« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

僕が立ちたかった場所!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日で7月も終わり、いよいよ明日からは僕の大好きな8月がやってきます。僕がなぜ8月が好きか?それは高校球児の夢の舞台である甲子園球場で全国高等学校野球選手権大会が開催されるからです

僕が幼い頃から憧れ夢見ていた甲子園。野球を志すものであれば誰しもが憧れるこの夏の選手権が開かれる季節がくると、僕の中の熱い魂がいつも燃え上がってきます。今年も全国から49の代表校が集まり、8月7日に熱戦の火ぶたが切られるわけですが、今から僕はその瞬間が待ち遠しい限りです

そんな今日、僕はAゆと一緒にプロ野球公式戦「日本ハムVS西武」を観戦しに、帯広の森野球場に行ってきました

プロ野球選手は誰しも、高校野球で汗と青春の時代を過ごした選手ばかりです。この季節になればその「思い出」を思い出す選手もたくさんいることと思います。どんなに月日が経とうが、野球を大好きなプロ野球選手にとっては、いつになっても高校時代の経験というものは貴重な財産として今のプレーの糧になっているのです

僕の住んでいる十勝の高校球児の「甲子園」でもあるこの帯広の森野球場で、プロ野球が開催されることは本当に素晴らしいことだと思います

僕が立ちたかった場所!

試合開始1時間前に、大渋滞の中をかいくぐり僕とAゆは球場に到着しました。僕らの願いが通じ、最高の青空が広がり、既に球場は多くのファンの方で混雑していました

僕がこの球場で野球を観戦するのは、実に17年ぶりのことです。その17年前はと2人で巨人の2軍戦を見にきました。その当時まだ2軍にいた松井秀喜を生で見たことは、今でも僕の脳裏に鮮明に残っています。あの体の大きさ、いかつい顔、そしてダイナミックな打撃、そこには現在の松井秀喜の原点がありました。

それ以来の帯広の森野球場での野球観戦は僕にとっては凄く楽しみにしていたイベントでした。と、同時に今回はAゆが生まれて初めて野球観戦をするということで、今まで野球には全く興味がなかったAゆが『これで野球に興味を持ってくれるといいな~』という、僕の願いが実はあったのです

僕が立ちたかった場所!

僕らが観戦したのは一塁側内野席、しかも前から4列目というかなり選手に近いポジションです

早速、試合前の練習風景に僕は釘付けになりました。ちょうど日本ハムの選手が練習をしており、間近でその練習風景を見ることができました

中でも稲葉はやっぱり格好良かったですね男前でした僕のお目当ての中田翔も元気に動き回っていましたし、森本稀哲はサービス精神旺盛で色々なパフォーマンスでファンを楽しませてくれました

僕がおいている野球観戦のポイントのひとつが、実はこの試合前の練習なんですよね。試合中の緊張感とはまた別の顔が見れるこの練習の時間が、僕は結構好きなんです。自ら今でも朝野球をしている僕にとっては、この練習風景の中に勉強になることがたくさんあります

僕が立ちたかった場所!

午後1時、いよいよプレーボールです

今日の先発投手は日本ハムが武田勝、西武はエースの涌井です。ダルビッシュを見れなかったのは残念でした・・・打者では中田翔がDHでスタメンです!中田の打席が楽しみになってきました!

僕が立ちたかった場所!

楽しい野球観戦に僕とAゆの顔も思わずほころびます。天気が良いので、ビールやコーラが極ウマです

試合は序盤から日本ハムが優位に立ちます。大野のホームランなどで、西武のエース涌井を打ち崩します。その肝心な大野のホームランを僕達は、目の前を歩いていたピンク色の服を着たオヤジに見とれていたせいで見逃してしまうというハプニングもありました

その後も日本ハムは、さらに小谷野のホームランで西武に対して大量リードをし、応援にもさらに熱が入ります

僕が立ちたかった場所!

その熱さと炎天下の暑さを少しクールダウンさせるには、やっぱり「かき氷」ですね「イチゴ」「メロン」をチョイスしました。超美味しかったです

僕が立ちたかった場所!

客席には色々な人がいます。僕らの目の前には、タバコの吸殻をなぜか耳に乗せているオッサンがいました。髪焼けちゃいますよ・・・

その隣りには、ドン小西あるいは10年後は勝新太郎になっちゃう?的な個性的なオッサンも座っていました。完全に自宅で野球を見ているかのごとく、選手に野次を飛ばしたり、オッサントーク全開でした。僕も将来あんな風にならないように気をつけます

途中、僕らの客席近くにファールボールが飛んできました。あまりの弾道の速さに、避けきれなかったおばさんの頭をボールは軽く直撃し、ファールボールの危険性を改めて痛感しました

僕が立ちたかった場所!

さて、試合に戻りましょう

7対1と大きくリードを広げた日本ハムの6回の攻撃で、遂にその瞬間が訪れました僕のお目当て中田翔が豪快に左中間にホームランを打ちこんだのです。ホームランバッターらしい、美しい放物線を描いた打球は中田らしい飛距離十分のパワフルな一撃でした中田最高です

僕が立ちたかった場所!

7回に西武の猛攻を受け、2点差まで追い上げられましたが、その裏に小谷野の今日2本目のホームランも出て、日本ハムが9対6とリードして最終回を迎えました

最終回は武田久が登場し、1点は失ったものの9対7で逃げ切り、日本ハムは帯広2連戦の第1戦を見事に勝利しました。観衆からは大きな拍手と歓声が選手に送られました

僕が立ちたかった場所!

本日のお立ち台は武田勝と小谷野です。インタビューでも、最後の最後までファンを喜ばせてくれて『本当にプロだなあ~』と僕は感心しました

時計の針は午後4時30分になり、僕とAゆは勝利の余韻溢れる球場をあとにしましたが、そのAゆの顔には笑顔が溢れていました

『野球どうだった?楽しかった?』不安そうに尋ねる僕の心配をよそに返ってきた答えは・・・

『超楽しかった!野球って楽しいし、おもしろい!また見にきたいよ~!』その言葉が僕には本当に嬉しかったです

Aゆに“自分の知らない新しい世界を見せてそして楽しんでもらえること”が、今日の野球観戦をした僕の最大の意義だったので、その意味では僕は日本ハムが勝利した以上に大きな喜びでした本当に良かったです。

僕は今、35歳です。幼い頃からプロ野球選手を夢見ていた僕の夢は叶うことなく終わりそうです。本当は今日見ていたグランドの中は、僕が立ちたかった場所でした・・・

もしも僕がプロ野球選手になっていれば、この帯広の森野球場での試合は故郷での凱旋試合になっていたはずです。家族、親戚、多くの友人たちを呼んで、僕の活躍する姿を見せれた場所でした・・・

でも夢は夢のままで終わって良かったと思います。だってもしもそうなっていたら、Aゆと一緒に野球を観戦することなどなかったはずだから

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 立ち読み→漫画(立ち読みしている人の中には漫画を読んでいる人の率が高いような気がします。)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年7月30日 (金)

『12回目の海』~後編~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は先日の「夏キャンプ」の模様を2夜連続でお伝えする『12回目の海』の「後編」をお送りしたいと思います

12回目の海〜後編〜

2010年7月25日、曇り空の中で夜が明け、僕らは三石海浜オートキャンプ場の朝を迎えました

真夜中に降ったもの凄い雨の事も知らず、僕は眠りから覚めた清々しい気持ちで新鮮な空気をたくさん吸いました。目の前に広がる太平洋、その優しい波音が何とも言えない心地良さを与えてくれます

午前7時、続々とみんなも眠りから覚め、朝食の準備に取り掛かります

12回目の海〜後編〜

今回の朝食のメニューは夏らしく「そうめん」にしました

竹筒を使い、本格的に「流しそうめん」をやっちゃう?という案もありましたが、今回はその案は「そうめん」だけに“流れ”て、次回に持ち越しになりました

みんなで食べる「そうめん」は実に美味しかったです。昨晩、あんなにお腹いっぱいに食べたはずなのに、朝になるとやっぱりお腹がペコペコなんですよね。不思議なものですね?えっ?それは僕だけ?よっ!小腹王!(笑)

そんなこんなで楽しい朝食をしていると、時間はあっという間に過ぎ去り、チェックアウトの午前11時が迫ってきました。僕らは大急ぎでテントを撤去し、後片付けをして、荷物をバスに積み込みました

楽しかったキャンプも本当にあっという間に終わってしまいました。今年もまた、太平洋に「お別れ」を言う時が来てしまいました。今年は天候が悪くて、ビーチや海での遊びが全くできませんでした・・・それが僕にすれば唯一の心残りですHことガチの「ビーチフラッグ対決」したかったし、みんなで「ビーチバレー」もしたかったです

来年は海に入ったり、砂浜で遊んだりできるように、素晴らしい天気になることを心から祈ります

12回目の海〜後編〜

キャンプ場をあとにした僕らは、すぐ隣りに隣接する温泉施設「蔵三」に向かいました。目的はもちろん温泉に入ることです。この「蔵三」は入浴もできますし、宿泊もできる施設なので結構好評で、地元意外からも訪れる人がたくさんいるそうです

キャンプで疲れた体を癒す最高の温泉でした超気持ち良かったです

12回目の海〜後編〜

温泉で体を癒したあとは、三石道の駅名物「ソフトクリーム」です。毎年ここに来たら絶対にこれを食べなければ気がすまないくらい、素晴らしく美味しいソフトクリームです

僕の中ではこの三石道の駅のソフトクリームはNO・1かもしれません。皆さんもぜひここに立ち寄ることがあれば、騙されたと思ってこのソフトクリーム食べてくださいね。ちなみに「アメリカンドック」と「フランクフルト」も美味しいです

さて、ソフトクリームでやや胃袋を潤したあとは昼食タイムです。ちょいと食べる順番が逆になっちったかな(笑)

僕らを乗せたバスは一路、新ひだか町へと向かいました。僕らが昼食に選んだお店は、回転寿司店です

みんなで美味しく「お寿司」をたらふく食べちゃいました。何か食べてばっかりですね(笑)でも、これがキャンプというか旅の魅力です。たくさん食べて、たくさん笑って、楽しい思い出をたくさん作ることが一番大切なんです

12回目の海〜後編〜

さあ、お腹をいっぱいにした僕らは一路帯広へと帰ることにしました

帰りのバス内は行きとは違い静寂に包まれていました。キャンプの帰りはいつも疲れが出てみんな眠りの世界へ誘われます

子供たちも遊び疲れてとても気持ちよさそうに眠っていました。それに負けず劣らず僕も爆睡していましたけどね(笑)そんな中、みんなが眠ろうがただひとり運転を続けたHきには本当に感謝です

12回目の海〜後編〜

午後7時、薄暗くなった帯広に僕らは帰ってきました2010年のキャンプも無事に終了しました

今年はHこ一家が参加してくれたおかげで、非常に楽しく充実したキャンプになりました。毎年そうですが、キャンプから帰ってきたその瞬間に『また今から来年が待ち遠しい!』と思えることが非常に重要なんです。今年もその気持ちに即座に襲われた僕、猫男爵です

今から2011年の夏キャンプが楽しみで仕方ありません。ぜひ、皆さんもキャンプというアウトドアの王道を楽しんでみてはいかがですか?キャンプをすればするほど、夏が好きになり、アウトドアの魅力の虜になりますよ

12回目の海〜後編〜

帯広から自宅への帰り道、ナイスタイミングで花火大会を車内から見れましたAゆと2人で目の前で打上げられる色鮮やかな花火たちを見れて本当に幸せでした

12回目の海〜後編〜

午後9時を廻り、ようやく自宅に到着しました。安着祝いに飲んだビールの味が格別な夜でした

さて、2日間に渡りお送りしてきた「キャンプ」の模様ですがいかがでしたか?夏の風物詩でもある「キャンプ」そこには、一言では言い表せないたくさんの魅力が詰まっています。その魅力を肌で感じ、楽しい空間を今年も過ごせたことを僕は本当に嬉しく思います

また来年、今度は「13回目の海」に再会することを約束し、今日はお別れすることにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> コンビニ→立ち読み(僕は本とかにそんなに興味がないのであまりしませんが、コンビニには結構立ち読みしている人がいますよね。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

『12回目の海』~前編~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

暑~い暑~い毎日ですが、皆さんどうお過ごしでしょうか。こうも暑いと、外で「焼肉」、そして「水遊び」なんかしたくなっちゃいますよね。そんな夏らしい2つの組み合わせを同時に叶えてくれるのが、「キャンプ」です!

