« オレンジ色の空。 | トップページ | 天才観測♪ »

2010年11月24日 (水)

何(なん)クッションで?

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は天気の良い一日sunでしたが、それでも日に日に寒さが増してきましたねbearing。特に今朝はまた一段と厳しい寒さdownでしたし、夕方も陽が落ちてからの気温の下がり方は、まさに「冬」間近といった感じでしたsnow

あと少しで「11月」も終わり、いよいよ「12月」に突入ですup「師走」またこの響きを耳にする季節になりましたpaper。12月になれば何かと忙しくなりますrun。皆さんも体調管理には十分に気をつけて過ごしてくださいね。新型インフルエンザなどの猛威も予測されますので、まずは予防策として基本的な「手洗い、うがい」を心がけましょうgood

さて昨日のミニバレーの帰り道、車を運転carしながらラジオslateを聴いていましたear。そのラジオの番組内で話されていた内容が、僕的にはちょっと面白かったというか、興味があったので今日ここでお話してみたいと思いますhappy01

そこで話されていたものは、よく「友達の友達のお兄ちゃんが有名人」とか、そういうちょっと近いようで遠い関係ってよくありませんか?という話題ですflair

『でもそれって、もっと先の方まで調べていくと、結構な有名人のところまで辿り着けるんじゃないの?』というDJの素朴な疑問がことの始まりでしたhappy01

『例えばそれが50クッションとか100クッションぐらいまで置けば、白鵬やキムタクまで辿りつけちゃんじゃないの?』というのがDJの発想でしたflair

“クッション”とは、例えば「友達の友達のお兄ちゃんの彼女」となると、4クッションですpaper

こうやって何(なん)クッションかを入れれば、自分と誰か有名人も繋がっちゃうんではないかというのが、昨日のその番組内では大きな話題でしたslate

僕も自分に当てはめて色々と考えてみましたconfident。すると意外や意外にも結構な人のところまで行けちゃいましたscissors

僕の従兄弟同級生兄弟子が何と「千代の富士」ですsign03。何と、3クッションで「千代の富士」まで辿りついちゃいましたhappy02

繋がりの範囲を結構幅広く扱えば、例えば「友達従兄弟元カノ友達の実家の隣りに住んでいるおばさん姪っ子が通う幼稚園の先生友達お姉さんが昔働いていた喫茶店のマスターの行き着けの美容室の美容師彼女友達小学生の時の同級生父親が働く会社の社長息子友達友達がよく行くレンタルビデオ店のオーナーが通う高校の先生中学生の時の同級生キムタク」とか(笑)smile

これでいけば、25クッションでキムタクにたどり着きましたhappy02

もうここまでいけば“こじつけ”もいいところで、実際は自分とは全く無関係になっちゃいますねcoldsweats01。この考えでいけば、まさに「人類みな兄弟」ですbell。必ずみんなどっかで繋がっていることになっちゃいますねhappy01

昨日のラジオでは、このやりとりで結構な時間を割いていましたよclock。少なくても僕が体育館の駐車場parkingを出て、自分の家houseに着くまでの20~25分間はずっとその話ししてましたからpaper

皆さんも自分に当てはめてみてやってみてくださいgood。中にはすぐ近いクッションで有名人の親戚とかがいる方もいらっしゃるかと思いますが、皆さんは何(なん)クッションで有名人と繋がる関係がおありですか?もしあればぜひ教えてくださいhappy01

万が一、僕が“地タレ”にでもなれば、僕のにすれば『私の夫は猫男爵です』。あるいは友達にすれば『僕の友達は猫男爵です』ということになるので、クッションが必要なしになりますねsmile(笑)そうなれるように頑張りますhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 騒音→おばさん(「騒音」といえば、今から数年前に奈良で起きた「騒音おばさん」の事件を思い出します。あの“おばちゃん”のふてぶてしい態度は今思い出しても腹が立ちます。)

|

« オレンジ色の空。 | トップページ | 天才観測♪ »

コメント

おはようございますhappy01
たしか”六次の隔たり”だったか、6クッションで世界中のほとんどの人が間接的に知り合いになるという仮設があったはずですpaper
違ったかなcoldsweats01

投稿: Hこ | 2010年11月25日 (木) 09時40分

Hこさん
ありがとうございますpaper
「六次の隔たり」初めて知りましたshineさすが学術的ですねhappy01
確かに6クッションあれば結構なところまで間接的に繋がりますよねgood
じゃ、今日からその法則を「六次の隔たり」に対抗して「シックス・クッション理論」とでも名付けましょうscissors

投稿: 猫男爵 | 2010年11月25日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/37826326

この記事へのトラックバック一覧です: 何(なん)クッションで?:

« オレンジ色の空。 | トップページ | 天才観測♪ »