« 豪華絢爛! | トップページ | グラウンドが消える時・・・ »

2010年9月27日 (月)

大阪からの葉書。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日仕事を終えて家に帰ると、郵便受けに1枚の葉書が届いていました。パッと見た感じ、あまり印象にないお店の名前が入った葉書でしたが、よ~く見てみるとそれはAゆが6月に行った新婚旅行で買い物をした大阪のセレクトショップからの葉書でした

Aゆにすぐにその葉書を見せると『嬉しい~葉書をくれるなんて~と飛びあがって喜んでいました

大阪からの葉書。

この大阪のお店は「ROCKS」というお店で、洋服や靴、さらには雑貨などを取り揃えたお店で通販も行っているお店です

実は僕たちはこのお店を前もってリサーチして行ったわけではありません。Aゆが旅行前に数多くの服屋さんをリサーチしたのですが、その中にこのお店の名前はなく、ちょうど大阪の街を色々と買い物して歩いている時に偶然見つけたお店なのです

ちょっと時間を巻き戻してその時の事を今、思い出してみますね

2010年6月24日、新婚旅行6日目のことです

その日は道頓堀で昼食に「串揚げ」を食べ、心斎橋周辺を買い物三昧。6月とはいえ、30℃を超す厳しい陽ざしが降り注ぐ中、僕たちは歩いてはコンビニで涼み、また歩いては違うお店で涼みを繰り返していました

そしてAゆがリサーチしていたお店を次々とハシゴして歩きまわっていました。ところが本や雑誌で見て『良さそうだな~』と思ったお店が、実際行ってみると期待はずれのケースが多く、僕らはややテンションを落としながら歩いていました

そして運命の出会いが僕らに訪れたのは、心斎橋を諦めて「アメリカ村」に向かう途中のことでした

『暑いよ~』と、僕らはその暑さにやや嫌気をさしながら「アメリカ村」を目指し歩いていました。するとそこに、一軒の雰囲気の良さそうなお店が目に入ってきました。Aゆはすぐに『ね!ここ入っていい?』と僕に尋ねました。僕はどこでもいいからお店に入って涼みたかったので『良いよ。』と答えました

そして早速お店に入ってみると、Aゆが好きそうなオシャレな洋服がたくさん並んでいました。対応してくれた店員さんは稲葉さんという女性スタッフで、非常に愛想があって感じの良い方でした。話も面白いし、決して無理に品物を勧めるわけでもない、お客の立場から言えば安心して買い物のできる居心地の良い店員さんでした

僕はもうこの段階でかなり買い物に飽きていたので、途中でちょっとお店の外に出たりしながらしていましたが、Aゆはかなりこのお店が気に入ったみたいで、じっくりと品定めをしていました

結局、Aゆはそこでサンダルを購入しました。それは今も超お気に入りで、今年の夏場は大活躍しました。きっと、稲葉さんもそのことを知ったら凄く喜ぶことでしょう

その時、稲葉さんに『どこから来たのですか?』と聞かれ、僕たちは『新婚旅行で北海道から来たんですよ。』と答えると、稲葉さんは『えっー!北海道ですか!初めてですよ北海道から来た方は!今まででうちのお店に来た方で一番遠かったのは名古屋ですよ。凄~い。』と感激していました

その稲葉さんから今日、『こんにちわ。新婚旅行の際に立ち寄っていただいて、ありがとうございました。また、大阪にいらっしゃる際はぜひ遊びに来てください。』と書かれた葉書が届きました

この大阪からの葉書には、夫婦ともども本当に感激しました。たったひとつの偶然が生み出した“出会い”ですが、やっぱり人と人のつながりって大切ですね。たった1度会っただけの「大阪」と「北海道」にいる人間が、こうやって心の中でつながっているんですね

何だか今日は凄く清々しい気持ちになったと同時に、あの暑かった大阪での新婚旅行の日々を思い出しちゃって、懐かしい気持ちに浸ってしまった猫男爵夫婦でした

<今日の連想ものとり> オリンピック→聖火(「オリンピック」といえば「聖火」をつなぎ走る姿と、メインスタジアムにともされるその「聖火」が印象的です。)

|

« 豪華絢爛! | トップページ | グラウンドが消える時・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪からの葉書。:

« 豪華絢爛! | トップページ | グラウンドが消える時・・・ »