というわけで、今日と明日は暑い夏にぴったりのイベントであり、24日(土)~25日(日)の2日間に渡り、Aゆと一緒に行って来た「キャンプ」について詳しく、2夜連続でお送りしたいと思いますまずは今日はその「前編」をお送りします

2010年7月24日、キャンプ当日の朝が訪れました。残念ながら天候は小雨交じりのぐずついた天気でしたが、年に1度の一大イベントに僕のテンションは上がりっぱなしでした

僕が代表取締役を務める(株)RCPが主催する恒例の夏キャンプは、早いもので今回で12回目を迎えました。キャンプ好きの僕は毎年、この時期が近づくにつれワクワク感が倍増してしまいます

この「キャンプ」も10年前であれば、15人ぐらいの大人数が集まり、みんなで大騒ぎしながら酒を飲み、朝まで寝ないで楽しんだものです。しかし、歳を重ねるにつれ、みんな結婚をし家族を持ち、やがて子供ができ、なかなか集まることじたいが難しくなってしまいました

ここ数年は僕と専務のHきとAゆという、3人の主力メンバーのみになるということもしばしばでした。でも僕は「3人だろうが、2人になろうがキャンプをやめるつもりは一切ありません!」だって、夏にキャンプに行かなければ僕を待っているが泣いてしまうからです・・・

さて、熱いキャンプへの想いはこのへんにしておき、今年も僕たちは『12回目の海』に再会するために、三石海浜オートキャンプ場へと向かうことにしました。そして今回、出発を前に僕らのもとに吉報が届きましたその吉報とはHこ一家がキャンプに参加できるという嬉しい知らせでした

そんなわけで今回のキャンプのメンバーは、Hき(専務)、Aゆ(社長夫人)、Hこ(業務提携会社社長)、Rえ(業務提携会社社長夫人)、Wく(ご長男)、Yざん(ご次男)、そして猫男爵(社長)の大人5名と子供2名です。遂に12回目にして初めて、RCPのキャンプに子供が参加してくれました。これは非常に嬉しいことです。

12回目の海〜前編〜

今回もバスを仕立ててのキャンプです。運転手はもちろん我がRCPが誇る名ドライバーHきです。彼の運転好きのおかげで、バスに揺られての楽しい旅をいつも楽しめるわけです。バスなので荷物は積み放題です結構な量の荷物を持参しても全く平気です

12回目の海〜前編〜

午前10時、僕らを乗せたバスは帯広を出発し高速道路をひた走ります。幸福で高速を降りて一般道に乗り換えたのち、天馬街道を通過しキャンプ場を目指します

バスの中では、Wくがたくさん「なぞなぞ」を出してくれて盛り上げてくれましたし、マイクを使った「モノマネ大会」も開催されたりと、とても楽しい時間を過ごせました

12回目の海〜前編〜

午後1時を過ぎた頃にようやく浦河町に着き、僕の目に1年ぶりに「太平洋」が映りました夏を愛し、海を愛する僕にとって、この海と再会する瞬間は何ともいえない熱いものがこみあげてくる瞬間です。青い空が見えないのは少し寂しいですが、波も適度に荒れており、自称サーファーの僕の魂にも火がつき始めたのも確かです。(まあ結局は波乗りはしませんでした・・・というかできないんですけどね

僕らは一旦キャンプ場を通り越し、新ひだか町(旧静内)に行き、買い出しをしてから再びキャンプ場へ向かいました

12回目の海〜前編〜

午後3時を過ぎ、キャンプ場に無事に到着した僕らはまずテントを設営し、夕食の準備にとりかかりました。1年ぶりの三石の空気は僕らを優しく包みこんでくれました

このテントを設営している時間が何とも言えないんですよね。『あ~あ、今年もキャンプに来たな~』と思わずニヤっとしてしまいます

テント設営が完了し、夕食の準備にとりかかろうした時に、急に猛烈なスコールが僕らを襲いました・・・せっかくこれから夕食だというのに、これはまさかあの「雨男」のせい?みんなの目が彼に向かいました

晴れ男(Hこ)、晴れ女(Aゆ、Rえ)、夏男(猫男爵)雨男(Hき)

まさかの不等式の成立です4人の力を持ってしても、たったひとりの「雨男」に勝てないとは・・・

しかし待つこと数十分で雨はあがり、ようやく夕食のスタートです

12回目の海〜前編〜

今回のキャンプも「N家精肉店」のお肉を美味しくいただきました。いつ食べても本当に超美味しいんですよね~いつもいつもありがとうございます

少し薄暗くなってきたキャンプ場で、波の音を聞きながらビールを飲み、焼肉を食べる。これ以上の幸せな時間が他にあるでしょうか!本当にこんな時間をみんなで共有できる僕達は幸せ者です

12回目の海〜前編〜

お肉の他にも、僕の大好きな「フランクフルト」に「丸天」、さらには「魚介類」や「野菜」など、お腹いっぱいにみんなたらふく食べました

12回目の海〜前編〜

夕食後に少し小腹がすけば、このポテチが待っています。しかしこのポテチは普通のポテチとはちょっと違います横の缶ビールと比べてもらえば一目瞭然。このビッグサイズには驚きですこれはHこが「コストコ」で購入してきたものです

夕食を終え、辺りはすっかり暗くなり時計の針は午後8時を廻りました。僕らは恒例の「花火大会」を開催することにしました

12回目の海〜前編〜

実はこの三石キャンプ場は、周辺が馬産地ということもあり、花火の音で馬たちが驚いてしまうので、打ち上げ花火が禁止となっております。よって手持ち花火のみで楽しむわけですが、それがかえって子供たちには良かったかもしれません

みんな思いの思いの花火を手に持ち、鮮やかな採光を放つ花火で楽しみました。特にWくとYざんの2人はとても楽しんでいました。きっと2人にとっては非常に楽しい夏の思い出になったのではないでしょうか

午後9時を過ぎ、子供達が寝静まったあとは、いよいよ大人の時間です。ここで、僕らRCPレーシングのカート仲間であり、三石在住の「マリオ&ルイージ」というカートチームのドライバーであるルイージが、家も近いという事もありキャンプに遊びにきてくれました

カートで知り合った縁がきっかけで、一緒にキャンプで楽しい時間を過ごせるなんて、実に素晴らしいことですよね

12回目の海〜前編〜

そしていよいよ、キャンプのメインイベントと言っても過言ではないこの名物企画の時間がやってきましたご存知「尚Pスペシャル」の時間です

今回の尚Pの題名は「打倒!紳助!26時間テレビをぶっ飛ばせ!もしかしたらマツコ・デラックス来ちゃうかも!愛はキャンプを救う!尚Pスペシャル、クイズ王をプロデュース!」です。

この企画は様々なクイズをやりながら真のクイズ王を決定しようという、RCPキャンプには欠かせない企画で、キャンプが開催される1ヶ月ぐらい前から僕が、試行錯誤しながら練りに練って問題を出題するという方式になっております

今回初参加のHこ、Rえ、そして特別ゲストのルイージも参加し、大盛況の中で企画は行われました

途中、司会者(僕)が何者かに狙撃され、胸から出血したり、Hきがうさぎ跳びのやりすぎで足を痛めたりと、色々なハプニングにも見舞われましたが、尚P史上に残る大激戦の結果、優勝に輝いたのはHこでした!

2位には同ポイントでAゆとRえが並びました、何と1位のHことの差は僅か10ポイントという本当に歴史に残る大接戦でした。最下位はHき&ルイージチームでした。

尚P終了後は「宝探しゲーム」でもうひと盛り上がりし、ルイージが帰ったのち、少しの談笑の時間をしているうちに、気がつけば時計の針は午前2時になっていました

楽しい時間というものは本当にあっという間に過ぎていくものです。僕らは就寝の準備を整え、キャンプ第1日目を終えることにしました

眠りに就いた僕の耳には、太平洋の海たちの優しい波音がまるで“子守唄”のように耳元で響いてました・・・

この続きは「後編」でお楽しみください

やっぱりキャンプは最高です「夏」そして「海」、こんな最高のシチュエーションを体験できることに幸せを感じぜずにはいられません

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> カップラーメン→コンビニ(コンビニに入ると、なぜかカップラーメンのコーナーで立ち止まっている人をよく見かけます。結構色々な種類があるし、新発売のものもあるので、その気持ち凄くわかります。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

『あばれ雲』と『猫の逃げ足』

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

先日発表された第36回「シャレ山紀信賞」、既に皆さんご存知だとは思いますが、これは日本写真史に燦然とその名を残す名写真家、シャレ山紀信さん主催の日本を代表する写真作品賞であり、その年を代表する作品に贈られる賞です

今日は見事にその賞に輝いた、昼萬田俺之助(ひるまんだおらのすけ)さんの作品、『あばれ雲』『猫の逃げ足』という作品をご紹介したいと思います

『雲と猫』。

一つ目の作品、『あばれ雲』です

雲は様々な顔を持ちます。中でも「夏の雲」は群を抜いてその姿が際立ちます。この作品は西の空に沈みを見せる太陽を見ている時に、その太陽に向かい長く手を伸ばすように連なった雲の姿です。その姿はまるで暴れまくる「龍」のように見えたと、彼は述べています。

夏ならではの独特の雲の形状が、この写真にはよく表現されています。雲には人間と同じように、ひとつとして同じ顔がありません。それが雲の特徴でもありますが、自由に空を動き回ることのできる雲を、時に僕は羨ましくも思います

それでは続いての作品です

『雲と猫』。

この写真の題名は『猫の逃げ足』です

少しシャッターを切るのが遅れたのですが、それがかえって奇跡の写真を生みだしました。猫がちょうど走り去ろうするその最後の瞬間が、見事に描写されています。少しわかりずらいかもしれませんが、猫が少し段差のあるところを前足から降りています

後ろ足の2本で地面を踏み切ろうとする瞬間がまさにこの瞬間です。白と黒のぶち模様は猫というよりもまさに「小さい牛」です

猫の脚力を証明するかのようなこの写真には、関係各位から称賛の声があがっています

さあ、いかがでしたか?

この2作品が今年の「シャレ山紀信賞」です。ふとした日常生活に眠る奇跡の1枚、人はそれを時に「ミラクル」と呼びます。それにはまだまだ程遠いですが、彼はそんな瞬間を今もまだ追い求めていることでしょう

今日は写真家、昼萬田俺之助さんの写真2枚をご紹介しました

尚、今日登場した人物、場所、名称等は全てフィクションであり実在するものではありません。あくまでも猫男爵本人の妄想あるいは空想に寄るものですので、ご了承ください

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 3分間→カップラーメン(3分間と言えば、カップラーメンの出来上がりの時間です。最近は1分とか2分とか時間が短めのものもあります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

写真だけのデビュー戦!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

7月も早いものであと少しで終わりです8月になればすぐに「お盆」が来て、北海道の短い夏はあっという間に終焉を迎え、そして収穫の秋へと季節は移っていきます。

さて、そんな今日は週に1度のミニバレーの日でした。今日のメンバーはMみちゃんMきちゃん、そして猫男爵合計3名でした

夏休みに突入したこともあり、体育館はいつもよりも子供率が高く、家族で運動をしながら汗を流している光景も目に付きました

まあまま混んでいる中、今日は運良くコートが取れ、僕とMみちゃんの2人でみんなが来るのを待っていました。体育館の中は、異様なほど蒸し暑く、座っているだけでもその暑さは応えました・・・

間もなくしてMきちゃんが来ました。これで3人「これから続々とみんな来るだろうな~」と祈りつつも、ただ時間だけが過ぎていきます

「Mr.皆勤賞」こと、頼みの綱のHこも今日は仕事で21時過ぎでなければ来れないということで、かなり“撤退”の匂いが漂い始めました。しかし、そこで簡単に諦めるわけにはいきません

僕らは3人でミニバレーをしながら楽しみました。ただでさえ、蒸し暑い体育館の中で3人だけで動けば自然と汗が染み出てきます。短い時間でしたが結構しんどかったです。

そんな僕らを尻目に、隣りではメーテル軍団がミニバレーをしていました。今日のメンバーは久々復活の所さん部長良い押尾学普通ノッポ詐欺師黄色タオルグレーガールコテさんの8名でした

所さんと少し話す時間があったのですが、所さんは仕事が忙しくて実に1年ぶりぐらいのミニバレーだそうです。

さて、僕らはHこが来る21時までどうしようかと考えていましたが、僕はある人物に電話をしてミニバレーに誘いました。そしてその人物は『ミニバレーに来る』ということで、これで4人で何とかミニバレーできるということで、ひと安心していました

遂に満を持してミニバレーに登場したのは、僕の友人Hきです

しかし、Hきが登場するかしないかというタイミングで、Mきちゃんが急用ができて帰ることに・・・仕方なく僕らが下した決断は勇気ある撤退です。Hきにプレーさせることなく、今日は撤退するべきだと僕が判断しました(笑)

でも、Hきの希望で少しだけ(約3分間)ミニバレーをしました。しかし、実質ほぼ今日はプレーしないに等しかったHきです。

写真だけのデビュー戦!

というわけで、Hきのデビュー戦は最後の写真だけのデビュー戦ということになりました

Hきには来週もミニバレーをやめる5分前に来るようにだけ伝えておきましたが、MVDのみんなはぜひ体育館へ足を運んでくださいね。暑い夏は、動いて汗をかくのも楽しいものですよ

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ウルトラマン→3分間(ウルトラマンといえば、地球上にいれる時間は3分間です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

形あるもの、いつかは壊れる。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は夏の太陽が戻ってきましたね。なぜ、この暑さが土日に行ってきたキャンプの時に訪れなかったか・・・本当に残念で仕方ありませんが、それはそれとしてキャンプじたいは凄く楽しいキャンプでしたので、何も言うことはありません

昨日はキャンプから帰り、たくさんの荷物たちを車から降ろして片付け、あっという間に夜も更けてしまいすぐに眠りの世界に誘われてしまいました

楽しい事ってあっという間に時間が過ぎるものですよね。今朝は本当に気だるいというか、仕事に行くのが超面倒くさい感じの寝起きでした

でも仕事を休むわけにはいきません夏休みに突入した子供が羨ましいです。僕はガキの頃から夏休みが大好きでしたので。そんなことはいつまでも言ってられないので、キャンプのことは忘れ、気持ちを切り替え仕事モードにスタートです

今日の仕事中、車で現場に向かう途中にとある光景を目にしました。それは、2年前まで僕の職場が事務所として使っていた建物取り壊されている光景でした・・・

今から13年前の1997年春、当時就活中の大学4年生の僕が採用試験のために訪れたのが今現在務めている会社なのですが、その時訪れたのが今日取り壊されていた建物です

今でもその時の試験や面接の光景は鮮明に脳裏に蘇ります。そして試験の結果、採用の通知をいただき晴れて社会人1年生としてのスタートを切ったのも、その建物なのです

それから事務所が移転した2年前まで、通算にして12年間お世話になった場所なので取り壊されているのを見ると、思わず近くに車を止めてその場でしばらく見入ってしまいました

やっぱり自分にしてみれば思い入れというか愛着がある場所でしたし、良い思い出、悪い思い出を含めて、色々な出来事があった場所です

初めてお給料を手渡しでいただいた場所、初めて自分で仕事をして上司に褒められた場所、逆に初めて怒られた場所、初めてトラブルに対応した場所、春夏秋冬その季節季節に様々なことがあった12年間分の思い出が詰まった場所でした

「形あるもの、いつかは壊れる。」これは物質である以上、避けることのできないことです。でも、いざその場面を目の当たりにすると少し切なく寂しくなります

今日は真夏の陽ざしが降り注ぐ暑い一日だというのに、ちょっと切ない気持ちになった猫男爵でした

でも、今日の夕食は僕の大好きなカレーライスだったので、超テンションが上がりましたAゆの作ったカレーライスは世界一です

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> バルタン→ウルトラマン(悪役なのにヒーロー的な存在だった「バルタン星人」はウルトラマンシリーズには欠かせない存在でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

アウトドアの素晴らしさ。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日と今日の2日間に渡り、僕はAゆとともに毎年恒例の夏キャンプに行ってきました

僕が代表取締役を務める株式会社RCP(ラリーコーポレーション=架空会社)主催のキャンプも今年で12回目を迎えました

今回は僕とAゆ、そして専務取締役のHきはもちろんのこと、Hこ家(HこRえWくYざん)という心強いメンバーに参加いただき、楽しく愉快に開催することができました

今回も雨男(Hき)のおかげで、何度なく雨中でのキャンプになってしまいましたが、それでもみんなで協力しながら準備をして、そしれ夕食を食べながらビールを飲み、夜遅くまで談笑しながら、楽しいキャンプを過ごせました

今年も僕らのホームグランドともいえる「三石海浜公園オートキャンプ場」へ行ってきたわけですが、小事件やハプニングに見舞われることもなく、無事に帰ってくることができました

天候が悪かったため、海を間近で見たり、泳いでみたり、浜辺でビーチバレーやビーチフラッグなどをして遊ぶことは残念ながらできませんでしたが、「花火」や「クイズ大会」、「宝探し」などのイベントで盛り上がることができました

キャンプに代表されるアウトドアの良いところは、普段の日常生活から離れ、自然の匂いやパワーをたくさん浴びて、心をクリアにしながら楽しい時を過ごすことができるところです

家族や友人あるいは大人数で、大自然の中で寝起きをすることは、人間にとっては心を浄化するためには絶対に必要なことですアウトドアの素晴らしさがそこにあると僕は思っています

そこで作られた“思い出”というものは一生消えることはありませんし、そこから得るものはたくさんあります

皆さんの中にもキャンプが好きな方もたくさんおられると思いますが、今年のキャンプはいかがでしたか?そしてこれからキャンプに行くという方もいるかと思いますが、今年はどんなキャンプにしようと思っていますか?いずれにしても、夏の風物詩のひとつでもあるキャンプを満喫してください

僕は楽しすぎたのか、帰ってきてから疲れが出て、今かろうじてブログを更新しています。でも何に疲れたのかな・・・食べ疲れかな?(笑)

このキャンプの模様については、後日写真入りで詳しくご紹介いたしますので、楽しみにしていてくださいね。今日はちょっともう眠いので、ここで寝ることにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> クワガタ→バルタン(クワガタの数ある種類の中で、僕が結構興味があるのが「バルタン」という種類です。ご存知「バルタン星人」のように、ギザギザのノコを持つクワガタです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

地球は広し!

