« 毒針攻撃! | トップページ | 秋はやっぱり“祭り”だね♪ »

2010年9月11日 (土)

6年前の悪夢・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は9月11日です。「9・11」といえば皆さんの記憶にも鮮明に残っている、あの「アメリカ同時多発テロ」があった日ですbearing

あの忌まわしい事件が起きたのは2001年9月11日のこと、既に9年も前のことになるんですね。僕にはつい数年前のことのように、あの事件直後の生放送の映像tvが目に焼きついていますbearing

思わず目を伏せたくような異様な光景・・・超高層ビルbuildingから煙が上がり、辺りには惨劇のあとが生々しくあり、世界の終わりを向かえたような悪夢の光景でした。本当にあの時の映像には僕も固唾を呑んで見入った思い出があります。

あの事件をきっかけに世界は「テロ」との戦いが始まったわけですが、今日はその「同時多発テロ」にひけを取らないくらいの、僕の身に起こった怖ろしい過去の出来事をお話したいと思いますpaper

あまりの恐怖体験がゆえに、今までこの話は僕の本当に親しいごく一部の人にしか話さず、ずっと“封印”してきたのですが、“6年“という歳月が経ち、僕もようやくその呪縛から解き放たれる時が来たようなので、あえて事件のあった6年後の今日に、そのお話をしたいと思いますpaper

2004年9月11日、その年は夏に開催された「アテネ五輪」で北島が水泳平泳ぎで金メダルcrownを獲得し『超気持ちいい~』という名言が大流行した夏でしたyacht。その「夏」も終わりを迎え「秋」へと季節が移り変わった、ちょうどそんな頃に事件は起きましたbearing

その日は土曜日ということもあり、僕は当時は友人だったAゆの家で2人でお酒beerを飲んでいました。そこで『あ~でもない、こ~でもない』と楽しく時間を過ごしていましたshine

あっという間に時間は過ぎ、朝が近くなってきたので僕は帰ることにしました。時計の針は午前5時を過ぎた頃でしたclock

僕はAゆに別れを告げ、愛車に乗り道路を走行していましたcar。すると、いつからか分かりませんが、僕の後ろに1台の車rvcar(キャラバン)がついて走行していました。最初は全然気にならなかったのですが、僕はその異変に徐々に気がつきましたeye

僕は2車線の国道を走行していたのですが、僕が車線変更をするとなぜか僕の後方にいるその車も真似をして車線変更をするのです。朝5時の国道はほとんど車は走っておらず、わざわざ僕と同じ車線を走る意味など何もないのに、その車は僕が車線を変更するたびについてくるのですbearing

『これはちょっと変だぞ・・・』と僕が信号待ちsignalerの最中にバックミラーを覗くとeye、後方の車の運転席では、白いシャツを来た1人の男が、手を左右に振り暴れながら何かを叫んでいるのですsign03

僕はとっさに考えましたsign03『コイツはちょっとヤバい奴だ・・・もしかして飲酒運転しているか、もしくは薬(覚醒剤)とかやっている奴かもしれない・・・』

僕の頭はもうパニック状態でしたが、とにかく逃げることで必死でしたsweat01。かといってスピード違反をするわけにもいかない・・・そこで僕はとにかく誰か人がいるところへ逃げようと考えましたflair

逃げ込むところを探しながら国道を走行している際もcardash、後ろの車の男は狂ったような動きをしながら僕の車に後部にぴったりと密着していました。僕は恐怖で震えが襲ってきましたshock

そんな僕の目に24時間営業しているガソリンスタンドgasstationが飛び込んできましたsign03。しかもそこは僕がいつも利用しているガソリンスタンドgasstationですshine『よし!ここだ!』僕は唾を飲み込みながら、そのスタンドに飛び込みましたdash

僕は給油をするフリをして車を停めました。すると先程の車は、スタンドの入口で止まり、まるで僕が給油を終えて出て来るのを待っているかのごとく、道路脇に停車していましたbearing

