« ザックばらん♪ | トップページ | まさかの2連覇! »

2010年10月10日 (日)

先行逃げ切り型。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は朝からあいにくの雨rainの一日でしたねbearing。3連休の「中日」ということで、家族や恋人、あるいは友人たちと観光やレジャーへ行く予定をしていた方もいらっしゃったのではないでしょうかpaper。そういう方には残念な天気でしたが、明日は天気は回復sunの方向に向かうようですので、楽しい休日を満喫してはいかがでしょうかhappy01

さて、そんな明日は「体育の日」ですshine。「スポーツの秋」を締めくくるこの日には、全国各地で様々な“スポーツ”に関する催しものが開催されることでしょうsports

島根県出雲市では明日、毎年恒例の出雲大学駅伝大会が開催されますrun。全国から選抜された大学生たちが、その走力を競い合うわけですが、実は僕も明日は地元で開催される駅伝大会に参加しますscissors

この大会は毎年、ミニバレーのメンバーで参加している大会で、“速さ”を競うのではなく、「申告したタイムにより近いタイムで走れるか」を競う大会ですpaper。ですから、あくまでも自分のペースで走りながらタスキを渡すという競技なのですhappy01

そんな普通とはちょっと違う大会も、今年で4回目の参加となりますgood。前回大会は、2チーム参加した我がMVDの1チームが、見事に申告タイムに「19秒」しか誤差がないという好記録で優勝しましたcrown。今年もV2を目指し頑張りたいと思いますdelicious

そんな駅伝大会前日の今日は、かつて日本を代表するひとりの長距離ランナーであった人物のお話をしたいと思いますpaper

その人物とは1980年代~1990年代にかけて、“日本長距離界のエース”と呼ばれた中山竹通という人物ですpaper

なぜ僕が彼の事を今日お話するかと申しますと、僕は以前にもブログで話したことがあるように、小中学生時代は長距離runが結構得意な方で、校内のマラソン大会では小・中通じて9年間学年two位という成績でしたcrown

そんな僕が当時憧れていた選手が、何を隠そう「中山竹通」という選手なんですhappy01

彼の最大の特徴は、180cmという日本の長距離選手としては大柄なその体格を活かしたダイナミックな走法と、レース序盤から先頭に立ち、爆発的なスピードで逃げ切る戦法です。

その先行逃げ切り型の戦法で、マラソンでは確実に2時間10分を切る好タイムclockを出すということで、安定感も抜群でしたgood

関係者もそしてファンも、彼の五輪での金メダルを誰しもが期待するほど、彼は間違いなく世界で通用する選手でしたが、1988年のソウル、1992年のバルセロナと、不運にもいずれも4位に終わり、メダルにも手が届かない残念な結果に終わってしまいました・・・bearing

2つの五輪とも、僕は早朝から眠い目を擦って生中継tvを見ていたeye記憶が今でも鮮明にあります。特にソウル五輪の時は、中山自身も絶頂期であり、僕は彼が金メダルを獲る瞬間を見るために朝からテレビの前にかじついていたくらいでしたhappy01

レース序盤から集団を引っ張っていましたが、後半に疲れが見えて失速downしてしまい、惜しくも4位に終わってしまったのです・・・あの時は僕もかなり悔しくて、しばらく落ち込んでしまった記憶がありますdespair

それでも、日本男子マラソンで五輪2大会連続で入賞を果たしたのは、あの名ランナー君原健二と中山の2人だけなのですから、これは凄い快挙でしたshine

明日はそんな懐かしき中山の走る姿を頭にイメージしながら、僕も激走しようと思いますrun。戦略はただひとつ、先行逃げ切りです!後半ヘバって大失速downすることは間違いなしだとは思いますが(笑)coldsweats01

MVDのメンバー5人の気持ちをひとつにして、明日は素晴らしい一日になるように頑張りたいですhappy02

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 社長室→秘書(社長室には専属の社長秘書を通さないと、なかなか入室できません・・・)

|

« ザックばらん♪ | トップページ | まさかの2連覇! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/37168899

この記事へのトラックバック一覧です: 先行逃げ切り型。:

« ザックばらん♪ | トップページ | まさかの2連覇! »