おはようにゃ~ 北の猫男爵です

毎日暑い日が続く今日この頃ですが、今日はあいにくの天候ですね・・・でも僕らには年に一度のキャンプという楽しみが今日訪れます

こんな天気でも、僕らの念力で雨雲を吹き飛ばしてやりますというわけで、これから三石オートキャンプ場へ出発してきます。キャンプについては後日、このブログでもご紹介しますのでどうぞ楽しみにしていてくださいね

さて話を「暑さ」に戻しますが、ここ数日の日本では岐阜県や群馬県などの内陸部を中心に、「39℃」という「40℃」にせまる高温が続いています

ちょうど3年前の夏のことを皆さんは憶えていますか?確か埼玉県の熊谷市だったと思いますが「40℃」を記録しましたよね。今回のその暑さはそれに近い猛暑と言えそうです。もしかしたら今年の夏は「41℃」とか「42℃」という、信じられない記録的な暑さも見られるのかもしれませんね

「暑い」のは良いですが、「暑すぎる」のはちょっとしんどいですよね。皆さんもくれぐれも、水分補給などをマメにして熱中症などにならないように気をつけてくださいね

地球は広し!

そして今日は僕のコレクションである地球儀が活躍する場面が来ました

僕が指をさしているのは南米大陸です。なぜここを指しているのでしょう?

4年後のW杯開催地がブラジルだから?僕の好きなサッカーの国がアルゼンチンだから?僕が行ってみたい場所がマチュピチュのあるペルーだから?

どれも全て不正解です。なぜ南米大陸を指さしているのか?その答えは

地球は広し!

今、南米大陸を襲っているのが猛烈な寒波だからです

僕らの住んでいる北半球では今、季節が「夏」なので猛烈な暑さに襲われていますが、その反対に南半球に位置する南米大陸では今、季節は「冬」で猛烈な寒さが人々を苦しめています

地球は広し!

アルゼンチンでは寒気により気温が-14℃まで低下し、33人の死者が出ているそうです。

パラグアイでは、9人が低体温症で死亡・・・農業機関によると、北部を中心に1000頭の牛が寒さのために死亡したと見られています

ボリビアでは通常、気温が20℃以下に下がることがない熱帯地域でも0度近くまで下がり、少なくとも4人が凍死したと伝えられています。

チリでは、普段は雪など降ることのない地域でも大雪になっているそうです。

地球は広し!

僕らの住んでいる日本のように「40℃」近い猛暑で苦しんでいるところもあれば、一方で記録的な寒波に見舞われ苦しんでいる地域もある・・・まさに地球は広しですね

“暑過ぎる”のは嫌ですが、“寒過ぎる”のも嫌なものですよね。人間はその住んでいる場所で、その環境に合わせて生活をすることができる生き物ですが、その限度を超えてしまうとさすがに体も反応しきれないですよね

今日は改めて地球の広さを感じさせられた猫男爵でした。また別の場面で、僕のコレクションの地球儀が登場する日をお楽しみに(笑)

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 街灯→クワガタ(昔、僕がガキの頃は街灯の下にクワガタがたくさん集まってきていて、夏休みともなれば夜遅くまで友達とクワガタ獲りに夢中になっていました。MAXの時は1日で200匹以上も捕まえたことがあり、その後の僕の家のクワガタハウスは寿司詰め状態でした。このクワガタハウスについては、何か懐かしくなったので、後日ブログで詳しくお話しますね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

騒音の主は・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今朝起きて、いつものようにAゆと一緒に朝食をとっていると、何やらもの凄い騒音が窓の外から聞こえてきました

『何だ、このうるささは!』

あまりの騒音に僕とAゆは思わず顔を見合わせました。そして窓の外を確認してみると、そこにいたその騒音の主は・・・

騒音の主は…

僕のアパートの窓にへばり付いている1匹の“セミ”でした

今朝は朝からもの凄い暑さで、窓は網戸にして全開だったために、その網戸の目の前の壁に張り付いている“セミ”の鳴き声は、もろに家中に響き渡り、僕らは思わず耳を塞ぎました

『うるせ~よ!!』そんな文句を言ったところで、セミが鳴き止むわけがありません。僕らを挑発するかのごとく、セミはさらにそのボリュームを上げていきました。そのうるささたるや、騒音検知器があれば測定したいくらいでした

僕らはやむを得ず、窓を閉めて暑さを我慢することにしました・・・何かセミに負けたような感じで嫌でしたが、そんなことよりも何よりもあの騒音には耐えられませんでした

すると間もなくして、セミはまるで自分の勝利を確信したかのごとく、飛んで去っていきました。「どこかに行って仲間を呼んで、また戻ってきたらどうしよう・・・」という不安もありましたが、何とか僕らの前から立ち去ってくれました

というわけで今日は朝からセミとの熱きバトルが繰り広げられました

<時間無制限異種我慢試合>

○セミVS猫男爵&Aゆ×

3分22秒 騒音鼓膜破りによるギブアップ

セミの声を聞くと『夏だな~』という感じになりますが、あまり至近距離では聞きたくないものですよね。かなりウザいものがあります。皆さんもセミの騒音にはくれぐれもご注意を

騒音の主は…

今日は朝の暑さが夜まで続くなかなか蒸し暑い一日でしたが、夕方には一時的にスコールがきました。これも夏特有の光景ですよね

畑の向こうに緑が見え、さらにその向こうには日高の山なみ、そしてその上空には夏らしい雨雲たち夏らしい景色が今日も僕の目にはしっかりと映っていました

今が「夏」であるということを、しっかり感じた今日一日でした

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 夜道→街灯(暗い夜道を照らしてくれるのが街灯です。この灯りが歩行者や運転する者を助けてくれるんです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

第2代“村長”誕生。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日はすっきりしない天気でしたね。7月といえば“暑い”というイメージですが、ここ数年の7月って意外とこういう“ぐずついた天候”が割と多いですよね。6月が猛烈に暑くて、7月は寒く、8月のお盆過ぎにまた猛烈に暑くなる、そんな天気のバイオリズムがあるようにも思えます

ただ、天気は予想を裏切ることもありますので、今週末のキャンプの時には天気予報を裏切る天気を期待します

さて話は変わり、5年目に突入した我が男爵村ですが、春に蒔いた農作物たちが順調に育ってきました

第2代“村長”誕生。

3種類の「芋」たちは、それぞれキイレな花を咲かせ、これから訪れる収穫時期に向けて栄養をたくさん蓄えています。早い品種で8月下旬、遅くても9月中旬の収穫を予定しています。今年も取れたての新ジャガをホクホクしながら食べるのが楽しみで仕方ありません

第2代“村長”誕生。

近くで見ると本当にキレイですよね。春までは何もなかったこの土地に、芽がいぶき、そしてすくすくと育ち花を咲かせ、やがてたくさんの実りを見せる、自然は何とも素晴らしいものですね

第2代“村長”誕生。

「豆類」も順調に育っています。男爵村の作況は十勝の畑作同様に、好調のようです

第2代“村長”誕生。

こちらは男爵村期待の星☆の「アスパラ」です。来年は植え付けから3年目を向かえ、ようやく収穫の時がやってきそうです。なかなかの立派なアスパラになりそうな予感です。

第2代“村長”誕生。

男爵村から一歩離れ、隣接している「果実園」に行くと、今年も「グミ」がたわわに生っていました。この他にも「アンズ」や「山リンゴ」も徐々に実を大きくしており、こちらの収穫も楽しみです

こうやって振り返ってみると、人間は多くの緑や自然、そして大地の恵みに囲まれながら生活しているんですね。人が生きていくのと同じように、自然も僕らの世界で強くたくましく生きていることを改めて痛感しました

早いもので、僕の愛犬「キョウボウ」が亡くなってから3週間が経ちました・・・今でも思い出すと悲しくなる時がありますが、キョウボウの分も僕は強くたくましく生きていかなければなりません

キョウボウといえば、この男爵村の村長を務めていました。『村長を失った村の存続はどうなるのですか?』という問い合わせが多数ありましたが、ようやく新しい村長が就任しましたので、ご紹介しましょう

第2代“村長”誕生。

男爵村第2代村長「アライ」です。初代村長に負けないように、その優しい眼で村のことを守ってくれています

これで男爵村の未来も安泰です。これからは「アライ」ともども宜しくお願い致します。男爵村の様子は、今後また機会を見つけ紹介したいと思います

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> キツネ→夜道(北海道の夜道ではキツネをよく見かけます。車のライトを見つけても逃げないので、ドライバーにとっては大変迷惑しています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

食の誘惑♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は実に過ごしやすい一日でしたね。昨日の気温が異常に高かったせいか、26~27℃あっても若干寒く感じたのは僕だけでしょうか?これから徐々に天候が崩れるみたいなので、皆さんも体調管理には十分気をつけましょうね

ここ最近、少し太りぎみなので今日の夕食は少し質素にしよう!と思っていたのですが・・・今日は誘惑に負けて、あるものを食べに出かけてしまいました

そのあるものとは・・・

食の誘惑♪

僕の大好物のひとつ、シースーです

数多くある寿司ネタの中で、今僕のイチオシは「牛トロ」です。最初は「牛トロなんて美味しいのかよ?何でも寿司にすればいいと思って!」と僕はそう思っていたのですが、これが思いっきりハマってしまっています

現在の僕好きなネタランキングは、第位「牛トロ」、第位「本マグロ中トロ」、第位「炙りエンガワ」です

食の誘惑♪

結局今日も、Aゆの前には膨大な量の皿が積み上げられました。本日の成績は25皿でした。やっぱり日本の心、「お寿司」は素晴らしいです

どうしてもこの食の誘惑には勝てそうにありません。だって美味しいものを食べる事を我慢するのって辛いっす

今日はお腹を満腹にしたので、明日からこそは減量作戦を実行します

食の誘惑♪

ところで、上の写真は今日お食事に行った某お寿司店で飲んだ「ホワイトウォーター」ですが、これが激ウマでして、Aゆはこれを2杯飲み干しました。僕も1杯飲みましたが、調子が良ければバスタブに満杯分ぐらいは飲めそうな美味しさです

皆さんも食の誘惑につい負けてしまうことがあると思いますが、そういう時はいさぎよく負けを認め、ガッツリ食べてやるに限ります。変に我慢することは、かえって体によくありませんから(笑)。まあ、時には我慢する事も必要ですけどね

明日からは1週間の後半戦のスタートです!暑さや忙しさなど大変でしょうが、夏バテにならないように気をつけてお仕事頑張りましょう

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 影絵→キツネ(影絵でよくやるのが「キツネ」です。結構動物ものが影絵作りやすいですよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れよ!今週末!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

『今日も暑いですね~』、もうこの言葉を聞き飽きた方も結構いることでしょう。連日のこの暑さ、さすがに体にこたえますね・・・できることなら、すぐにでもプールに飛び込みたい気分です

しかし明日はこの暑さも若干おさまり、気温も25度前後で落ち着きそうです。天気も下り坂になり、天気予報では明日の夜から雨マークが続いています

でもそれでは困るんですなぜかというと、今週末は年に1度の楽しみ、(株)RCP主催のキャンプが待っているからです。キャンプに雨は実に寂しいものです・・・絶対にそれだけは回避しなければならないのですが、いかんせん相手は自然・・・どうすることもできません

キャンプが近づいてきたので、今僕はキャンプの準備で非常に忙しい日々を送っています。なんせ僕らのキャンプは色々なイベント事が待っているので(笑)

でも一番楽しいのは、実はこの準備をしている時間なんですよね。『これをしたらみんな楽しいだろうな~』とか、勝手に妄想しながら作業を進めている時が一番ワクワクします

手前味噌ですが、「企画力」と「完成度」にはかなりの自身があるのが我が社の特徴です。会社のコンセプトが「時代をプロデュースする未来型企画会社」というだけあって、時代に即した様々な企画を提案しかつ実行するのが、我が社の最大の長所でもあります

今年で12回目を迎え、キャンプ分野ではある程度の歴史を築きあげてきましたが、今年はいったいどんなキャンプになるのか、今からというか1ヶ月ぐらい前から楽しみでドキドキしています

今回もバスを1台仕立てて、三石オートキャンプ場に1年ぶりに再会をしてきます。僕の“心の源”である海、「太平洋」に会える喜びと、キャンプの醍醐味である「自然とのふれあい」に、本当に心からワクワク感を強く感じています

