅力なのです

そこで僕は今回の決勝トーナメントを見ながらシュミレーションをしてみました。まずは今回のファイナリスト8名をご紹介します。(出場順)

①キャプテン渡辺

②COWCOW・山田興志

③AMEMIYA

④バッファロー吾郎・木村

⑤ナオユキ

⑥スリムクラブ・真栄田

⑦佐久間一行

⑧ヒューマン中村

COWCOW・山田は4年連続のファイナリストですが、それ以外の7名は初のファイナル進出という実に新鮮な顔ブレですね。この中には初めて名前を聞く芸人も数名います

ちなみにネットでの予想オッズでは、スリムクラブ・真栄田が一番人気で、以下COWCOW・山田、佐久間一行という順になっています

それでは早速、僕猫男爵の頭の中で数時間後の戦いのシュミレーションをしてみます

<1回戦>

×キャプテン渡辺-COWCOW・山田○

○AMEMIYA-バッファロー吾郎・木村×

×ナオユキ-スリムクラブ・真栄田○

○佐久間一行-ヒューマン中村×

<準決勝>

×COWCOW・山田-AMEMIYA○

○スリムクラブ・真栄田-佐久間一行×

決勝に残った2人は

ピンの中のピン!

「M-1」で大ブレークしたスリムクラブのボケ担当の真栄田です。僕は彼のあのかすれ声をよく真似してに『似てる!』と大ウケなのですが、彼のあの独特の間と話し方が僕は大好きです。今日もかならずお茶の間を笑わせてくれると思います

ピンの中のピン!

そして僕が予想したもう1人の決勝進出者はAMEMIYAです。皆さんの中には『この人誰?』と思う方もいるかと思いますが、彼は元バンド出身という異色のピン芸人でして、芸の方もその音楽の経験をいかした歌ネタが中心です

今年に入って何の番組が忘れましたが、彼が出ていて「冷やし中華はじめました」という歌ネタを見て、僕は思わず大爆笑しました。それ以降『あいつはおもしろい奴だな~』とは思ってはいましたが、まさか「R-1」のファイナルに選ばれているとは思いませんでした

面白いのは確かなのですが、不安なのが優勝するとして「3つのネタを歌ネタだけでいけるのか?」という点です。エハラマサヒロのような歌ネタ芸人が頂点に立っていないというのも、過去の情報としてはプラスではないかもしれません

まあそんなことはあまり考えずに、僕の好みで決勝戦をシュミレーションしますと

<決勝戦>

○AMEMIYA-スリムクラブ・真栄田×

優勝はAMEMIYAです!!!

これはあくまでも僕の予想ですが、皆さんはいったい誰が優勝に輝くと思いますか?本番まであと数時間ありますので、頭の中で色々とシュミレーションしてみるのも楽しいかもしれませんよ

僕は今日の夜はミニバレーに行ってくるので、その楽しい映像は生で見ることはできませんが、帰ってきてから録画しておいた映像を見るのが今から楽しみで仕方ありません

「R-1ぐらんぷり2011」の王者、「ピン」の中の「ピン」はいったい誰になるのか!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の名字しりとり> 知識(ちしき)さん→北野(きたの)さん、たまにはメジャーな名前もいいのではと思います。ビートたけしさんなどの本名「北野」さんは全国5万6000人程います。

|

« 雪まみれ。 | トップページ | ガリガリガリクソン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ピン」の中の「ピン」!:

« 雪まみれ。 | トップページ | ガリガリガリクソン? »