« 田中世代。 | トップページ | 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、腹こわす馬鹿。 »

2010年10月27日 (水)

母校の活躍。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日今日と、寒さtyphoonが身に染みる一日でしたsad。昨日あたりは小雪snowが山からチラホラと飛んできていましたね。いよいよ、僕の苦手なの到来が間近になってきてしまいましたcrying。早いところ車carのタイヤ交換をしなきゃ・・・

さて話はガラりと変わりますが、先日我が母校schoolのサッカー部soccerがあと一歩で全国大会出場の切符を逃しましたbearing

10月24日(日曜日)に札幌市厚別公園競技場で行われた、全国高校サッカー選手権大会soccer北海道大会決勝で、僕猫男爵と妻Aゆの母校である帯広北高校が全国大会常連校の室蘭大谷と対戦し、惜しくも2対3で敗れました・・・

2001年以来の9年ぶりの全国大会出場shineを夢見ていた僕も、本当に悔しさを実感しましたbearing。試合は相手チームのオウンゴールとPKにより、2点を北高(以降「北高」(きたこう)という呼び名を使わせていただきます)が先制し前半を折り返しました。僕はこの時点では、全国出場はほぼ決まりだと安心しきっていましたconfident

今年の北高は超攻撃型サッカーsoccerと言われるほど、攻撃に力を入れているチームでして、北高の下部組織で結成4年目を迎えた「帯北アンビジャス」の第1期生が1年生として新チームに数名加わり、数多くいる先輩部員を差し置いてレギュラーの座を奪うなど、非常にタレントの揃った良いチームでしたscissors

試合を観戦していても『面白いサッカーをしているな~』と、母校の後輩の活躍に僕も自然と笑みが浮かんでいましたhappy01

しかし、勝負の世界はそんなに甘いものではありませんでした・・・後半に入ると室蘭大谷の怒涛の攻撃を受け、逆に3点を奪われて敗れてしまいましたdown・・・

皮肉にも同点弾と決勝点を入れた室蘭大谷の選手は、十勝の中学校出身の選手でしたpaper。きっと彼らも北高に進学していれば、間違いなくオレンジ色のジャージを着ていた選手だと思いますが、そんな彼らに全国の切符を阻止されたのは、何かちょっと悔しいですねbearing。でもこれが勝負の世界ですから仕方ありませんpaper

残念な結果ではありましたが、僕は母校の活躍に胸が躍りましたheart02。僕が高校生の頃は、北高といえば「野球部baseballが有名で、当時の十勝の高校の中では一番強いのが我が帯広北高でしたscissors

しかし僕らが卒業した後は、「野球部」よりも「サッカー部soccerの方がすっかり有名になってしまい、2001年に全国大会に初出場してからは学校初まって以来のJリーガーも輩出しましたし、北高といえば「サッカー部」という印象がすっかり定着しましたshine

野球をずっとしていた僕にすれば、野球部の復活が待ち遠しいところですが、なかなかそうは思うようにはいかず、近年では全道大会からもしばらく遠ざかっているのが現状ですsad。甲子園の土を2度踏んでいる我が母校にぜひとも、またあの感動を体験させて欲しいものですgood

ひと昔前までとは違い、最近の十勝管内の高校生のスポーツのレベルはかなり上がっていると思いますup

北高を代表とするサッカーsoccerでは、北海道では敵なしと言われていた室蘭大谷と互角に勝負できますし、旭川の高校がしばらく独壇場だった野球baseballでは白樺学園がその壁を打ち破り甲子園に出場していますgood

女子バレーボールでは旭川実業や妹背牛商業などに代わり、帯広南商業がすっかり全国の常連になりましたshine

そして何と言っても皆さんの記憶に新しいのが、白樺学園アイスホッケー部の活躍ですsign03。数年前までは苫小牧と釧路の学校には手も足もでなかったのですが、今年のインターハイでは昨年に続き、王者「駒大苫小牧」を破り、見事に2年連続で全国一に輝きましたscissors

こうしてみると、僕が高校生の頃とは随分と北海道の高校運動部の勢力図も変わったものですconfident

そんな中、やっぱり自分の母校が活躍している姿を見るとeye、何だかつい応援してしまいたくなりますhappy02。僕も母校を卒業して早いもので17年経ちましたが、いつになっても母校の活躍は気になるものですpaper。これからも、後輩たちの活躍を影ながら応援し続けますhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 消える魔球→野球盤(消える魔球といえば、エポック社のボードゲームの野球盤では名物です。子供の頃はあの球は絶対に打てませんでした。)

|

« 田中世代。 | トップページ | 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、腹こわす馬鹿。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/37402066

この記事へのトラックバック一覧です: 母校の活躍。:

« 田中世代。 | トップページ | 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、腹こわす馬鹿。 »