« 焼きうどんベイベー♪ | トップページ | 口癖は「失礼!」 »

2010年8月18日 (水)

クワガタハウス。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

「お盆休み」もあっという間に終わり、僕はすっかりいつもの日常の生活に戻りました。若い頃は休み明けの仕事ほど“かったるい”ものはなかったのですが、歳を取ったせいか何だか仕事のある普段の生活リズムの方が楽になっちゃいました

大人には「夏休み」というものが存在しませんが、北海道の子供たちにとっては「夏休み」はあと僅かです。というかもう2学期が始まってるのかな?本州のように8月31日まで夏休みがあるのと違い、短い北海道の夏休みですその分、子供たちはたくさん楽しい思い出を作ろうと、思い思いに楽しい時間を過ごしてたはずです

思い返せば今から二十数年前、僕が小学生だった頃の夏休みの思い出といえば・・・やっぱり「クワガタ」かな

以前、ブログの最後のコーナーである「連想ものとり」で「クワガタハウス」というものをご紹介したと思います。その時『後日詳しくお話します』と言ったことを今日ふと思い出しましたので、今日は僕にとっての夏休みの楽しい思い出のひとつである「クワガタハウス」のことをじっくりとお話したいと思います

僕の住んでいるところは、都会の街並みからは少し離れた田舎街です。町の人口はおよそ1万人ほどで、ビル街とは全く縁がなく、もっぱらまわりは森や林などの緑と、山や川などの自然に囲まれた地域です。

なので、最近こそはすっかり少なくなりましたが、僕が子供頃は夜になれば家の外にちょっと出ただけで街灯の下に、無数の虫たちが集まっていました

もちろん「蛾」や「黄金虫」などの嫌な虫たちもいますが、街灯の下は僕ら子供にとっては宝の山だったのです。そこには色々な種類の「クワガタ」たちが、本当に足の踏み場がないほどいました

僕は夏休みの間、ほぼ毎日近所の友達とクワガタ採集に出かけました。暑くなれば暑くなるほど、その夜は街灯の下にクワガタが集まります

多い日には1人で200匹以上捕まえたこともあります。あまりに多過ぎるので、捕まえたクワガタを入れておく箱は、まるで通勤時の満員電車状態です。なかには、お互いの角を武器に乱闘も勃発しており、家に帰る頃には死んでいるクワガタもいました

その種類も多種で、「ミヤマクワガタ」、「ノコギリクワガタ」、「ヒラタクワガタ」、「バルタン」、「オオクワガタ」などなど、たくさんいました

基本的に僕はメスはキャッチ&リリースです。よっぽど『これは良いメスだ!』と思うものは別として、家に持って帰るのはオスがほとんどでした

家に帰ると、近所の木工場からもらってきた出来立てのオガクズを敷き詰めた、プラッスチックの昆虫を入れるBOXに、採集したクワガタたちを入れます

大きさにすると幅50cm、高さ30cm、奥行き30cmぐらいの、かなり大きめのBOXなんですが、それを僕は通称「クワガタハウス」と呼んでいました

10匹ぐらいが暮らすのであれば快適な「クワガタハウス」も、100匹を超える数のクワガタが同時に暮らせば、それは完全に大家族を超えて、もはや戦場です

地上のあらゆるところではバトルが始まり、オガクズの地中ではみんな寝床を作るのに悪銭苦闘です。

たぶんこのブログを始めた頃ですから2007年の2月頃、「長州ノコよ永遠に・・・」という題目でお話したと思いますが、僕が「クワガタハウス」で育てたクワガタの中で一番カッコよく、そして一番気品のあったクワガタ、それが長州ノコです。「長州ノコ」という名前は、当時小学生に絶大な人気を誇っていたプロレスラー長州力と、ノコギリクワガタをMIXさせて僕が命名しました

本当にこれほどまでに素晴らしいクワガタには、その後一匹も出会ってません。それだけに彼の死は本当にショックだったことを今でも鮮明に憶えています

「クワガタハウス」にはオガクズが敷き詰めてある他に、小さな木にハチミツを塗って数本入れてあったほか、食事用の場所に「スイカ」や「メロン」、「キュウリ」などを餌として置いておきました

クワガタハウス。

今日我が家にもそのクワガタの餌である「スイカ」の食べたあとのものがありました。僕は思わず「クワガタハウス」を思い出してしまいました。もちろん“瓜系”が大の苦手の僕はひと口も食べてませんけどね食べたのはです

実は僕が“瓜系”の中でも「スイカ」と「メロン」を嫌いになったのは、この「クワガタハウス」が理由のひとつなんです

子供の頃は普通に「スイカ」や「メロン」を食べていたのですが、ある日「クワガタハウス」に食べたあとの「スイカ」や「メロン」を入れて、クワガタが速攻に群がる姿を見て『これはクワガタが食べるものなんだ』という、無茶な思い込みが根付いてしまったのです

毎年、夏になり「スイカ」や「メロン」が僕の目の前に登場するたびに、「クワガタ」たちと「クワガタハウス」の残像が僕の脳裏に思い出されてきます

昔は好きな時にいつでも見ることのできたクワガタも、最近はほとんど見ることがなくなりました。地球の生態系が確実に変化している証なのでしょうが、何だかとても寂しい気持ちでいっぱいです

今日は長々と、子供の頃の夏の思い出である「クワガタ」と「クワガタハウス」についてお話させていただきました

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 肉まん→中華街(「肉まん」というよりは「豚まん」という呼び方が正しいのかもしれませんが、中華街で食べる「豚まん」は格別ですね。)

|

« 焼きうどんベイベー♪ | トップページ | 口癖は「失礼!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クワガタハウス。:

« 焼きうどんベイベー♪ | トップページ | 口癖は「失礼!」 »