あとは、問題の天候です。快晴とは言いません、何とか雨だけは降らないでほしいところです。今回のキャンプにも「晴れ女」「晴れ男」がいますし、何と言っても夏男現役日本代表がいますから、きっと大丈夫だとは思います

年に1度の祭典の成功のためにも、晴れよ!今週末!と僕は毎日祈っています

ちなみに今日は週に一度のミニバレーの日でしたが、今日は体育館は祭日翌日の火曜日ということで休館日でした。今日はそれを知らずに行ったので、空振りに終わってしまいました・・・来週こそは清々しい汗をかきたいです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 人影→影絵(人影を見ると、影絵を思い出します。動物の形などを指で作って遊ぶの楽しいですよね。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

魅惑のフルコース♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は「海の日」でした。「海の日」にふさわしい素晴らしく暑い一日でした。そろそろ僕の大好きな熱帯夜が訪れてきそうですね。あの寝苦しさがたまらないんです

今日から、マツジュン主演の「月9」が始まりましたね。結構楽しいストーリーじゃないですか僕は結構好きです。竹内結子は相変わらず可愛いですね。ちょっと小生意気で明るい性格の役はいつもハマり役です。僕の好きなドラマ「ランチの女王」を思い出します。マツジュンとの恋も今後楽しみですね。

さて話はちょうど1ヶ月前にさかのぼり、僕は新婚旅行でとあるところにお食事に行きました。そこはAゆがテレビで調べてくれたお店で、京都の上七軒にある「萬春」というお店です

何日か前のブログ「食いしん坊、関西」で第位にランキングしたこのお店は、Aゆのランキングでは第位だったお店なんです

このお店では普段なかなか口にすることのできない、魅惑のフルコースを味わうことができました。本当に今でも思い出しただけでも、よだれが・・・

旅行中のブログでも、この「萬春」については帰ったあとに特集を組みますと約束していましたので、今日は1ヶ月前の約束通り「萬春」の素敵なディナーをご紹介し、僕もその美味しき味たちを思い返してみたいと思います

魅惑のフルコース♪

6月20日夕方、僕らは夕食を食べるために「萬春」に到着しました。前もって予約をしておいたので、安心して僕らは店内に入りました

このお店は舞妓さんがよく訪れることもで知られ、店内はとても落ち着いた雰囲気でした。僕らはカウンター席に案内され座ることに

まずはこのお店の店主である女性が僕らのところに来て、ご挨拶をしていただきました。非常に気配りのできる店主と女性店員のおもてなしが非常に印象的で、心地良かったです

魅惑のフルコース♪

まずは「季節風マリネ」からいただきました。前菜らしく、滑らかな口触りが何とも言えませんでした。これを食べた瞬間から、僕らはこの後できくるメニューへの期待感でいっぱいになりました

魅惑のフルコース♪

そして、その僕らの期待を遥かにしのぐメニューが僕らの前に登場しました

これが「パリソワーズ」です。「ビシソワーズ」が2層になっており、2つの違う味を味わうことができるこのメニューは本当に本当に超美味しかったですこの味を抜くのはちょっと至難の業かもしれません

そして写真にはありませんが、「エビ貝柱カクテル」も美味しかったです

魅惑のフルコース♪

これは「舌平目のムニエル」です

これがまた絶品です。これが魚なの?というくらいの柔らかさと、味が十分に染み渡ったそのムニエルには思わず昇天してしまいました

僕らの周りの席には3組ほどの客人たちがいましたが、僕らの隣りにいた夫婦は茨城県から来たそうで、僕らが北海道から来たということをお話するとビックリしていました。

店主の方も、僕らが北海道から来たことを知ると、色々と京都のことを教えていただきました。本当に優しく気配りのできる素敵な方でした。

魅惑のフルコース♪

さあ、そして最後はお待ちかねの「フォアグラステーキ」で締めです

見ただけでも、よだれが出てきちゃいますね。ナイフでひと口大に切り、いざお口に!!入れた瞬間に溶けてなくなっちゃいましたこれは大げさでも何でもなく、本当です

こんな感覚は生まれて初めてです。僕は超感動でした!

ここでの数時間のお食事のことは、僕は一生忘れことはできません!本当に魅惑のフルコースでした

皆さんも、もし京都に行く際にはぜひここには行ってほしいです。絶対に超オススメです

最後の1枚の写真は、僕らが遠路遥々北海道から来たという事で、舞妓さんの名前の入った“うちわ”を店主からいただきました。本当にありがとうございました。

旅の思い出は一生ものです!素敵な旅に、そして多くの素敵な人々に出会えたことに感謝します。1ヶ月経った今でも頭から離れないのが、その旅が素晴らしかったことの証です。またいつの日か、Aゆと2人で「萬春」を訪れてみたいです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> スクリーン→人影(映画館では時々、スクリーンに映写機の前を横切った人影が写ることがあります。)

魅惑のフルコース♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

本当の“泥遊び”!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日も暑かったですね~この暑さは全国的なもので、今日は全国各地で猛暑日を超す気温のところも数多く見られました。「猛暑日」という言葉を聞くと、いよいよ夏本番を感じます

そんな暑い夏の日にぴったりの遊びが、滋賀県は近江八幡市で行われたというニュースを今日はお伝えします

子供から大人まで集まった数は総勢130人。その集まった場所は何と田んぼです。その田んぼで何をしたかと申しますと、「ドッジボール」です

想像してみてください。ぬかるむ田んぼの中でのドッジボール。想像しただけでも楽しそうじゃないですか。泥んこになって大人も子供も夢中に遊ぶ、何と素晴らしいんでしょう

この「泥んこドッジボール大会」は、子供達に田んぼや地域との関わりを学んでもらいたいと、2005年から始まったそうですが、参加者は『気持ち悪いけど楽しい!』などと話し、水が張られた田んぼの特設コートで足を取られながらも懸命にボールを追いかけ、泥だらけの休日を楽しんだそうです

僕らでいう“泥遊び”とは、お酒を飲んで泥酔する“泥遊び”のことなんですが、こっちの“泥遊び”も本当に楽しそうですよね

僕は小学生の頃はドッジボールが大好きでした。体育の時間あるいは休み時間問わず、ほぼ毎日と言っていいほどドッジボールをしていた記憶があります

僕は外野よりも内野が好きでした。内野で最後まで生き残るのが好きで、いつも敵が投げてくるボールを避けたり、キャッチしたりして、最後まで生き残っていました。最後の一人になると凄くハラハラして『絶対にぶつけられないぞ!』と粘っていた記憶が今も鮮明にあります

そんなスリリングな遊びを、田んぼという泥の上でしたら、さらに楽しさ倍増でしょうね!うまく動けないもどかしさと、転んだ時の泥だらけになる姿を想像したら、めっちゃ楽しそうです。これも僕の「M」の血が騒がせるのでしょうかね(笑)

だって、目の前に泥があるのに泥んこにならないなんてつまらないじゃないですか。わざと泥の中に突っ込むぐらいのパフォーマンスも必要です(僕の場合)

何だか久しぶりにドッジボールがしたくなりました。こうなったら滋賀県まで行くしかないか・・・でも、北海道でもどこかでこういうイベントやってないかな?ちょっと調べてみようっとMVDのみんなで出たりしたら超楽しそう

今年の冬は昨年に続き「長靴ホッケー」も出たいし、あるいは「雪合戦大会」や「玉入れ大会」なども参加できればと勝手に思っています

皆さんも何かこんな楽しい競技大会があるよ!という情報がありましたら、ぜひ教えてくださいね。なんせ、遊ぶことに関しては子供たちよりも大好きな僕ですから

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 映画館→スクリーン(映画館といえば、大きなあのスクリーンがなかれば何も始まりません。迫力ある映像を映し出すスクリーンは必要不可欠です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の夜道。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

すっかり夏本番を迎えましたね。今日も暑~い一日でした

そんな夏の夜は車を走らせている最中も、何だか窓を開けてもとても心地よい気分になります。この感じは夏にしか感じることのできない何とも言えない気分です

しかし、そんな夏の夜道で気になるのが、車のライトめがけてぶつかってくるたちです。あの虫たちのおかげで、夏は車のライト周辺は大変なことになっています・・・洗車しても丁寧に磨かないとなかなかキレイには落ちません

あいつらは、時にはフロントガラスに激突してくることもあります。あれがまた厄介なんです。へたにワイパーを動かそうものなら逆に汚れちゃいますし、放っておけばおいたで乾いて落とせなくなりますし・・・本当に厄介です

ライトにぶつかってくる虫の中で多いのが「蛾」ですが、今年はあの憎き「マイマイガ」たちの大量発生が終息を迎えたというニュースを聞き、ひと安心しています。何でもやつらの間でウイルスが流行して終息を迎えたようで、これで虫嫌いの方も安心して夜道を歩けるというものです

その昔僕が大学生の頃、友達数人とキャンプに行きました。夏の夜道を友達の車で走っていると、何だか異様な鳴き声が・・・それは無数のの鳴き声でした

ヘッドライトが照らされた道路には、無数の蛙が道路を覆っていました。それ以降の話はとってもエグい話になるのでやめておきますが、今でも少し街はずれの夏の夜道を走るとあの光景を思い出しちゃいます

皆さんは夏の夜道、どんなイメージですか?何か印象深いエピソードなどお持ちでしたらぜひ教えてください

夏は何かと交通事故等が多い季節でもあります。くれぐれも安全運転に心がけましょう

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 洋画→映画館(洋画というわけではないですが、映画はやっぱり映画館で見るのが一番ですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

モデルチェンジした妖精♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日も実に素晴らしい天気でしたね。ほどよい暑さが僕的にはとても気持ち良く、25℃前後の気温というのも、とても過ごしやすいです。そんな夏真っ盛りの今日この頃ですが、「夏」といえば海を目の前にした砂浜で、あるスポーツが熱戦を繰り広げています

そうですそのスポーツとは、ビーチバレーです。そしてビーチバレーといえば、僕も大好きなご存知“ビーチの妖精”こと浅尾美和です

昨年までペアを組んでいた西堀健実から、今年は草野歩にコンビを変え、“浅草コンビ”として新たなスタートをきったのですが、シーズン序盤戦はなかなか思うような結果を出せず苦しんでいます

そんな“妖精”が心機一転、モデルチェンジをはかりました

モデルチェンジした妖精♪

どこをモデルチェンジしたか皆さんお分かりかな?浅尾美和ファンならすぐに分かるはずです

実は髪の色を茶髪に変えたのです。日本人らしい黒髪も似合ってましたが、この茶髪もなかなか良いんじゃないですか~

写真だと見た目にはそんなにハッキリと分かりにくですが、以前の写真なんかと比較してみるとよく分かるかもしれませんよ

モデルチェンジした妖精♪

浅尾美和といえば、白い砂浜に映える小麦色の肌と、黒髪を揺らしながら溢れる笑顔が魅力な清楚なイメージでしたが、髪の色を茶色に変えたことによって、少しヤンチャさが出てさらに魅力がUPし、ファンも増えるのではないかと僕は睨んでいます

まあ、本人にとっては人気ばかりでなく成績の方も上昇していかなければ・・・とは思ってはいると思います。既に昨日から国内ツアー第3戦の大阪カップが開幕していますが、気分転換した“妖精”が良い成績を残せるよう、僕は応援しています

モデルチェンジした妖精♪

実は浅尾美和のこの“茶髪”は初めてではないそうです。高校生の時に茶髪にしたことがあるそうで、それ以来6年ぶりのことだそうです。高校生の時?って、まさか部活中はきっとそんなことは禁止だろうし、部活を引退した後に遊び心で茶髪にしたのでしょうかね?そのへんの詳しいことはただ今調査中です

いずれにしても、今年の夏もモデルチェンジした妖精から目が離せないことは間違いありません

ちなみに僕のも“ビーチの妖精”に似ているとか、似ていないとか(笑)。僕的には似ているに一票です

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> シャワー→洋画(洋画のよくあるシーン、特にホラーものでは、女性がシャワーを浴びている間に殺されるシーンが定番です。グッさんがよくそのモノマネをしています。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月15日 (木)

街の風景。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は夏らしい暑さの中に、やや涼しさもある北海道の7月らしい一日でした

ここ数日、全国的に見られる集中豪雨には、ニュースで見るたびに驚きを覚えています。昨日まで普通の道路だったところが完全に水の中に消え、地滑りなどによる災害も多発しています

それを考えると本当に北海道は滅多にそういう事はないので、幸せなんだな~とつくづく思います

先月末に僕は京都と大阪に旅行中でしたが、その時にそんな集中豪雨に遭遇していたら・・・と思うと本当にゾっとします

というわけで、今日はその懐かしき京都・大阪の街の風景を少しだけ写真で回顧してみることにします

まずは「京都編」からです

街の風景。

①「商店街」

どこか懐かしさを感じるこの商店街は、「ミートショップ弘」に行く際に通った商店街です。ちょうど19時頃という時間帯で、シャッターを降ろすお店もありましたが、何となく雰囲気のある商店街でした。色んなジャンルのお店があり、もっとゆっくり時間をかけて見たくなるような商店街でした。

街の風景。

②「古風」

これは「豆生庵」というお店に行く途中の京都らしい古風な街並みです。少し前までは交通量の多い大きな道路を歩いていたのに、少し小道に入ると情緒ある瓦屋根の京都の街の景色が並んでいました。車がすれ違うのはほぼ困難なくらいの細い道を踏みしめながら歩いていると、とても心が落ち着きました。

街の風景。

③「坂だらけ」

「清水寺」に行く途中の坂道で撮った1枚です。一年坂→二年坂→産寧坂と坂を登りながら歩きましたが、両脇に並ぶ京都の街並みとお土産屋さん目を取られ、登り坂がそんなに苦ではありませんでした。これも京都の情緒だからこその力ですね。

街の風景。

④「小川のせせらぎ」

京都ではちょっと小道に入ると、このような小川がたくさん流れています。こんな澄んだ小川を見ていると何とも言えない“癒し”を感じます。水深もそんなに深くないので、近くの子供達が小川の中で水遊びをしている光景がとても心を和ませてくれました。

街の風景。

⑤「和風雑貨」

京都にはこのような雑貨屋さんが多数ありました。お店を見つけるたびにAゆは『入ってもいい?』と聞いて、すぐにお店に飛び込んでいきました。僕もついて入るのですが、すぐに飽きちゃうのと、中のクーラーの冷たさにすぐに店外に出てしまいます。でも、中にいるAゆにとってはワンダーランドなんでしょうね、凄い楽しそうでした。こんな和風雑貨店も京都らしい顔のひとつです。

「京都編」はここまでで次は「大阪編」です

街の風景。

⑥「ビル街」

大阪について最初に撮った1枚です。宿泊先のマルビルの部屋から見える大阪駅近郊のビル街です。さすが日本を代表する大都市です!写真ではちょうど見切れていますが、右下のビルではちょうどビアガーデンの準備中で、この後に日が暮れればリーマンやOLでごった返すのだろうな~という想像をしました。ビルに囲まれた風景は大阪らしい風景です。

街の風景。

⑦「眠らない街」

大阪の夜はネオンが消えることがありません。少し太い幹線道路の歩道橋の上から写真を撮りましたが、行き交うタクシーの数と歩行者の数には、眠らない街・大阪を肌で感じました。

街の風景。

⑧「日本の中にあるアメリカ」

心斎橋で「アメリカ村」に寄りました。とにかくファッションから雑貨、靴にスポーツ用品とあらゆるものが売っている若者の集う場所です。国際色も豊かですし、行き交う人には色々な人がいました。ここで色々と買い物をして気がついたのは、大阪の店員はそんなに客にガッついてこないことです。一見、商売上手な関西人だからすぐに近寄ってきて商品の説明とかするのかと思っていたのですが、こちらから何かを尋ねるまでは無駄に近寄ってきません。僕が好きな接客のタイプでした。唯一の心残りは、めちゃくちゃ美味しい「たこ焼き」を食べたかったです・・・

さあ、いかがでしたか?8つの街の風景をお伝えしてきましたが、どれもこれもその場所にしか独特の光景がありました

普段の生活では味わうことのできない、旅の素晴らしさがそこにはありました。やっぱ旅っていいっすね~

あなたの住んでいる街にも、きっとその街にしかない街の風景があることでしょう・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 海の家→シャワー(海の家に欠かせないのは、体についた砂や汗を洗い流すシャワーです。海に入ったあとのこのシャワーが超気持ち良いんですよね~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

口から火が出るほどの激うま!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日の夕食をご紹介します

口から火が出るほどの激うま!

