« おれが一番だ! | トップページ | 生ダラ以来? »

2010年12月11日 (土)

日本に伝わってきたもの。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~雪snow降りましたねshock・・・

結構な勢いで降っていたのでどうなるかと思いましたが、早めにやんでくれて良かったですconfident。でもこれは「根雪」になっちゃうのかなbearing・・・せっかく「雪のないお正月」を期待していたのに・・・トホホですweep

さて、先日のブログpcでも話題にした「今年の漢字」の発表が昨日行われましたshine。僕が予想した「隠」は残念ながら選ばれず、今年の漢字には「暑」が選ばれましたsign03どうでしたか、皆さんの予想は当たりましたか?

「漢字」と言えば古代中国から日本に伝わってきたものだということは皆さんご存知だと思います。その漢字の種類は数万種類とも言われていますpencil

この他にも中国から日本に伝わってきたものは色々あります。例えば「麺」、「お茶」、「醤油」、「味噌」、「砂糖」、「火薬」、「九九」、「漢方」などなど・・・

そしてその中のひとつに、十干(じっかん)というものがありますpaper

よく皆さんは契約書などの文面で「甲乙丙」などという文字を見かけたことがあると思いますし、2つの物に対し優劣をつけることができない時などに『甲乙つけがたいな・・・』などと口にしたこともあると思いますpaper

この「甲乙丙」というものは先に述べた「十干」というもので、(コウ)、(オツ)、(ヘイ)のあとは、(テイ)、(ボ)、(キ)、(コウ)、(シン)、(ジン)、(キ)と続きますscissors。この10個の列を「十干」と言いますpaper

『何かどこかで見た事あるな~』と思ったら、今テレビtvで放送されているドラマ「SPEC」のオープニングタイトルでこの「十干」が使われていますeye

ちょっとだけ話が横道にそれますが、ドラマ『SPEC』!実におもしろいですねhappy02。皆さん見ていますか?僕の中では今クールでは断トツで面白い作品で、毎週Aゆと2人で金曜の夜が来るのを楽しみにしていますhappy01

戸田恵梨香の演技も魅力的ですし、物語の展開力も抜群ですup。最終回を前にして、一十一と当麻が姉弟の関係なのか?そして、記憶を消すことのできる“SPEC”を持つ人物は城田優なのか?と、興味深い点が多々ありますが、これ以上は言わないでおきましょうcoldsweats01。ちなみに『SPEC』は来週が最終回(第10話)なので、十干でいう「癸」の回ですtv

さて、話を元に戻しますがこの「十干」と「十二支」の関係には非常に“ためになる”関係がありますflair

皆さんは一年一年に「甲子」とか「戊辰」とか呼び名がついていることをご存知ですか?例えば今年は「庚寅」(かのえとら)です。「十干」を先に書いて、「十二支」を後に書き、この組み合わせの呼び方を「十干十二支」と言います。これを俗に、皆さんよくご存知の「干支」(えと)と言いますgood

当然のごとく、「十干」は10種類、そして「十二支」は12種類なので、スタートは十干の1番最初の「甲」(こう)と、十二支の1番最初の「子」(ね)を合わせた「甲子」から始まりますが、「10」と「12」なので必ず途中から“ズレ”が生じますbearing

では同じ組み合わせの「干支」が次にやってくるのは何年後になるでしょう?数字に強い方なら少し考えれば分かりますよね?

単純に「10」と「12」の最小公倍数を求まれば、おのずと答えが出ますflair。正解は「60」ですsign03。つまり今年の干支である「庚寅」が次にやってくるのは、60年後の2070年というわけです!

なので、2010年の今年に生まれた人が60歳になった時に、生まれた時の「暦」に一周つまり「循環」して戻ってくるので、60歳のことを“循環する暦”という意味で「還暦」と呼ぶのですshine

一見何気ない「十干」と「十二支」ですが、これが組み合わさった「干支」には、このような深い意味があるんですねconfident実に奥が深いですね。

さすが歴史のある古代中国から伝わってきたものだけあり、凄くく勉強になりましたpaper

こうやって考えると、外国から日本に伝わってきたものには、非常に意味が深く、そして今でもその歴史や伝統が活かされているものが多々あることに今日は気づかされましたconfident

本当に日々勉強ですdelicious

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ウグイス嬢→選挙カー(「ウグイス嬢」と言えば、選挙期間中に選挙カーに乗って声を響かせているウグイス嬢を連想します。)

|

« おれが一番だ! | トップページ | 生ダラ以来? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/38040575

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に伝わってきたもの。:

« おれが一番だ! | トップページ | 生ダラ以来? »