« ややこしや~ | トップページ | 僕が僕であるために。 »

2010年10月14日 (木)

食べるフェスティバル♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

「秋」も日に日に深まり、徐々に空気も「冬」の空気に近づいてきましたね。秋には「スポーツの秋」や「芸術の秋」、「読書の秋」など色々な表現がありますが、今日はその中でも「食欲の秋」にスポットを当ててみることにしました

先日僕は地元で行われた「食の祭典」というイベントに、Aゆと2人で出かけてきました。この催しものは今年で8回目を数えるイベントです

食べるフェスティバル♪

この日の天候はあいにくの雨でしたが、それでも会場には老若男女問わず数多くのお客さんで賑わいをみせていました

食べるフェスティバル♪

このイベントの魅力は、地元の「特産物」や「食材」を使った色々な食べ物が格安で食べれたり、新鮮な「農産物」の直売などが行われているところです

雨が降りしきる中、傘を差しながら思い思いに、数多く並んでいるテントの前で農産物を品定める姿や、飲食店コーナーのテントの前で美味しそうな食べ物をたくさん買うお客さんの姿も見かけられました

イベント会場に到着した僕らも早速、何を食べようか色々と歩き回ってみることにしました

食べるフェスティバル♪

まず最初に選択した食べ物は「カレーうどん」です。「カレー」の味と「うどん」が絶妙にマッチングした、この「カレーうどん」は抜群に美味しかったです

食べるフェスティバル♪

「カレーうどん」を食べながら僕たちは、イベント広場で行われているステージショーを楽しむことにしました

今年のゲストは皆さんご存知の「坂本慎一とスウィングフェイス」です。このバンドの演奏は午前と午後の2公演行われましたが、非常に素晴らしい音楽を奏でてくれました

食べるフェスティバル♪

次に僕らは「クリームチュー」を食べました。地元で取れた新鮮な野菜を使ったこのシチューも、本当に美味しくて何杯でも食べれちゃう感じでしたが、まだまだ食べたいものがたくさんあるので、この日は1杯でやめておきました

食べるフェスティバル♪

次に食べたものは「かぼちゃ団子」です。これも想像していた美味しさの遥かに上をいく美味しさでした

食べるフェスティバル♪

次にここは、数多くある売店の中でもかなりの人気だった「十勝若牛バーガー」のお店です。何とここは注文してから「30分待ち」という大人気でしたので、とりあえず予約だけして、他の売店を覗きながら出来上がりを待つことにしました

食べるフェスティバル♪

そしてようやく僕らの元に「若牛バーガーが来ました。早速、Aゆと2人で1個のハンバーガーにかぶりつきましたが、これが超美味しい

地元産の牛肉を使用したハンバーグは非常にジューシーで、それを挟むパンもめちゃくちゃ美味しかったです。このハンバーガーなら毎日食べても絶対に飽きないと思いました。僕の中では今年の大ヒット商品です

この他にも会場には、「フライドポテト」「おしるこ」「豚汁」「からあげ」「おでん」「焼きそば」「タコ焼き」「フランクフルト」「とり串」などなど、紹介しきれない程の食べ物が格安で販売されていました

本当は全部食べたいくらいでしたが、それをしてしまうと体が確実の壊れてしまうのでそれはやめておきました

食べるフェスティバル♪

そして僕らは最後の締めに「そば」を食べました。雨交じりの肌寒さで少し冷えた体を、温かいそばで十分に温めた僕らは、お腹を満腹にして“食べるフェスティバル”を思う存分満喫して帰路へと向かいました

「秋」らしく収穫した野菜や食材を使ってできた食べ物を、みんなで感謝しながら食べるという、こういうイベントはとっても良いものですよね。それが地元の特産品ともなれば、なおさら食べても味わい深さを感じちゃいます

僕も「男爵村」で作物を作っているので解りますが、自分で作った物を美味しく食べてもらうことほど喜びを感じる瞬間はありませんからね

また来年もこのイベントにはぜひ来てみたいと思いました。皆さんの中にも、地元やご近所でこういうイベントが開催されて参加した方もいらっしゃると思いますが、このようなイベントはいつになっても続けて欲しいものですよね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 壁→ブロック(ブロックといっても僕が言いたいのは、バレーボールのブロックのことです。バレーボールでは時に、高いブロックをする選手を例えて「〇〇の壁」などと表現します。例えば「アジアの壁」とか。)

|

« ややこしや~ | トップページ | 僕が僕であるために。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べるフェスティバル♪:

« ややこしや~ | トップページ | 僕が僕であるために。 »