今日のメニューは「にらまんじゅう&タコと生姜のさつま揚げ」です。めちゃくちゃ美味しかったです。疲れて帰ってきた体を癒してくれるのは、やっぱり素敵な料理とそれを作ってくれるですね

そして、この料理の美味しさをさらに倍増させる「素敵アイテム」が今日は登場です

口から火が出るほどの激うま!

「舞妓はん、ひぃ~ひぃ~」というこの商品は、京都に行った際に購入した世に噂の“食べれるラー油”です

早速ひと口、口に運んでみました

めちゃくちゃ美味しい~でも、辛いっ・・・

もともと辛いものはそんなに得意ではないので、ちょっとこの辛さは厳しいです。でも、辛いものが大好きなAゆにとっては、こんな辛さは全く気にならないようです

口から火が出るほどの激うま!

この「食べれるラー油」の素晴らしいところは、ご飯にかけても美味しいというところです。米が大好きな僕にとってはこれは最高に嬉しい“オカズ”です!!

実際、ご飯にのせて一緒に食べてみましたが、本当に美味しいんです。辛いけど、この辛さは“やみつき”になっちゃいます

昨日のブログの「夏バテ解消法」で、「よく食べること」と考案しましたが、この「舞妓はん、ひぃーひぃー」を食べて、夏バテ解消というのも十分ありえます。この辛さが、夏バテにはかなり効果的かもしれません

皆さんも辛いものには得意不得意があると思いますが、この「食べれるラー油」は超オススメですよ。機会があればぜひ食べてみてくださいね

食後は「カルピス」で喉を潤した猫男爵でした

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 焼きそば→海の家(焼きそばが一番似合う場所と言えば、夏の名物でもある「海の家」ですよね。あそこで食べる焼きそばは、その美味しさが100倍くらい美味しくなります。)

口から火が出るほどの激うま!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

夏バテ解消法。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

早いもので7月も中盤に差し掛かり、北海道の短い夏はまもなくピークを迎えようとしています

当初は今年の夏は“冷夏”になるのでは・・・という予想もありましたが、ここまでは雨の日がやや多いものの、気温は平年並みかそれよりも少し高い気温で推移している模様です。このまま暑い、夏らしい日が続くことを僕は祈っています

そして、これから来るであろう30℃オーバーの日が続くと、気になるのが「夏バテ」というやつです。食欲不振、倦怠感、何となく気合いが入らないという、夏バテ独特の状態に陥らないためにも、今日は僕なりの「夏バテ解消法」を考案してみます。まあ、とは言ってもごく普通のありきたりのことなんですけどね

<夏バテ解消法>

その壱 『運動して汗をかくべし!』

夏バテにかかわらず、運動は日常生活で欠かせないものです。ハードな運動ではなく、ウォーキングなども効果的です。僕の場合は、この夏を「ミニバレー」「野球」「フットサル」で汗をかき、乗り切ろうと思います。10月の「駅伝大会」に向けて、ジョギングもボチボチ始めてみようかと・・・Aゆも一緒にね(笑)

その弐 『睡眠をたくさんとるべし!』

睡眠不足は体の疲労を倍増させます!ただでさえ夏の暑さで疲れている体を、しっかり休養させることは一番大切なことです。僕の場合は通常0時30分~1時頃に眠りに就きますが、夏バテ解消に向けて30分~1時間早めに寝ることにします

その参 『よく遊ぶべし!』

夏バテ解消には、よく遊ぶことです。大人が夏バテになりやすいのに比べて、子供はそんなに夏バテしません。その原因はよく遊んでいるからです。これはあくまでも猫男爵理論ですが、とにかく遊ぶ時は思いっきり遊ぶ!そうすれば、気持ちも体もリフレッシュされ、疲れにくい体を作ります

夏バテ解消法!

ということで先日、Aゆとカラオケに行ってきました。この日は3時間しか歌いませんでしたが、カラオケは本当にリフレッシュできる遊びですよね。カラオケに限らず、この他にも色んな遊び方で、夏バテを解消できると思います

その四 『よく食べるべし!』

夏バテ解消の最大ポイントは、やはり「食」です!どうしても暑い日などは、食欲不振に陥りがちですが、そこは暑さに負けずに食べることです。夏にダイエットなどをすると、かえって体を壊す原因になりますので、夏はガッツリ食べることです。でも食べてばかりではよくないので、体を動かし汗をかくことも忘れずに

夏バテ解消法!

これも先日、Aゆと地元の居酒屋に行ってきました

夏バテ解消法!

①「しめさば&まぐろ山かけ」

夏バテ解消法!

②「にんにく丸揚げ」

夏バテ解消法!

③「つぼだい」

どれも夏バテ解消にはぴったりの料理です。特に②は匂いが翌朝まで残っちゃいますが、とにかく絶品です。僕もAゆもこの居酒屋にきたら絶対に外せない逸品です

その五 『夏を愛するべし!』

これはもう完全に“メンタル的”なことになっちゃいますが、「暑いから夏は嫌い」というそういうイメージを取っ払って、とにかく「夏は大好き」ということを自分の脳にうえつけることです

どうしても暑いのが苦手な人は、『暑いけどこのあとの水風呂が気持ち良いんだよな~』とか、『このあとに飲むビールが美味しいんだよな~』と、間接的に好きなものと結びつけて夏を好きになることもひとつの作戦です

さあ、以上あげた5つの解消法、皆さんはいくつ実戦できますか。僕は基本的に夏が大好きなので、夏バテというものになったことはありませんが、年齢的なものから考えても疲れが出てきてもおかしくはありません。今年の夏は夏バテにならないように、解消法を実戦してみようと思います

皆さんも独自の夏バテ解消法でこの夏を乗り切ってくださいね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 鉄板→焼きそば(鉄板と聞いて真っ先に思い浮かんだのは「焼きそば」です。熱々の鉄板の上で焼いた焼きそば、たまりませんね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

視線は4年後のブラジルへ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

6月11日に幕を開けた2010年サッカーW杯南アフリカ大会も、その熱き戦いに幕が降ろされました

無敵艦隊スペインが悲願の初優勝を遂げ、欧州王者の底力を見せつけた大会でした。スペインを応援していたFいさん、おめでとうございました

ブラジル、アルゼンチン、イングランドといった強豪がベスト4にも残ることができないほど、昨今の勢力地図は塗り替えられています。アジアのチームがベスト16に2つ残り、アフリカ勢ではガーナがあともう一歩でベスト4というところまで来ました

世界中のどの国でもサッカーが愛されていることを、改めて感じさせられた大会でもありました。僕の好きなアルゼンチンは少し不本意な結果に終わってしまいましたが、メッシやイグアイン、テベス、アグエロなど若い選手が多いチームなので4年後に僕は大きな期待を寄せています

またこの大会は、個人的にも一生思い出に残る大会でした。というのも、Aゆが結婚式を挙げたのが大会が開幕したその翌日、そして新婚旅行先で見た「日本VSデンマーク」戦は一生忘れられない思い出です。2010年南アフリカ大会のVTRが出るたびに、僕らはいつもこの大切な思い出のことを語り合うことでしょう

さて、W杯南アフリカ大会は終わりましたが、既に僕の視線4年後に向いています。日本代表は「ベスト16」で終わるようなチームでありません。本当の力を全て発揮すれば、スペインやオランダなどの欧州勢や、ブラジルやアルゼンチンの南米勢にもひけを取らないはずです

そこで、ちょっと気が早いですが、今日は僕がこのメンバーならW杯優勝を狙えると思う4年後のベストメンバーを選出してみましたので、ご紹介してみたいと思います

※尚、年齢は4年後の年齢、チーム名は現在の所属チームです

<2014年 W杯ブラジル大会 日本代表>

GK 1 林  彰洋(27歳)<ROCシャルルロワ=マルシェンヌ>

  21 川島永嗣(31歳)<リールス>

  22 西川周作(28歳)<広島>

DF 2 内田篤人(26歳)<シャルケ04>

   3 今野泰幸(31歳)<FC東京>

   4 槙野智章(27歳)<広島>

   5 長友佑都(27歳)<チェゼーナ>

   6 阿部勇樹(32歳)<浦和>

  13 安田理大(26歳)<G大阪>

MF  7  遠藤保仁(34歳)<G大阪>

   8 金崎夢生(25歳)<名古屋>

  10 本田圭佑(28歳)<CSKAモスクワ>

  12 柴崎  岳(21歳)<鹿島>

  15 柏木陽介(26歳)<浦和>

  17 長谷部 誠(30歳)<ヴォルフスブルク>

  18 香川真司(25歳)<ドルトムント>

  20 宇佐美貴史(22歳)<G大阪>

  23 瀬戸貴幸(28歳)<FCアストラ・プロイェシュティ>

FW  9  渡辺千真(27歳)<横浜>

  11 三浦知良(47歳)<FC横浜>

  14 永井謙佑(25歳)<神戸>

  16 宮吉拓実(21歳)<京都>

  19 森本貴幸(26歳)<カターニヤ>

主将  長谷部 誠

監督  ラモス瑠偉

コーチ 北沢  豪

コーチ 柱谷哲二

以上23名と監督、コーチです

スタメンは、GK林、DF内田、槙野、阿部、長友、MF長谷部、遠藤、柏木、本田、宇佐美、FW渡辺。

どうですかこの豪華なメンバー!!海外組とJリーグ組が見事に融合し、いわゆる「黄金世代」が抜けて、世代も「アテネ世代」、「北京世代」、そして「プラチナ世代」という若手の台頭が見られます

このチームの注目すべき点は、本田を中心にどこからでも点を狙えることです。DFでも槙野阿部を中心に得点力もあり、中盤の長谷部遠藤を軸に非常にバランスの取れたチーム構成です

そして遂にキング・カズが念願のW杯のピッチに立つ日がきましたフランスW杯の落選から16年・・・遂にその夢が現実に。監督には日本一の“大和魂”を持つラモスが就任し、母国ブラジルへの凱旋となります。もちろん狙うは「優勝」のみです

さあ、こんな夢のような大会が4年後にあると思うと、僕は今からワクワク感がとまりませ~ん!!!!

既にカズと僕の視線は4年後のブラジルへ向かっています

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ステーキ→鉄板(熱々の鉄板で焼いたステーキは何ともたまりませんね~想像しただけでもヨダレが・・・笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

食いしん坊、関西!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は久しぶりに夏の太陽が戻ってきましたね。やっぱり夏はこうでなくちゃ。先月末の新婚旅行の際に浴びた、京都・大阪の暑い陽ざしを久しぶりに思い出しました

というわけで、今日は思い出しついでに新婚旅行で食べた料理をランキング(BEST9)にしてみましたので、発表してみたいと思います

食いしん坊な僕が今日は、関西の人気料理店をズバっと紹介してみますので、皆さんがもし関西に行く際には、ご参考にしていただければと思います

題して「食いしん坊、関西!」です!!

それでは早速、ランキングのスタートです

食いしん坊、関西!

第9位 「日本料理 浮橋」(京都・京都駅直結ホテルグランヴィア京都内)

僕が食べたのは「うな重」でしたが、非常にお上品な味付けで大満足でした。ちなみにこのフロアには「京都吉兆」もありましたよ。

食いしん坊、関西!

第8位 「とり新」(京都・祇園)

お昼時には混み合うという情報を元に行きましたが意外と空いていました。ただ店内は非常に狭く、10名程度が定員です。お昼はメニューも「親子丼」しかなく、来店する人はそれを目的でやってきます。狭い店内で店主が手際よく作る「親子丼」は絶品です

食いしん坊、関西!

第7位 「梅田はがくれ本店」(大阪・梅田)

旅行最後に日に食べた大阪名物「きつねうどん」です。味は最高そして店主の個性も抜群に良かったです。大阪らしい、おもろいおっちゃんでした。並んででも食べる価値ありです

食いしん坊、関西!

第6位 「元祖串かつ だるま難波本店」(大阪・道頓堀)

ここは飛び込みで入ったお店ですが本当に美味しかったです。メニューも充実していて、色々なものを揚げて食べました。中でも僕が好きだったのは「うずらの卵」と「チーズちくわ」です

食いしん坊、関西!

第5位 「ゆかり」(大阪・梅田)

大阪と言えばやっぱり「お好み焼き」です。そしてこの「ゆかり」のお好み焼きは抜群に美味しかったです。店員が最初から最後まで「お好み焼き」を作ってくれて、その腕前は抜群でした

食いしん坊、関西!

