« 『金曜どうでしょう』~VOL7~ | トップページ | サウナ・マイスター! »

2011年1月 8日 (土)

W杯への道~シュート1~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

2011年がスタートして1週間が過ぎ、今日からは[成人の日]を含む3連休という方もいらっしゃるのではないでしょうかpaper

ここ数日は気温が下がりdown、風typhoonも非常に強く、真冬snowという言葉がピッタリの毎日です。朝晩の冷え込みはこれからが本番ですので、皆さん体調管理には十分に気をつけてくださいねhappy01

さて、昨年世界中の注目eyeを浴びた4年に1度の祭典「サッカーsoccerW杯」はスペインの初優勝、そして日本がベスト16進出という結果に終わり、非常に盛り上がった大会でしたnote

しかし既にもう、選手やサポーターたちの目は「2014年ブラジル大会」に向けられています。

そんな中、日本代表も出場している4年に1度アジアのNO・1を決める「2011アジア杯」が中東のカタールはドーハで昨日から開催されていますsoccer

“ドーハ”と言えばサッカーファンには忘れることのできない因縁の地ですsign031994年アメリカW杯soccerアジア最終予選の最後の最後で起きた「ドーハの悲劇」の舞台と言えば、皆さんもお分かりですよねpaper

その「ドーハの悲劇」から18年という歳月が経ち、新生ザックJAPANがどんな活躍を見せてくれるか非常に楽しみなところですgood。日本の試合は明日の夜night行われますので皆さんぜひ明日は日本から熱い声援を送りましょうsign03

僕個人的には、なぜこのドーハで行われる大会にキング・カズを招集しないのかsign02納得のできないところですthink。あの“悲劇”を悲劇のまま終わらせないためにも、カズにもう一度“日本代表”として、この地に立って欲しかったと思っていますbearing

さあ、ちょっと個人的感情で話が横道にそれましたが、このアジア杯はW杯出場へは直接関係はありませんが、2014年W杯への道がスタートしていることは事実ですgood。今年には世界各国でW杯予選がスタートし、本大会出場への長き道のりが始まりますconfident

そこで今日から、サッカーにちなんだ企画モノをスタートしたいと思いますshineサッカーファンにとっては必見の企画は題して「W杯への道」ですhappy01

この企画がどういうものかと申しますと、僕が勝手にチョイスしたサッカーの盛んな世界各国の代表メンバーを僕個人の独断で、引退した選手、現役の選手を問わずに厳選しようflairという企画です。

サッカー通の方にはご納得のいかない点も多数あるとは存じますが、どうぞそのへんはご了承くださいねcoldsweats01。ご紹介する国が結構あると思いますので、全部で何回になるかは分かりませんが、少なくともW杯が始まる2014年までに終わらせることはできると思っていますcoldsweats01

その記念すべき第1回は、どこの国かと申しますとsign02

W杯への道〜シュート1〜

南アメリカ大陸の北西部に位置する「コロンビア」ですshine

W杯への道〜シュート1〜

コロンビア代表と言えば、お馴染みの黄色(上)と青(下)のユニホームですねscissors

なぜこの国を僕がこの企画の第1回にチョイスしたかと申しますと、僕が好きなサッカー代表チームと言えばご存知の方もいるかと思いますが「アルゼンチン」です。ただ、その「アルゼンチン」を好きになる前に一番好きだった国が何を隠そう、この「コロンビア代表」なのですsign03

ブラジルやイングランド、オランダやイタリアなどの有名な国を差し置いてなぜ僕が昔、この国が好きだったかと申しますと、自由奔放かつ高い身体能力を持つ個性的な選手が多い事と、そんな選手たちによって魅せられる“楽しいサッカースタイル”ですhappy02

中でも僕が好きだった選手がバルデラマアスプリージャですhappy01。ここではあえて詳しくはお話しませんが、バルデラマと言えば“ライオン丸”と言われた金髪アフロを振り乱しながら、華麗なテクニックを披露するコロンビアの顔でした。そしてアスプリージャは“黒豹”と言われるほど、そのスピードには抜きに出るものがありました。実際に僕的にはスピードという点だけで言えば、このアスプリージャを抜く選手は今も昔も世界中探しても誰一人いないと思っていますgood

この2人が中心選手として活躍していた1990年代が僕にとっては最強の「コロンビア代表」ですsoccer

W杯の成績だけ言えば本大会出場は4回、1990年イタリア大会のベスト16進出が、コロンビアとしては最高の成績ですが、その結果以上に僕には非常に魅力的なチームでしたshine

それでは僕が選ぶ「コロンビア代表」ベスト11をご紹介しますscissors

※は既に現役を引退した選手です。( )内は現役選手は現所属チーム、引退した選手は最後に所属していたチームにしてあります。

GK ※イギータ(デポルティーボ・ペレイラ)44歳

DF ※エスコバル(アトレチコ・ナシオナル)27歳没<1994年射殺により>

     コルドバ(インテル)34歳

     マリオ・ジェペス(ACミラン)34歳

MF ※バルデラマ(コロラド・ラビッズ)49歳

    ※カビリア(テポルティーボ・カリ)32歳没<2002年落雷により>

     ダニルソン(名古屋グランパスエイト)24歳

     ファン・パブロ・ピノ(ガラタサライ)23歳

FW ※アスプリージャ(トゥルア)41歳

    ※アリスティサバル(アトレチコ・ナシオナル)39歳

      ファン・パブロ・アンヘル(ニューヨーク・レッドブルズ)33歳

主将はバルデラマ

システムは「3-4-3」の超攻撃的チームにしてみました。懐かしいビッグネームが並んでいますねhappy01。素晴らしいタレントの集まった個性的集団は、他の国にも劣らない強さだと思いますscissors

さあ、こんな感じでスタートした「W杯への道」シリーズですが、楽しんでいただけましたか?サッカーに興味のない方にとっては全くつまらない企画かもしれませんが、これを機にサッカーに少しでも興味を持っていただければ幸いですhappy01

サッカー通の方は、自分の予想した選手が入っていましたか?自分の予想と見比べながらこの企画を楽しむのもありかもしれませんね。次回は果たしてどこの国が選ばれるのか、乞うご期待paper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ベストキッド→空手(映画「ベストキッド」と言えば、空手の映画ですね。)

|

« 『金曜どうでしょう』~VOL7~ | トップページ | サウナ・マイスター! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/38388188

この記事へのトラックバック一覧です: W杯への道~シュート1~:

« 『金曜どうでしょう』~VOL7~ | トップページ | サウナ・マイスター! »