« 歴史を呼び起こせ~第13回~ | トップページ | 『籐球』の時代到来! »

2010年12月 1日 (水)

背番号の話。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日から12月のスタートです。12月は31日間ありますが、本当にあっという間に過ぎ去っていきますので、2010年の残り一日一日大切に過ごしていきたいですね

先日予想した「2010年新語・流行語大賞」は、僕も予想していた「ゲゲゲの~」が大賞に選出されました。皆さんの予想は当たりましたか?少し気が早いですが、2011年の流行語はいったいどんな言葉になるのか、僕は今から凄く楽しみです

さて今日の話題はズバリ「背番号の話」です

小さい頃から運動系の部活動や少年団に入って、団体競技を経験したことのある方であれば、一度や二度は背番号の付いたユニホーム等を着た経験があるかと思います

プロ野球やサッカーなどでもそうですが、「背番号」というものは言うなればその選手の象徴そのものです。背番号を見ただけで『あっ!あれは〇〇だ!』と言われるようになれば、それはすでに一流の証です。そういう意味では、「背番号」というものはスポーツの世界では非常に重要であると言えます

僕が一番最初に付けた「背番号」は、小学生の時に入っていたサッカー少年団で付けた「17」番です。この「17」番は3~4年生の時に付けていた番号で、5~6年生になると「8」番を付けていました

この番号とは関係はありませんが、何年生の時だったか忘れましたが、大会当日の朝になってユニホームを学校に忘れたことに気がつき慌てたことがありました。そこで僕は、1つ上の先輩で僕の実家の近くに住む先輩が、その日は風邪でたまたま試合を休むことを思い出し、大急ぎで先輩のユニホームを借りにいき、そのユニホームで試合に出たという思い出もあります

何を隠そうその時の先輩の背番号が「11」番で、その先輩は凄くサッカーが上手で憧れの存在でもあったので、その「11」番のユニホームを着てプレーしたその日の事は今でも良い思い出として鮮明に記憶に残っています

それが今でも僕の心に強く残っており、「11」番が大好きなんです。もちろん、キング・カズが付けているということもありますが

背番号の話。

僕が一番最初に付けた「17」番は、今でもフットサルのチームで付けています。まあ、ほとんど試合に出る機会はなくなりましたが・・・

背番号の話。

サッカーで言えば、「7」番という背番号にも愛着があります。大好きだった中田英寿が日本代表で付けていたということもありますし、世界を見てもベッカム、ラウル、C・ロナウドなどが「7」番を付けています。(今は違う番号の人もいます)

背番号の話。

上の写真のTシャツは、ミニバレーチーム・MVDのみんなで作ったTシャツですが、僕は思い出のある「11」番を付けています。やっぱり自分の好きな背番号を付けていると気持ちの良いものです

サッカーの話はここまでにして、僕は中学生になると野球部に入部しました。野球部では、背番号というものはポジションによってあらかじめ番号が決まっているので、自分の好きな番号を付けるというわけにはいきません

1年生の夏の大会は、補欠だったので偶然にもサッカー少年団の時と同じ「17」番を付けて僕は大会に出ました。でも1年生でベンチ入りできたのは、本当に数名しかいなかったので凄く嬉しかったです

そして1年生の秋からはレギュラーに選ばれ、ショート(遊撃手)というポジションをGETしました。この時から背番号は「6」番ですそれから部活を引退する3年生の夏まで、その「6」番を僕はずっと背負ってプレーすることになりました

それから約8年後・・・

僕は社会人となり朝野球でプレーするようになりました。最初は知り合いから誘われたチームに入っていましたが、その時は「1」番という非常に“重み”のある背番号を背負っていました

その翌年、僕は友人達とチームを作り、朝野球大会に参加するようになりました。そして僕がその時、選んだ背番号は「24」番でした

これは大好きな巨人軍の当時はルーキーだった高橋由伸に影響され、思わず同じ背番号をチョイスしました

背番号の話。

その後は、自分がピッチャー(投手)をしているということもあり、エースナンバーの「1」番に背番号を変更しました。朝野球は学生野球のようにポジションによって背番号は決まっていないので、ピッチャーだからといって「1」番でなくても良いのですが、僕には「1」番を選んだ理由があります

僕が1番を選んだ理由は、当時メジャーリーグから帰ってきて、日本ハム入りした新庄剛志が「1」番をつけているのを見て、『カッコイイな~』と思ったのが理由です。安易な理由でしょ(笑)

今も僕は朝野球では「1」番を付けてプレーしています。僕もプロ野球選手のように、背番号を見ればすぐに、『あれは猫男爵だな!』と思ってもらえるような選手になりたいと思います

皆さんもご自分が今も活躍しているスポーツや、過去に活躍したスポーツで、「背番号」を付けてプレーされたかと思いますが、何か「背番号」にまつわる所以や思い出、エピソードなどがあればぜひ教えてください

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> おりも政夫→ヒントでピント(「おりも政夫」といえば、僕が幼少の頃に見ていた「クイズヒントでピント」にレギュラー解答者として出演していたことを思い出します。)

|

« 歴史を呼び起こせ~第13回~ | トップページ | 『籐球』の時代到来! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背番号の話。:

« 歴史を呼び起こせ~第13回~ | トップページ | 『籐球』の時代到来! »