第4位 「炭火焼肉たむら」(大阪・蒲生)

『チャ~♪』でお馴染みのたむけんが経営する焼肉店です。噂通りの美味しさでした。中でも、「カルビ」と「石焼きビビンバ」は僕が今まで食べてきたものの中で1番美味しい味でしたとにかくここの「カルビ」だけは、たぶん他のどのお店にも負けないはずです僕的には超スーパーウルトラ大絶賛です

食いしん坊、関西!

第3位 「萬春」(京都:上七軒)

ゆっくりお食事をしながら、その「味わい」と「時間」を楽しみたい方には、ここは超オススメのお店です。このお店はママと女の方がカウンターに立つというスナック風の内装なんですが、その気配りと話の上手さには、思わず心が落ち着きます。「フォアグラステーキ」と「パリソワーズ」を食べた時の衝撃は今でも忘れません。Aゆ的にはここがNO・1だそうです

食いしん坊、関西!

第2位 「ミートショップ弘」(京都・二条)

全国に数ある焼肉店の中で、僕はここが一番だと確信しています。もちろん全国の全てのお店を歩いたわけではないので、もしかしたらまだもっと美味しいところがあるのかもしれませんが、今の段階では間違いなくNO・1の焼肉店です。味、接客、雰囲気どれを取っても文句のつけようがありません

さて、いよいよ第1位の発表です!!!第1位は!!!

食いしん坊、関西!

第1位 「鳥彌三」(京都・祇園)

僕はここの「水炊き」が最高に気に入りました。鴨川を眺めながら、ちょうど陽が沈む時間帯の雰囲気の中で飲むビールと水炊きは最高でした。お値段はそれなりにしますが、絶対に行く価値ありです

さあ、簡単な説明ではありますが、ひと通りランキングでご紹介させていただきました。旅行の楽しみのひとつは「食」です!皆さんもぜひ旅行に行く際には、行く前に色々な情報をリサーチして、そのお店を目的として旅行に行くのも楽しいと思いますよ

関西に行く際には、ぜひこの「食いしん坊、関西」こと、猫男爵までご連絡を

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> サイコロ→ステーキ(あ~あ、やっぱりそう来たか・・・と思った方もいると思いますが、サイコロとくればサイコロステーキですよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

好きなものの話。

好きなものの話し。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は一日雨模様の一日でしたね。何とも言えない蒸し暑さ、でも僕は嫌いじゃないです。夜には雨が上がりましたが、夏らしい生ぬるい風が吹いており、いよいよ本格的な夏の到来を感じた猫男爵でした

そんな今日は、僕の「好きなものの話」をさせてください

と、その前に今日は友人HきAゆと3人で焼肉を食べに行ってきました。行ったお店は、僕的には帯広でも1、2を争う美味しいお店「Yびかん」です

好きなものの話し。

3人でたらふく食べましたが、やっぱりここのお肉は美味しいです。今日は「サガリ」「カルビ」「タン」「レバー」「ジンギスカン」「ホルモン」と、お腹いっぱいに食べちゃいました

好きなものの話し。

「レバー刺し」も、京都の「ミートショップ弘」で食べてからすっかり好きになってしまい、今日も美味しくいただきました

この「レバー刺し」が好きのものの話のネタ?ではありません。焼肉のお話はここまでにして、それでは今日の本題「好きなものの話」に移らせていただきます

僕の好きなもの、それは

好きなものの話し。

「地球儀」です

僕は昔から「地球儀」がなぜか凄く好きなんですよね。本とかに載っている世界地図とかでも良いのですが、やっぱり地球儀の方がしっくりきます

実は先日の新婚旅行の際に、旅行先の大阪でこの地球儀を購入しました。サイズはそんなに大きくないのですが、色合いやデザイン、そして英語表記というところが気に入り、念願の購入に至ったわけです

この「地球儀」に描かれている地図で日本を、さらには北海道を、そしてさらには僕の住んでいる十勝を見ると、本当に米粒のようなものです。その米粒の中で生活をしている僕ら人間なんて、本当に小さな小さな存在なんです

そういう世界観を時々想像させてくれるのが地球儀なんです。本当に心が落ち着きますし、気持ちを大きく持つことができます。地球は果てしなく広い世界なんです

好きなものの話し。

今僕の手元にある「地球儀」は本当に小さなものですが、僕の夢はいつか大きな「地球儀」を手に入れることです。しかも最先端の技術を導入したもので、地球儀に描かれている海が動いたり、雲の動く様子も描かれていたり、リアルタイムで地球儀が地球そのものになるような、衛星のような機能を搭載されているものが発売されれば嬉しい限りです

好きなものの話し。

ちなみに今、サッカーW杯が開催されいる南アフリカはここです

今日は僕の「好きなもの」地球儀のお話をさせていただきました

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 砂糖→サイコロ(砂糖の中でも角砂糖を想像すると、サイコロを連想します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

歴史を呼び起こせ~第8回~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

さてさて全国のお城ファンの方、ご無沙汰していました。約1ヶ月ぶりにこの企画が帰ってきました全国各地にある名城を妄想の中で歩きまわる、名物企画「歴史を呼び起こせ」第8回を今日はお送りします

そして今回の「歴史を呼び起こせ」はいつもの妄想世界とは違い、先日の新婚旅行で僕が現実に見てきた世界をご紹介するカタチになっておりますので、いつもとはひと味もふた味も違う内容でお送りできると思います

前回、日本三大名城のひとつ「大阪城」をじっくりと堪能した僕が次に向かった先は、京都にある「二条城」です

僕はAゆと京都駅で待ち合わせをし、京都駅から市バスを利用して「二条城」に到着しました

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

早速、お城をバックに記念撮影です。6月末の京都はすっかり梅雨入りしており、この日も何ともいえない湿気が僕らを襲いました

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

城内に入ると、その敷地内の広さに驚きを憶えました。「二条城」は本丸御殿、二の丸御殿に加え、庭園が壮大な光景を演出してくれていました

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

まず僕らの目に飛び込んできたのは、大きな2つの釣鐘です。この鐘を鳴らすと、どんな音が響くのでしょうね

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

これは二の丸御殿です。この中は、実際に入って見学できるので早速入ってみることにしました。残念ながら中は撮影禁止なのでその様子をお見せできませんが、江戸幕府が開かれたと同時に建てられたとは思えないその造りに、改めて感動しました

この「二条城」は国宝と国の重要文化財に認められているお城で、世界遺産にも登録されています。歴史をたどれば、この「二条城」はあの「大政奉還」が行われた場所であり、江戸時代の終焉を迎えた場所でもあるのです

二の丸御殿内を歩いていると、今から約400年前の城内の様子が蘇ってくるような錯覚に陥りました。御殿内は非常に広く、柱に使われている木材を見ても歴史の重みをしっかりと感じることができました。やはり「百聞は一見に如かず」です

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

この「二条城」には「八陣の庭」と呼ばれる庭園があります。その広さは壮大そのもので、そしてキレイに管理されています。これだけの面積の庭園を管理するのは大変だろうな~と、思わず感心してしまいました

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

城内にはこのような石垣がたくさん見られます。昔の人はいったいどうやって、こんな大きい石を積み上げたのでしょうね?現代のように重機があるわけでもないのに、その技術力には本当に頭が下がります

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

本丸前にはお堀があり、そこにはたくさんの鯉が飼われていました。何かこういう風景を見ると日本の趣を感じます。ただ、Aゆはこの鯉を見て『でっかい金魚だ!』と叫んでましたけどね(笑)

歴史を呼び起こせ〜第8回〜

本丸御殿に入りさらに先に進むと、天守閣跡地に辿りつきました。この天守閣は1750年に落雷で焼失して以来、再建されず現在は天守台のみが残っていました。やや小高いその天守台から見る光景は、今でも僕とAゆの心にしっかりと残っています

僕らは天守台を後にしようとしましたが、そこにインド人の男性が近寄ってきました。そのインド人は僕に英語で何やら話しかけてきたのですが、ロシア語以外は全く不得意な僕は『コイツ、何言ってるんだ?』とチンプンカンプン???

しかし、どうやらそのインド人は自分の持っている傘を示しながら、僕が持っている傘をチラチラ見ているところから、僕とAゆはこのような見解に至りました

インド人男性は自分が持っている傘の他に、家族の傘を持ちこの天守台に立ち寄った→しかし、傘を1本忘れて天守台を後にした→そこへ、同じような傘を持った僕が天守台を降りてきた→『それは俺の傘じゃないのか?』と僕に問いただした。

という見解です。しかし僕にとっては全くの“濡れ衣”です

結局インド人は諦めて立ち去りましたが、僕らはそのインド人の家族にも何か疑いの目を向けられ、結構イラっとしました

何だか最後は嫌な感じになっちゃいましたが、「二条城」をAゆと2人でこの目で見れたことは本当に素晴らしい思い出になりました

ただ夏の陽ざしの照り返しが思った以上にきつく、翌日僕の目の下は“デーゲームの近鉄の選手”のようになっていたことを付け加えておきます

第8回にして最初で最後の「リアル歴史を呼び起こせ」を今日はお送りしてきましたが、いかがでしたか?やっぱり妄想ではなく、生で見ている方がより鮮明に伝わったでしょうかね

また次回の第9回の「歴史を呼び起こせ」からは、再び妄想旅行に突入しますが、宜しくお願いしますね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ねじれドーナツ→砂糖(ねじれドーナツにまぶしてある砂糖って何か良いっすよね~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

2010年、夏の主役たち!

2010年夏の主役たち!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

何だか蒸し暑い日が続きますね、天気予報も傘マークが毎日のように並んで、北海道なのに梅雨があるみたいな今日この頃です

そんな蒸し暑さを吹き飛ばそうと、今日はAゆHきと3人で近くの「とんかつ屋さん」に食事に行ってきました。今日僕が食べたのは「エビフライカレー」です。めっちゃ美味しかったです

これで暑さも一気に吹き飛ぶといいのですが・・・

さて、そんな今日の夜長は暑い夏にぴったりの「2010年夏ドラを飾る、夏の主役たちをご紹介したいと思います

今クールは「作品」も「キャスト」も非常に前評判の高いものが揃っているようなので、僕はいつも以上に楽しみにしています。実は前クールでキムタク作品が予想以上に期待外れでしたので、ドラマオタクの僕としてはいよいよドラマも低迷期に突入するのか・・・という不安がよぎっているところです

なので今クールの作品たちには、そんな不安を払拭するような大きな期待を寄せているわけです。皆さんも既に各方面で情報を収集しているとは思いますが、僕なりにチョイスした夏作品を見て、ぜひ参考にしていただければ幸いに存じます

それでは早速、猫男爵オススメの「2010年、夏ドラマ」をご紹介します(一部、既に第1話が放送済みのものもありますがご了承ください。)

①『逃亡弁護士』 7月6日(火)スタート(フジ系列・火曜22:00~)

<出演:上地雄輔、石原さとみ、矢田亜希子、豊原功輔、北村一輝他>

冤罪を着せられ逃亡した弁護士の、孤独な戦いを描くヒューマンサスペンスドラマです。僕の好きなサスペンス系の内容に、ちょっとドキドキしています。原作は漫画なのですが、それをドラマの世界でどう描くかがポイントです。主演の上地を囲む、豊原や北村などの名脇役の演技にも注目です

②『ホタルノヒカリ2』 7月7日(水)スタート(日テレ系列・水曜22:00~)

<出演:綾瀬はるか、向井理、板谷由夏、木村多江、藤木直人他>

僕の大好きなドラマが3年ぶりに帰ってきました。3年前の夏に僕の心をわしづかみにした「雨宮蛍」という干物女が、香港での仕事を終え日本に戻ってくるところからドラマはスタートします。前作同様に、“ジャージにちょんまげ”スタイルでビールを飲みながら、ゴロゴロする綾瀬はるかの演技にも期待大ですし、部長こと藤木直人との恋の行方にも注目です。昨日、第1話を見ましたが最高の面白かったです

③『GOLD』 7月8日(木)スタート(フジ系列・木曜22:00~)

<出演:天海祐希、長澤まさみ、反町隆史、寺島進他>

2010年夏、遂に夏ドラマの帝王「ソリー」が帰ってきました。主演は天海祐希ですが、僕的にはこの夏で一番注目している役者が反町隆史です。ストーリーは、独自の教育論を持つ母親を中心にした家族愛がテーマでして、脚本はあの野島伸司なのですから、期待してしまうのは仕方のないところです。本日スタートするので、今すぐに録画のスタンバイを

④『うぬぼれ刑事』 7月9日(金)スタート(TBS系列・金曜22:00~)

<出演:長瀬智也、生田斗真、中島美嘉、要潤、西田敏行他>

長瀬&クドカンの黄金タッグが5年ぶりに復活です「池袋ウエストゲートパーク」「タイガー&ドラゴン」を超える名作になることも十分可能なこの作品に、僕は大きな期待を寄せています。物語は超恋愛体質の刑事(長瀬)が、毎回事件の容疑者にひと目惚れして近づき、犯人である証拠をつかんでしまうというストーリーです。既にそのへんから、今回も“クドカンワールド”炸裂の予感がします。豪華なキャストの共演も超楽しみです

⑤『ハンマーセッション』 7月10日(土)スタート(TBS系列・土曜19:56~)

<出演:速水もこみち、志田未来、比嘉愛未、濱田マリ、六平直政、小日向文世他>

速水演じる天才詐欺師が、詐欺の技を駆使した「衝撃的授業=ハンマーセッション」で問題を解決していくという、学園ものドラマです。このドラマのために13kgのダイエットに成功したという速水の演技力と肉体美にも期待大です。きっと俺のように腹筋割れているんだろうな・・・

⑥『夏の恋は虹色に輝く』 7月19日(月)スタート(フジ系列・月曜21:00~)

<出演:松本潤、竹内結子、沢村一樹、伊東四朗、松坂慶子他>

“マツジュン”が初の「月9」主演ということでかなりの注目を集めているこの作品は、頭でっかちで今どきの男子である松本が、“明朗活発”だがちょっと訳ありな年上の女性(竹内)にひと目惚れして恋におちるというストーリーです。恋に仕事に奮闘する、「月9」らしい爽快ラブスートーリーです。「月9」の人気復活は“マツジュン”に託されたといっても過言ではありません

さあ、いかがでしたか今日ご紹介した6作品、いずれも甲乙つけがたい期待大の作品が目白押しです。何か今クールは、僕の好きな俳優であったり女優がたくさん出ていますし、クドカンや野島作品など好きな脚本家の作品があるので、僕的には凄く楽しみなクールです

