« 誕生果とは? | トップページ | あれ?この人どこかで・・・ »

2010年12月14日 (火)

ゆったり海中博物館♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は皆さんを「ゆったり海中博物館」という場所へご招待したいと思います。どうぞ、数分間の海中探索をお楽しみください

この「海中博物館」がある場所は、カリブ海のリゾート地であるメキシコはカンクン沖の海中です

では、早速海中に潜ってみたいと思います。皆さん、ガイドからの説明は受けましたか?酸素ボンベの使い方は宜しいですか?では、出発しましょう

ゆったり海中博物館♪

まず見えてきたのは、少し年輩の紳士です。彼は何か考え事でもしているようですね。その上をキレイな魚が泳いでいますね

ゆったり海中博物館♪

続いて見えてきたのは、大勢の人だかりです。何かのイベントがこれからあるのか、それとも何かの有名なお店の前で行列を作っているのかもしれませんね

ゆったり海中博物館♪

おっと、これは彼は今「針治療」の最中かな?

ゆったり海中博物館♪

お医者さんも酸素ボンベは欠かせませんね(笑)

ゆったり海中博物館♪

続いて見えてきたのは、部屋でくつろいでいる少女ですね。何か楽しいことでもあったのか、非常にリラックスしています

ゆったり海中博物館♪

次に見えてきた方は、机に座り勉学中学生かな?海中でも字は書けるんでしょうか?頑張って受験に挑んでください

ゆったり海中博物館♪

おっとサイクリング中の人を発見です。なかなかカッコイイ自転車に乗っていますね。一生懸命なので話しかけるのはやめておきましょう

ゆったり海中博物館♪

おっと、これは今、巷で再流行の兆しがある「椅子取りゲーム」をしている模様ですねまだたくさんの人がいるから、これからゲームが始まるところですかね?時間があれば皆さんも参加してみてください

ゆったり海中博物館♪

最後は、海中から海上を見上げる男性です。彼は海中から出たいのですかね?何か羨ましそうに上を見上げています

さあ、物思いに更けている彼に気づかれないように、今日はこのへんで「ゆったり海中博物館」を後にすることにしますか。僅かな時間でしたが、海中の世界の雰囲気を味わえましたか?楽しんでいただけましたでしょうか

と、小芝居はここまでにして、この海中に存在する人間の像の正体をお話しすることにしましょう

実はこの像たちはイギリスの彫刻家、ジェイソン・デカイレス・テイラー氏が“アート”として作り上げた全く新しい芸術作品なのです

彼いわく、この作品たちは『海底における史上最大の現代彫刻美術館』だそうで、自分でも自画自賛しています

約400体並んだこの像たちには「音のない進化」というタイトルが付けられており、水深30mに眠るこのアートたちに、通りすがりの熱帯魚たちが「口付け」をしていくそうです

このプロジェクトは2年前に始動し、船の「いかり」やハリケーン、あるいは観光客の不注意などで損傷した珊瑚礁を保護する手立てを考えていたカンクン国立海洋公園が、他の海底で展覧会を実施した実績を持つテイラー氏に依頼をしたのが、ことの発端のようです

このメキシコ沖の海域には、年間約75万人という観光客が訪れるそうです。天然の珊瑚礁を保護する手段として、公園側は単なる人口魚礁を設置するより「海中博物館」を作るというアイデアのほうがずっと魅力的だという経緯から、このようなことになった模様です

これらの「海中博物館」の作品たちは、今後も海の生物と相互作用で進化していくそうで、既に顔や手足には黄色の藻が付着し始めているそうです

世界には色々なことを考える人がいるものですね。海に潜って、こんなアートの世界があるのであれば、観光客もダイバーになって楽しみたくなりますね

皆さんももし機会があれば、この「ゆったり海中博物館」を見に行ってみてはいかがですか?たぶん、全く見た事のない海中のアートを満喫できそうですよ

ちなみい僕は酸素ボンベのゴムの味に馴染めなくて気持ち悪くなるし、このスポットに着くまでに船酔いしてしまうので、無理な話です・・・トホホ

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 駅伝大会→白バイ(駅伝大会やマラソン大会に必要不可欠なのが「白バイ」です。彼らの先導がなくては円滑な大会運営ができません。)

|

« 誕生果とは? | トップページ | あれ?この人どこかで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆったり海中博物館♪:

« 誕生果とは? | トップページ | あれ?この人どこかで・・・ »