« 母校の活躍。 | トップページ | 翼を失くしたチーム。 »

2010年10月28日 (木)

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、腹こわす馬鹿。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

運命のドラフト会議が数時間前に終わりました

注目の斉藤佑樹は北海道日本ハムへ、そして我が巨人軍は大学屈指の速球投手沢村君を獲得することができました

斉藤君には申し訳ありませんんが、多くの北海道民にとっては斉藤君に対するイメージは決して良いものではありません・・・何と言っても、4年前の夏に「マー君」率いる駒大苫小牧の夏3連覇を阻止した彼の印象がどうしてもあるからです

でも、それはもう過去のことです。日本ハムに来る以上は、北海道民は温かく迎えてくれるはずです。これからは、ダルビッシュや中田の甲子園のヒーロー達とともに、北海道を大いに盛り上げてくださいね期待していますよ

さて、話は変わりますが今日は職場で年に1度行われる「剪定講習会」に参加してきた猫男爵です

この講習会は樹木を剪定する実技講習を受けるとともに、ボランティア事業として地域に社会貢献することも目的にしています。今年で僕も9回目の参加となり、すっかりベテランの域に差し掛かりました

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

今日は太陽が降り注ぐ中、風もなく非常に作業しやすい天候でした。作業している間は結構動くので汗をかきますが、休憩時間になり体を休めるとすぐに寒くなってきます。何だかんだ言っても季節は秋から冬へと向かっています

今日剪定した樹木は梅の木です。皆さんは「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。」という諺を耳にしたがあると思います

これはの木は切り口が腐りやすいために、あまり剪定はしないほうが木のためには良くて、逆にの木は桜に比べると小枝が非常に込み合う木なので、花実をもたせるにはマメに枝を切ることが必要になるために、こういう諺が生まれたそうです

なので、桜の木は絶対に剪定してはいけないというわけではありませんし、桜の木を切ったからといって“馬鹿”よばわりされるわけではないことをここで申し上げておきます

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

梅の木の大きさは色々ありますが、一般的な高さはだいたい5mぐらいの木が多いです

梅の木は思い切って“短め”に剪定しても枯れる可能性が低い木なので、新芽を出すためには一度思い切って短めに剪定するのが良いそうです。そうすれば翌年の剪定も非常に楽になります

時期的には9月~10月頃のこの時期が望ましいですが、急がないのであれば葉が完全に落ちた11月~12月頃でも構いません。秋に剪定をしない場合は芽が出る前の春先、2月~3月頃でも問題はありません

ただ雪の多い北海道では足場を作れないので、冬場の剪定は難しい面も多少なりともあります

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

梅の木の剪定にもすっかり慣れた僕も、今日は朝から晩まで剪定バサミを手に持ち、枝を切り落としていきました

剪定作業はたまにしかしないので、ハサミを持つ指先が夜になって少し痛くなっています。それと一日中太陽を浴びていたので、顔が日焼けしてヒリヒリしています

1本の梅の木の剪定に要する時間は個人差もありますが、だいたい30分ぐらいはかかります。今日は朝8時~午後4時までお昼休みを除いて7時間作業しましたが、僕が手掛けた梅の木は全部で8本でした

講習会に参加した人の数は約30人、全部で200本近くの梅の木を今日一日で剪定しました

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

これでこの梅林公園にも来年はたわわの梅が生ることでしょう。僕達の剪定作業が地域社会に少しでも貢献になるということは、汗をかいてやったかいがありますし、凄く心地の良い気分になります

僕の実家にも男爵果実園がありますが、もうすぐ剪定の時期です。そろそろ雪が降る前に剪定しなきゃ・・・僕にはまだもうひと仕事やることが待っていますね

来年もまたこの時期にこの梅林公園に来ることを梅たちに約束して、僕は薄暗くなったこの場所を後にしました

そんなこんなで今日はすご~く疲れたので、仕事から帰宅すると、Aゆと一緒に夕食を食べにとあるところへ行きました

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

そこは「スープバー」という天才的に美味しいものがあるところで、僕はあまりの美味しさに4杯もお代わりしちゃいました(笑)。もう、皆さんは僕達がどこに行ったか分かったちゃいましたね

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

欲張りな僕は「ハンバーグ」「ステーキ」「チキン」が全部入った「3色グリル」を頼んじゃいました。でも、これが来る前にスープで結構お腹がいっぱいになっちゃいましたけどね

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。

締めには久しぶりにスイーツ食べちゃいました。今日は疲れていて体がどうしてもこれを欲していたので・・・特別にということで

僕は「フルーツパフェ」、Aゆは「マンゴーパフェ」を美味しくいただきました

しかしこの後、僕を襲ったのは・・・

腹痛でした・・・しかも食べ終わってすぐお店の中で。なのですぐにトイレへ直行です(苦笑)まあ、調子こいてこんなに食べればそうなっちゃいますよね

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、腹こわす馬鹿。」

諺の最後に本当の“馬鹿”が付属しちゃいましたね(笑)

皆さんも食べすぎには注意しましょうね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 野球盤→原辰徳(野球盤といえば、僕が持っていたのは「原辰徳のパーフェクト野球盤」です。これは実家に行けば今もあります。)

|

« 母校の活躍。 | トップページ | 翼を失くしたチーム。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、腹こわす馬鹿。:

« 母校の活躍。 | トップページ | 翼を失くしたチーム。 »