中でもあえてNO・1作品をチョイスするならば、僕の大好きな反町や綾瀬はるかの作品を押しのけて、長瀬主演の『うぬぼれ刑事』を僕は選びますもちろん、マツジュンの月9も面白そうですが、長瀬&クドカンワールドは天下一品ですからね

皆さんも思い思いの期待があるかと思いますが、いずれにしても2010年の夏は、例年になくドラマが熱いです昨今のドラマ事情は、なかなか視聴率が取れず苦戦を強いられているようですが、もしかしたら今クールは高い位置でのハイレベルな戦いが演じられるような気がします

今年の夏ドラは、見逃せませんよ~!!!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> クルクル回るやつ→ねじれドーナツ(床屋の前のクルクル回るヤツは「サインポール」って言うんですね。あれを見ていると、ねじれドーナツを思い出します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

半年間のブランク。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日は週に一度のミニバレーの日でした。夏の暑い夜長にはミニバレーで汗を流すのが最高に楽しいです

そして昨日は何と実に半年ぶりに、Aゆがミニバレーに復帰です。復帰と言ってもケガをしていたわけでも、懐妊していたわけでもありません。何かと多忙で来ることができなかっただけです

何はともあれ、ミニバレー界の浅尾美和の復帰です

半年間のブランク。

そんな昨日のメンバーはHこHたちゃんAゆAっけ、そして猫男爵の合計5名でした

昨日は先週に比べ若干人数が少なく、よりハードなミニバレーでした。後半はほぼ男爵祭り。みんなヘロヘロになりがら汗を大量にかいていました

しかし半年間のブランクというものは非常に大きく、Aゆはミニバレーから帰った後、腰の痛みを訴えていました。こうやって考えると、「運動」というものがいかに大切か、定期的に体を動かすことの重要性というものを感じます

僕もミニバレーはほぼ年間通してプレーしていますが、朝野球は夏のシーズンが終わりオフになると、ほぼ練習はしません。なので、春先に急に野球をすると体が壊れそうになります。それは歳を取るごとに酷くなってきています

普段使っていない筋肉を動かすことが、いかに体に負担をかけるかということが勉強になります

皆さんも「運動不足」にならないようにしてくださいね。簡単な運動でも、定期的に継続することが健康促進に繋がりますので。なので、ぜひMVDの方は火曜日の夜は体育館へ足を運びましょう

来週も暑い夜、そして熱いミニバレーを楽しみましょう

半年間のブランク。

今日は仕事を終えて帰宅すると、蒸し暑いのでAゆと一緒にビールを飲みに出かけました(ビールの飲むのはAゆだけですが)(笑)

半年間のブランク。

「鳥せい」でたらふく鶏肉を食べました。2人ともレバーが大好きなので、レバーを大量に摂取しました

半年間のブランク。

ところで先日、僕の腕に日光湿疹が出ました。正直ビックリです。僕が日光湿疹になるなんて・・・

子供の頃から色黒で、常に太陽の光りを浴びても湿疹など出たことはなかったので、ちょっとショックです。皮膚もそれなりに歳相応になってきたということですかね

この時期は紫外線も強いので、皆さんも太陽を浴びる時には十分に注意してくださいね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 床屋→クルクル回ってるヤツ(床屋の前には必ず、青と赤と白の色をした円柱がクルクル回っています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

発見、即激写!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

7月に入り夏らしい毎日続いていますが、ここ数日の十勝地方は不安定な天候が続いていますね。晴れていたかと思えば、急にスコールが降ったり、雷注意報や大雨注意報が頻繁に出されています。夏らしいといえば夏らしいですが、天気は安定しているほうが何かと楽ですよね

さてそんな今日のブログは、先月の19日~25日までAゆと行ってきた新婚旅行でおさめた秘蔵写真をご紹介したいと思います

僕の場合、3年前にブログを始めてから、何かおもしろいものを見つけると「発見、即激写」するという癖がついてしまい、ついつい携帯電話のカメラを向けてしまいます。そのおかげで、良い写真はたくさん貯めてあるので今回のようにご紹介できるというわけです。街を歩いていても僕の目は、常におもしろいものを探しているんです(笑)

というわけで京都・大阪の旅行中に見つけた写真を幾つかご紹介しますね

発見、即激写!

①『地震雲』(撮影場所:京都・二条駅付近)

この写真は新婚旅行初日に京都に着いてて、夕食の場所「ミートショップ弘」に行く途中に見上げた空で発見しました。僕もAゆも今までに色々な地震雲を見たことはありますが、これだけハッキリしたものも珍しかったので思わず写真におさめました。まあ、結局は地震は起きなかったですけどね

発見、即激写!

②『乾電池自販機』(撮影場所:京都・上七軒)

この写真は新婚旅行2日目に「萬春」というところで食事を終えたあとに、バス停に向かう途中で発見したので思わず激写しました。乾電池の自動販売機なんて北海道では見たことないですよね?でも、結構あれば便利かも

発見、即激写!

③『これも自販で!』(撮影場所:大阪・大阪駅周辺)

②に続きまたしても自販を激写です。「カフェラッテ」も自販で売っているんです!凄いですよね。これは大阪に着いた日に、居酒屋で夕食を食べた後に大阪駅周辺を歩いている時に発見しました

発見、即激写!

④『ハトポッポ♪』(撮影場所:大阪・大阪駅周辺)

大阪駅の近くの歩道橋の上に“たむろ”しているハトたちです。あまりにも堂々としているし、その数が半端なかったので思わず撮りました。ハトが大の苦手のAゆはかなりビビってました(笑)

発見、即激写!

⑤『使用不能?』(撮影場所:大阪・道頓堀)

道頓堀らしい?と言っていいのかどうか分かりませんが、柄がない傘が路上に捨ててありました。柄がなきゃ使うことはもちろん不可能ですよね。なぜ柄が取れたのかも意味不明です

発見、即激写!

⑥『落書き』(撮影場所:京都・知恩院前)

何を書いているかは分かりませんが、何者かが何かを伝えたくて書いたものなのでしょうかね。特に興味はなかったのですが、思わず撮りました。

発見、即激写!

⑦『NAZE?』(撮影場所:京都・河原町)

京都の街中ではほとんど喫煙する場所はありません。ようやく見つけた場所があったのですが、その場所を示す案内板に「NAZE?」というイタズラ書きが(笑)何が「なぜ?」なんでしょうね(笑)

発見、即激写!

⑧『押しちゃうよ』(撮影場所:京都・河原町)

これも⑦と同じ日に京都の河原町で見つけた光景です。ちょうど信号待ちをしている時に僕らの目の前にいた、街中を清掃している方の背中に『押してね』の文字が。『押したら車に引かれちゃいますよ』とツッコミたくなりましたが、よく見ると『自転車は押してね』ということでした

発見、即激写!

⑨『Aゆとあゆ』(撮影場所:京都・京都駅前)

これは忘れもしない京都で「王将」を食べた帰りに見つけたプレミアものの一枚です。なぜか、どこかのお店の前に「あゆ」の張り紙が!これは撮らなきゃと思い急いでと撮った「Aゆとあゆ」の2ショットです

さあ、いかがでしたか?今日ご紹介した9作品はどれもこれも思い出深い作品たちばかりです。この他にも色々な写真がたくさんありましたが、それは僕達の胸に中に閉まっておくことにします

旅行中は特に見た事のない光景に遭遇する確率が高いのもありますが、もちろん日々の生活の中にもこういったおもしろ写真は、ゴロゴロと転がっていると思います

皆さんも、ふとした瞬間に写真におさめて見るのも楽しいかもしれませんよ。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> カミソリ→床屋<理容室>(美容室ではないシステムで、床屋<理容室>にあるのがカミソリのシステムです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

以心伝心♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日僕はいつものように仕事に行き、忙しい時間を過ごしていました。時計の針が夕方近くになった頃、僕は無性に「ハンバーグ」が食べたくなりました

いったん頭の中がそうなったらもうどうにもなりません『今日の夕食はハンバーグAゆに伝えなきゃAゆが嫌だって言っても自分で作ってでも今日はハンバーグを食べる僕の意思は固かったのです

ちょうどその頃、自宅にいるAゆはと申しますと、『今日の夕食は何にしようかな?』と思案中でした。そして今日は「ハンバーグ」を作ろうという結論に達しました。とりあえず、買い物に行くためにAゆは家を出ようとしました。すると、突然のスコールが降ってきたのです。Aゆはその足をいったん止め、部屋に戻りました。

少しの時間が経ち、雨が止み始めたので、再び買い物に出かける準備をして家を出ようとすると、またしてもスコールが・・・『もう、何この雨!』と思ったところに、Aゆの携帯に1通のメールが届きます

その頃僕は仕事がひと段落したので、帰る準備をしながらAゆにメールを打ってました『あのさ、今日の夕食さ、ハンバーグにしない?何かハンバーグ食べたくない?』

そうですAゆに届いた1通のメールは僕からのメールだったのです

しばらくして、僕に届いたAゆからの返事は『実は今、私も今日はハンバーグ作ろうと思って買い物に行こうと思っていたんだよ!びっくり!!』という内容でした

これを「以心伝心」といわず何と言うのでしょう

“おのろけ”と取られても構いませんが、今日は本当にリアルに何らかのパワーというかテレパシー的なものを強く感じました。

家に帰っても、しばらくはこの「以心伝心」のハンバーグのことで話はもちきりでした

以心伝心♪

今日はAゆ特製の「ハンバーグ」を美味しくいただきました超美味しかったです

皆さんは「以心伝心」を感じたことありますか?あればぜひそのエピソードを教えてください

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> スキンヘッド→カミソリ(スキンヘッドにするにはカミソリで剃らなけれなりませんね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

新伝説を作る場所!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は日曜日ということで、少し遅めの起床でした。何かと最近忙しい毎日でしたので、久しぶりのゆっくりした朝でした。

外は天気予報とは違い、意外と雨も降っていなかったので、Aゆと2人で出掛けることにしました。そして少し遅めの昼食に選んだ場所は

新伝説を作る場所!

結婚式の翌日に初めて来店した某ラーメン店です。またお店の名前を忘れてしまいました(笑)(場所は札内です)

前回は「塩ラーメン」を食べたので、今回は魚介系のダシの「醤油ラーメン」をチョイスしました

早速食べましたが、やっぱり最高に美味しいです。味音痴の僕がラーメンで気に入るお店ってそんなにないのですが、ここのラーメンなら何度食べても美味しく食べれると思います

麺の量も適量ですし、ダシが本当に美味しくてたまりません。ただ、味は基本的に“こってり”なので、“こってり”が苦手の人には少し厳しいかもしれません

新伝説を作る場所!

今日はサイドメニューとして「唐揚げ」を注文しましたが、見て下さいこのボリューム2個入りを頼んだのですが、1個の大きさが半端ないですでも、味は抜群です。外はパリパリで中はジューシー本当に絶品です

さて、お腹を満たした僕らはカロリーを燃焼するために、とある場所へ向いました

そうです以前このブログでもご紹介したことのある、「Uボー」がなくなった跡にできた「Uや」というカラオケ店です

オープンしてしばらくたちますが、待望の初入店です。僕らにとってはこの場所は、様々なカラオケ伝説を達成したまさに“聖地”です。お店が「Uボー」でなくなったのは正直寂しいですが、どんなカラオケ店なのかお手並み拝見といったところです

新伝説を作る場所!

日曜日の昼ということもあり、学生などで混み合っていたのですぐに部屋は空いていませんでしたが、15分程待っただけですぐに部屋が空きました。まずは乾いた喉を一気に潤しました

新伝説を作る場所!

店内は一部改装はしているものの、以前の「Uボー」とほぼ変わらない状態でした。ただ部屋の中の機械などはだいぶ変わっていました。

新伝説を作る場所!

肝心要のドリンク&フードメニューは、非常に素晴らしいものがズラリと並んでいました。今日は先程のラーメンでお腹いっぱいでしたので、「たこ焼き」と「フライドポテト」だけにしましたが、今度来る時はここでガッツリ食事も食べたいところです

新伝説を作る場所!

さて歌の方はと言いますと、いつものように「昭和の匂い」がプンプンしています。今日はAゆが懐かしき「WINK」を熱唱してくれました。ちなみに僕は「翔子派」でした

新伝説を作る場所!

今日も相変わらず僕のモノマネショーが開催され、お馴染み「玉置ショー」も大盛況でした。時折、『青田は青田』や『ピーちゃん、ゴメンね。』などのセリフもおりまぜながらAゆの爆笑を誘っていました

今日一番盛り上がったのは、1995~2009年までの怒涛メドレーというヤツです。その年のTOP25の曲が次々とメドレーで出てきます

新伝説を作る場所!

1995年から順番に歌い始めたのですが、この1995年~1998年ぐらいまではとにかく「T.K」、いわゆる小室哲哉の歌のオンパレードでした歌っていて思いましたが、彼は本当に音楽においては天才だなということです。それだけに何としてももう一度復活してほしいところです

15年間のメドレーを歌っていると、その時代の音楽をリードしていた歌手や音楽が分かります。小室から次の時代はGLAYSPEED、そして「つんく」プロデュースの時代が登場したかと思えば、浜崎あゆみ&宇多田ヒカルの時代、そして大塚愛コブクロEXILEという最近の時代へと移り変わっていきました

宇多田ヒカルの歌の時は、横から見ていたら本人?と間違えるほど、Aゆが熱唱していました

気がつけばあっという間の時間でした。今日は5時間歌いきり、お店をあとにしましたが、店員さんの中には前の「Uボー」で働いていた店員さんもおり、常連であった僕らに気がつき笑顔で応えてくれる店員さんもいました

新伝説を作る場所!

お店を出た頃はすっかり陽も暮れ、夜になっていました。またこの「Uや」にはぜひとも来店したいと思います

今後、このお店が新伝説を作る場所となりそうです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> マネキン→スキンヘッド(当たり前といえば、当たり前ですが、マネキンはスキンヘッドですよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

今日は復活祭!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は朝からどんよりした天候で、ぱっとしない一日でしたね。そんな7月最初の週末、皆さんどのようにお過ごしでしたか?

実は今日は僕にとって「復活祭」でした!!

「復活祭=イースター」は、キリスト教の典礼暦における最も重要な祝いの日で、十字架に架けられ死んだイエス・キリストが3日目によみがえったことを記念する日です

というのはキリスト教のお話で、僕が言わんとしている「復活祭」とは全く関係はありません

今日は復活祭!