スタンドから出てきたのは40代後半ぐらいの男の店員でした。僕はすぐに店員に『すみません、さっきから変な車にビッタリついてこられて怖いんです。助けてもらえますか?』と言いましたweep

するとその店員は『わかった。事務所の中に入って、警察にすぐ電話しな!俺があの車の方は見ているから。』と声をかけてくれましたpaper

僕は事務所に入り、すぐに「110番」通報しましたtelephone。その姿を見たのか、先程まで止まっていた車はタイヤを鳴らしながら急発進して猛スピードで立ち去っていったのですdash。気を利かしたスタンドの店員が、大急ぎで車輌ナンバーを確認しに走って追いかけましたがrun、間に合いませんでしたbearing

それから10分ぐらいが経ち、警察がようやく姿を現しましたpaper。僕はスタンドの事務所で、その事件の経緯を詳しく聞かれました。しかし僕には追いかけれるような理由もなく、とにかく「怖かった・・・」ということしか伝えられませんでした。しかし、追いかけられている間に見た、男の不審な動きなどを説明すると、警察官は『もしかしたらそいつは「ドラッグ」やっている奴かもしれないな。』と呟いていました。

警察官からの聞き取り調査も終わり、警察官はすぐに去っていきましたが、僕はまだ体の震えが止まらず帰ることができずにいました。すると、先程のガソリンスタンドの店員が『少し落ち着いてから帰りな。それまでここで休んでていいからね。』と優しく僕に話してくれましたconfident

本当に優しい店員さんでした。今はもうそのスタンドgasstationに彼は働いていませんが、その時は自分のことで精一杯できちんと御礼が言えなかったので、どこかで会ったらちゃんとあの時の御礼が言いたいですconfident

精神的に落ち着くまで1時間ぐらいかかったでしょうか、気がつけば既に7時を過ぎていて国道の交通量もかなり多くなっていました。僕はようやく重い腰をあげ、店員に頭を下げて、自分の車に乗り込み家路へと向かいましたcar

その道中も、またどこからか後ろにさっきの車が来るのではないか・・・と、内心ビクビクしながら運転していましたbearing

結局、何事もなく僕は家にたどり着きましたがhouse、その後しばらくはあの日の車に似たような車を見ると、ちょっとビクっとなっていましたsad

本当にこの出来事は、僕にとってはリアルに恐怖を感じる忌まわしい事件というか出来事でした。一瞬、『殺されるかも・・・』ということも頭をよぎったぐらいですからbearing

皆さんは日常の生活の中で、これに似たような怖い体験をしたことがありますか?できればそんなことはないにこしたことはないのですが、変な人は突然姿を現しますからね。なので、そんな目に会わないように神様に祈るしかないのかもしれませんねbearing

今日は今から6年前の悪夢のお話をさせていただきましたpaper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ミラクルひかる→ものまね(「ミラクルひかる」といえば、やっぱり“ものまね”です。彼女は宇多田ヒカルの他にも数多くのレパートリーを持っている優れ者です。)

|

« 毒針攻撃! | トップページ | 秋はやっぱり“祭り”だね♪ »

コメント

久しぶりブリ!

何年前でしたっけ?猫くんと行きつけのサウナの帰りに、鉄パイプを振り回し、carから降りてきたヤツshock
あれも怖かったですね〜shock

投稿: Hき | 2010年9月11日 (土) 23時57分

Hきさん
あの鉄パイプ事件は、もう10年ぐらい前のことになるんじゃないですか・・・
あの時は本当に怖かったですよねbearing。そして交番は肝心な時には全く役に立たないことが分かりましたよねcoldsweats01

投稿: 猫男爵 | 2010年9月12日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/36681732

この記事へのトラックバック一覧です: 6年前の悪夢・・・:

« 毒針攻撃! | トップページ | 秋はやっぱり“祭り”だね♪ »