« 熱き1ヶ月間の戦い! | トップページ | 嘘のような本当の話。 »

2010年11月 2日 (火)

網走VS登別~お土産対決~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

僕は先月、仕事で網走市へ、プライベートで登別市へ行ってきましたcar。十勝に住んでいる僕にとっては、どちらも距離的にはだいたい同じぐらいの所に位置する観光地で、車で3時間半ぐらいで行ける都市ですpaper

北海道地図の区分で言えば網走は道東地区、登別は道南地区に入りますが、どちらも観光名所や特産品が結構あり、旅をするには非常に適した都市ですhappy01

両都市を比較してみますと、まず面積は網走市が471.00k㎡、登別市が212.11k㎡で、面積では網走市が勝利scissors

続いて人口を比較してみますと、2010年9月末現在で網走市が39,427人に対し、登別市は52,277人ということで、こちらは登別市の勝利ですscissors

これで1対1の全くの五分です。これはどうやって勝敗を決めましょうか?っていうか、いつから対決になったのっていう話ですよねsmile(笑)ゴメンなさい、僕が勝手に対決にしてしまいましたcoldsweats01

では、また勝手な話ですが決着は「お土産対決」ということでpaper

「お土産」といっても、僕が自分の家に買ってきたもので、両方とも食べ物なのでAゆと仲良く食べましたけどねhappy01

それでは早速、その[お土産対決]といきましょうnote

網走VS登別〜お土産対決〜

網走のお土産はオホーツク限定の「網走監獄チップス」ですshine

網走VS登別〜お土産対決〜

対する登別のお土産は登別温泉名物「閻魔らーめん」ですshine

さて、この勝負どっちが勝つのでしょうsign02

網走VS登別〜お土産対決〜

まずは先攻の「網走監獄チップス」から、早速食べてみることにしますgood

予想通りと言っていいのか、見た目は普通のポテチです。しかし、味はsign03・・・

味もいたって普通でしたcoldsweats01。十勝産の美味しいジャガイモを使ったポテチをいつも食べている十勝人の僕にとっては、ちょっと物足りなかったかなbearing・・・

網走VS登別〜お土産対決〜

ではでは、登別の「閻魔らーめん」noodleの方を食べてみますgood

こちらもある程度の予測はしていましたpaper。「閻魔」というぐらいですから、結構“辛いラーメン”だろうな~とcoldsweats01

色は間違いなく辛そうな色合いですし・・・

網走VS登別〜お土産対決〜

しかし食べてみると、これが意外とそんなに辛くありませんでしたscissors。辛いラーメンnoodleが好きな人にとっては物足りないかもしれませんが、僕にとってはちょうど良い味でしたdelicious

それでは両者を食べ終わったところで、審査タイムに入ることにしますpaper

・・・・・・・・

お待たせしましたconfident。それでは「お土産対決」の結果発表ですsign03

網走代表「網走監獄チップス」VS登別代表「閻魔らーめん」、この対決の勝者はsign03

登別代表「閻魔らーめん」ですshine

皆さんももし登別に行く機会があれば、ぜひお土産にこの逸品を買ってみてはいかがですか?結構美味しいですよhappy02

今日は先月訪れた北海道の2つの観光地を、お土産対決という形でご紹介しましたhappy01

網走の方の名誉のために言っておきますが、今回はたまたま「網走監獄ポテチ」ということでしたが、網走にはもっと素晴らしい名産品のお土産が山のようにありますので、網走に行った際にはカニcancerなどの海産物をぜひぜひ堪能してくださいshine。めっちゃ美味しいですよsign03

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> トロンボーン→金管楽器(トロンボーンは金管楽器を代表する楽器の1つです。)

|

« 熱き1ヶ月間の戦い! | トップページ | 嘘のような本当の話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/37488378

この記事へのトラックバック一覧です: 網走VS登別~お土産対決~:

« 熱き1ヶ月間の戦い! | トップページ | 嘘のような本当の話。 »