« 翼を失くしたチーム。 | トップページ | 冬への衣替え。 »

2010年10月30日 (土)

動物横断注意報!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

早いもので10月も残すところ今日と明日の2日間になりましたconfident。ということは、今年も残りあと2ヶ月ですsign03「2010年」もあと少しなのかと思うと何だか寂しいですね~bearing

動物横断注意報!

街中の木々たちもすっかり紅くなり、キレイな景観で楽しませてくれていますmaple

そんな今日のことですが、仕事で職場のトラックを運転しているとrvcar、いきなり僕の目の前に1羽のが姿を現しましたsign03。するとその鳶は、僕が運転するトラックの目の前に降り立とうとしたのですdown『危ない!』思わず声が出てしまいましたが、間一髪ハンドルを切り、鳶を何とか避けましたcoldsweats01

対向車がいなかったので避けましたが、もしも対向車がいれば避けきれず鳶をひいていたことでしょう・・・でも何故だ鳶?お前はなぜ走る車の目の前に降り立とうとした?というかマジで危ないじゃないかangry

幸い、一緒に乗っていた人にも僕自身にも何の怪我もありませんでしたが、本当に動物の意味不明な行動には困惑してしまいますbearing

これも同じく鳥なんですが、以前に友人達(HたちゃんAっけTっか)と4人でワカサギ釣りに行く途中に、Hたちゃんが運転する車rvcarの目前に白鳥が飛び出してきたことを今日僕は思わず思いだしてしまいましたcoldsweats01

皆さんも車を運転をする際には十分に気をつけてくださいねpaper。動物はいきなり飛び出してきますからdanger

その危険性を促す意味で、道路には動物の飛び出しを知らせる標識dangerが結構あるのを皆さんご存知ですか?特に僕の住む北海道では野性の動物が数多くいるのと、そういう人里離れた場所に道路があることから、色々な動物横断注意を促す交通標識を目にすることがありますeye

動物横断注意報!

本州の方には信じられないかもしれませんが、北海道ではこういう標識は当たり前ですpapertaurusが道路を横断するんですよ(笑)happy01。まあ、これは家畜用の牛が何らかのやむを得ない理由で道路を横断することがほとんどですけどねdelicious

動物横断注意報!

道路を横断するのは牛のような家畜ばかりではありません。ホンマものの野性の「ヒグマ」も出て来るケースもありますdanger。僕はクマを生で見た事は人生で1度だけありますが、その時は道路の遥か遠くだったのでビビりはしませんでしたが、運転している目の前に出現されたらかなりビビると思いますcrying

動物横断注意報!

この標識は北海道でも馬産地周辺の地域でよく見かける標識です。horseが横断している光景は見たことはありませんが、何だか壮大な感じですconfident。この他にも北海道でよく見るのは「キツネ」の標識などもありますpaper

しかしこのような交通標識は何も北海道に限ったことではありません!

動物横断注意報!

全国にはこの「タヌキ」のように他の動物の横断の注意を促す標識が多数ありますdanger。例えば「猿」や「ウサギ」、「蛇」や「リス」のような小さい動物のものをあるようですpaper

動物横断注意報!

さらに話を海外に向ければ、オーストラリアでは「カンガルー」の標識があるそうですsign03やっぱりオーストラリアといえばカンガルーですから、道路に飛び出してくることも日常茶飯事なのでしょうねcoldsweats01

動物横断注意報!

これは「鹿」の飛び出し注意の標識ですが、これにちょっとアクセントを加えた標識dangerがこれだぁup

ワン、ツ、スリッーup

動物横断注意報!

「鹿に蹴られるから気をつけろ」ということで理解して宜しいでしょうか?(笑)

本気でこんな状況になったらヤバいとは思いますが、少なくとも車を運転していればこういうことにはならないですよねcoldsweats01

でも北海道では鹿と車が激突impactするという事故はたまによくあることで、僕の友人にも鹿と激突して車を廃車downにした友人も実際にいます。車だけですめば良いですが、人間の命まで奪われたら、たまったものじゃないですよね・・・bearing

このように、全国、いえ全世界には様々な動物の横断注意を促す標識が存在しますdanger。皆さんも車を運転する際には、この標識を見逃さないで運転してくださいねcar。特に観光などで慣れない場所を運転する際や、山道などを走行する際には、より一層の注意を払ってくださいpaper

今日は動物横断注意報発令に伴い、色々な標識dangerについてご紹介させていただきましたhappy01

最後にこれは動物注意の標識の話とは全然違いますが、ネットpcを色々見ているeyeうちに面白い交通標識を発見したので、それをご紹介して今日はお別れすることにしますconfident

動物横断注意報!

うわぁ~何だこりゃsign02右から2つ目の車線を走っている人はどうすればいいの?直進する2つの車線をどうやって越えて左折すればいいんだ・・・っていうか5車線もあるのかsign03こんな道路は走りたくないな(苦笑)coldsweats01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 目薬→まばたき(目薬をさすのが僕は結構苦手です。どうしても「まばたき」をしてしまうので、目薬を落とすタイミングがつかめません・・・)

|

« 翼を失くしたチーム。 | トップページ | 冬への衣替え。 »

コメント

初めましてhappy01
面白いですねnote(笑)
昔、山形に行った時に猿注意dangerの標識を見た事があり、驚いた記憶がありますsmile
同じ北海道でもいのししを引いた話も聞いた事がありますよshock
代物がないと保険ききませんから運転手は、大変かもsweat01
まだまだ、珍しい注意danger標識があったら調べて教えて下さいup

投稿: | 2010年10月31日 (日) 03時26分

初めましてhappy01
コメントありがとうございますpaper
山形には猿注意dangerの標識があったんですね。
本州では野性の猿が堂々と人間の前に出て来る光景をニュースなどでよく見かけるので、運転していてもきっと怖いですよねbearing・・・
北海道では色々な動物が出て来る危険性dangerを秘めているので、お互いに気をつけて運転しましょうねcar
珍しい標識dangerの情報を仕入れたらまたご報告いたしますねhappy01
それではまた遊びにきてくださいねpaper

投稿: 猫男爵 | 2010年10月31日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/37459863

この記事へのトラックバック一覧です: 動物横断注意報!:

« 翼を失くしたチーム。 | トップページ | 冬への衣替え。 »