実は今日は超久しぶりにサウナに行き復活をとげてきました

調べてみると、最後にサウナに行ったのは3月12日でした。つまり約4ヶ月ぶりの復活です。今日のメンバーは山さん、Hき、そして猫男爵でした。常連客の一人、カクにもお会いしたかったのですが、今日は奥さんと旅行中ということでサウナには来れませんでした

4ヶ月も行っていないと、驚くことがいっぱいありました。まず、休憩室のタオルが模様替えされていました

今日は復活祭!

さらには本棚が増えて、漫画の数も増量していました

今日は復活祭!

さらに体重計もリニューアルされており、以前使っていたものよりも使いやすいというか見やすいものに変わっていました

今日は復活祭!

僕が着いた時はまだサウナ室には誰もいなかったので、写真を撮らせていただきましたが、サウナ室だけは以前と変わらない風景でした

着替えを済ませた僕は早速、このサウナ室の中でたっぷりと汗をかきました。久しぶりのサウナはやっぱりたまりませんね~

今日は全部で5回入り、凄く気持ちよかったです。サウナから出て入る水風呂が何とも言えない気持ち良さです。“極楽”とはこのことを言うのでしょうかね

今日は復活祭!

汗をかいた後は、夕食タイムです。今日は久しぶりということもあり、テンションが高かったせいか「豚丼&天ぷらそば」という結構なボリュームのあるものを食べちゃいました。普通に考えれば2食分ですよね(笑)いかん、いかん・・・これでは体重はいっこうに減りませんね

でも本当にここの「豚丼」は美味しくて、すぐにペロリと食べちゃいましたよっ!豚丼先生!(久々に登場)

あまりの気持ち良さに夕食後はすぐに眠りに就いてしまいました。隣りに座っていたHきの話しによると、会話をしていたと思ったら携帯電話を握ったまま速攻オチていたそうです

ひと眠りして起きた頃に、山さんが登場しました。山さんと、今日は来ていませんがカクという二人は僕のサウナ仲間でして、僕の結婚式の際には祝電を送っていただいた方なんです。本当に二人には感謝しています

山さんに御礼を言い、しばらく話しに花が咲き山さんが先日行ってきた香港旅行の出来事などを聞いて楽しい時間を過ごしたあと、僕は再び眠りにオチてしまいました。最近、仕事が忙しく何かと疲れがたまっていたのかもしれませんね

今日は復活祭!

気がつくと結構な時間になっており、僕は目覚めにアイスを食べて目を覚ましました

久しぶりのサウナはやっぱり非常に気持ちの良いものでした。心も体もリフレッシュできて、明日からもまた楽しい生活を過ごせること間違いなしです

僕にとって今日は復活祭といったところでした

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ショーウインドウ→マネキン(ショーウインドウといえば、マネキンは印象的です。たまにリアル過ぎて、人間?と思うマネキンもあったりなかったり(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

やっぱ本場が1番やね♪

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日は突然の“訃報”という悲しいお知らせをしてしまいましたが、僕自身少しずつ気持ちを切り替えていこうと思っています

もちろん心の中にはいつも「キョウボウ」はいますが、僕が今まで通り明るく元気に、そして健やかに過ごすことが、キョウボウに対する最高の恩返しだと思ってます。僕に凄く「幸せな時間」と「思い出」をくれたキョウボウのためにも、もっともっと僕は笑顔で毎日を過ごしていかなかればならないと、そう思っています

これからも時々、このブログ内でキョウボウの話しになることはあると思います。その時はぜひ皆さんも、心優しき北海道犬「キョウボウ」(本名=岳諷女)のことを思い出してやってくださいね。キョウボウも凄く喜ぶと思うので

さて話は変わりますが、Aゆが新婚旅行から帰り、ちょうど今日で1週間経ちました。時間にするとちょうど1週間前の今頃、我が家に帰宅した時間です。今、振り返っても本当に時が経つのが早すぎて、まだまだ行きたいところが山ほどあった旅行でしたが、先日僕らはある「検証」に行ってきました

今年1月の東京旅行後もそうでしたが、東京で食べた「うなぎ」に満足できなかった僕らは帯広で「うなぎ」を食べて、食べ比べした経緯があります。その時は、「うなぎ」じたいは東京のほうが美味しかったのですが、味の違いで帯広の方が美味しいという結論に僕は至りました

そして今回も早速「検証」にあるお店に向かいました

やっぱ本場が1番やね♪

今回の「検証」は大阪名物「お好み焼き」です

僕らが着いたお店は、帯広でもそこそこ有名な「Fげつ」です。本場の味と比べることじたい大阪に大変失礼なことですが、そこはご勘弁いただき早速食べ比べをすることにしました

やっぱ本場が1番やね♪

見た目のフォルムも、大阪には決してひけを取りません。問題は味のほうです。アツアツの「お好み焼き」を食べた瞬間は『美味い!もしかして大阪と比較してもそんなに変わらないんじゃないの?』ぐらいの感想でした

しかし、だんだんと食べていくうちに明らかに大阪との違いに気づきました。明らかに途中から味に飽きてくるのです。これは大阪の「お好み焼き」では感じられなかったことです。大阪の「お好み焼き」は最初から最後まで、飽きることなく本当に美味しく食べる事ができました。

『こんなに美味しいなら、まだまだ食べれるけど、このへんでやめておこうか。』というのが大阪で、『お腹いっぱいだ~美味しいけどもう食べれない。』というのが帯広の感想です。満腹感をつかさどる中枢神経じたいが、大阪と北海道の「お好み焼き」では明らかに違うんでしょうね。

今回の検証の結果は、やっぱ本場が1番やね♪ということです。皆さんも大阪に行った際には絶対に「お好み焼き」は食べるべきだと思いますよ

やっぱ本場が1番やね♪

さてさて、こちらは「お好み焼き」の話とは180度変わりますが、名寄にある「ブラジル」というお店で売っている「なよろプリン」という品です。食べたことのある方はいますか?先日僕は初めてこれを食したのですが、僕が今まで食べてきたプリンの中で断然位の美味しさです。とろける口ざわりに、味わい深いプリンのなめらかさには、本当にビックリするほどでした。プリン好きな方にはぜひ一度は食して欲しい逸品です

明日はまた天気が崩れるようですが、皆さんも体調管理には十分気をつけて良い週末を過ごしてくださいね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 透明→ショーウインドー(ガラス張りの透明なショーウインドーから見える服などは素敵ですよね。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

絶対に忘れないよ・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

2010年6月30日、僕にとって辛く悲しい出来事がありました・・・

僕の大切な大切な愛犬「キョウボウ」が15歳という生涯を終えました・・・

正直言葉が見つかりません。今日この事をブログで伝えようか迷いました。でも、ここでこの悲しき現実をお伝えする事も、キョウボウの供養になるのではないかと思い、悲しみをおさえてお伝えします。

「キョウボウ」という呼称は、友人Hきがつけたあだ名で、普段は僕は「シロ」と呼んでいるので今日は「シロ」と呼ばせてください。

このHYPER日記をいつもご覧になってくださっている方であれば、ご存知の「シロ(キョウボウ)」ですが、実はここ数ヶ月は歳のせいもあってか、だいぶ弱ってきている感はありました。歳も歳ですから(人間にすれば90歳近い年齢)、『こういう時がいつかは来るな・・・』とは心の中では覚悟していました

それが昨日たまたま用事があって実家に寄ると、犬小屋の方から変な鳴き声が聞こえてきました。家に入り、にその事を直ぐに聞くと『シロが昨日からずっとあんな感じで鳴いているんだ・・・もうもっても1~2日だと思う・・・』と沈んだ声で話してくれました。

原因は、老衰に加えてここ数日襲ってきた猛暑でした・・・助けたくても何もしてやれない辛さ、それは僕以上に父が感じていたことでした

僕の実家では父が趣味で犬の協会に入っており、これまでにも何十匹という犬と暮らしてきました。当然それだけの犬がいたということは、何度もこういった場面に遭遇してきたわけです。父も何度もこの切ない場面に対してきたわけです。

できることなら、一生死なずに側にいてほしい・・・でも“生あるものはいつか死す”その現実を受け止めなければならない。何と非情なことなんでしょうね・・・・

そんなシロの声を聞いて僕はいてもたってもいられず、シロに会いに行こうとしました。すると父は『ダメだ!行くな・・・』と僕を制止しました。

『何で!シロに会いたいよ・・・』涙が零れ落ちてきた僕に父は、『シロにはお前が来たことはちゃんと分かっている。今、行ったらお前が辛くなるだけだし、シロも自分の辛いところをお前には見せたくないはずだ。だから、行くんでない・・・』

そう僕にうながす父の声も震えていました。僕以上に悲しかったのは父だったのかもしれません。他の犬ももちろんそうですが、産まれたばかりのシロの事を毎日いつも見てきた父にとっては本当に辛かったと思います。

僕はいたたまれない気持ちを抑えながら、実家を後にして自宅に戻りました

そして今朝、一目散に実家に向いました。しかし、もうそこに元気なシロの姿はありませでした・・・眠るように横たわっているシロに僕は『シロ起きろ、朝だぞ、大丈夫か・・・』

返事のないシロの体を触った僕の手には、もうシロのぬくもりは伝わってきませんでした。僕はただただ、シロの体を撫でました。いつもと同じように体を撫でると、気持ち良さそうにするシロの表情が僕の脳裏をかけめぐり、思わず大きな涙の粒が頬を伝いました・・・

涙でかすむ僕の目には、少しだけシロが笑っていたように見えました。『ありがとう。』そんなシロの声が僕の手を伝い聞こえてくるようでした

以前にもブログで話したことがありますが、シロが僕の家に来た当初はシロは全く僕になついていませんでした。それが、シロが生死をさまようような事があった時に、僕が看病したことがきっかけで、凄く僕になつくようになったのです。きっとシロには僕のその時の『助けたい!』という強い気持ちが伝わったのだと思います

でも、もうそのシロはこの世界にはいないんですね。僕はこれからシロのいない世界で生きていかなければならないのですね。辛いですが、シロのためにもいつまでもくよくよしているわけにはいきませんきっとシロもそんな僕の姿を望んではいないと思います。

昨日知った事実が2つあります。まずひとつは、シロが産まれたのは平成6年8月5日、僕が20歳の誕生日を迎えた次の日なんです。偶然といえば偶然ですが、これには何か運命を感じました

それともうひとつ、シロの本当の名前は「岳諷女」(がくふうめ)という名前だということです。北海道犬なので血統書付きの名犬なのです

シロは明日、僕の父と母に付き添われペット霊園で天国へと旅立っていきます。シロと過ごした思い出はたくさんありすぎて、どれもこれも忘れることのできないことばかりです

でも僕が今思い出したのはちょうど昨年の今頃、今僕がAゆと暮らしているこの家がまだ建設中の時に、シロをつれて散歩しながら何度もここを見に来たことです

『ほら、シロ!前よりもだいぶ出来上がってきただろう、もう少しで俺はここに住むんだよ。お前と離れるのはちょっと寂しいけど、必ず会いにいくからね。』そんなことを僕はシロに話しかけたことを思い出します

もうシロと一緒に散歩することはありません。シロの体を撫でることもできません。シロのザラザラした舌で顔を舐められることもありません。

でも、僕の中でシロは一生生き続けますし、シロと過ごした日々が消えることは一生ありません

明日の朝、僕は最後にシロにこう言葉をかけてお別れしよと思います。

『シロ、今まで本当に幸せな時間をありがとうね。お前のことは絶対に忘れないよ。天国で、仲間たちといっぱい遊ぶんだよ。元気でね・・・』

シロがいなくなった我が家では、アライクラッシャーの親子2匹だけが静かにシロを弔っているはずです・・・

今日はちょっと悲しいブログになったことを誠に申し訳なく思っています。もし宜しければ、皆さんもシロのご冥福を祈っていただければ幸いに存じます

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ゴミ袋→透明(昔はゴミ袋といえば“黒”でしたが、今は“透明”が主流です。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

楽しさの代償・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

すっかり更新が遅くなって申し訳ありません。今日は僕にしては珍しく、残業で帰りがすっかり遅くなってしまいました

昨晩の無念のPK戦負けのショックがまだ日本中を覆っていると思いますが、本当に日本代表は良く頑張ったと思います世界のベスト16に入ったという事実、それは決して悲観することではありません

勝負の世界というものは紙一重です。もちろんスポーツの世界は結果が全てです。どんなに良い内容でも負ければ、それは負けです。でも、スポーツの世界には「勝負」とは別にもうひとつ「感動」という世界があります

どうして人はスポーツで感動するのか、そこには選手の一生懸命な姿、影での見えない努力、そういったなかなか表舞台では目に見えないものがあるからです。僕は正直、男の涙に弱いです・・・昨日も日本の選手の多くが涙を浮かべいる姿を見て、思わず泣いてしまいました

でも泣くのは昨日までです!僕らは、いえ日本代表はもう4年後のブラジル大会へ向けてのスタートを切らなければなりません。日本の戦士が日本にワールドカップを持ち帰るその日まで、僕は一生応援し続けます

さてそんなサッカーの話とはうって変わり、新婚旅行から帰ってきてからというもの、仕事が毎日忙しくてたまりません

あまり仕事の事で弱音を吐くのは好きではないのですが、忙しさが尋常でありません。基本的に僕の職場は残業はしないようにしています。僕も残業はしたくないので、いつも昼休みはほとんどなしで、その日の仕事は全てその日に処理して帰ります。

ただ、1週間仕事を休んでいるとそうはいきません・・・僕の職場は職員の数も少ないこともあり、自分の仕事は他の人ではできない部分がたくさんあります。もちろん、逆に僕も他の人の仕事ができない事も多々あります。つまり、自分の仕事をカバーできるのは自分だけなのです

よって1週間分の仕事が山のように貯まり、それをこなすにしても昼間は電話の応対や来客などで忙しくて、なかなか思うように仕事が進みません。さらに月末ということも重なり、忙しさに輪をかけて忙しいです。なので今日は久しぶりに一人で職場に残り、じっくり残業しました

まあ愚痴ばかり言っても、何の解決にならないのは分かってはいます。こうなることは“想定内”のことでしたが、それにしても新婚旅行の楽しかった日々の後に、こういう厳しい現実が待っているのはちょっぴりしんどいです

楽しいことの後には、楽しさの代償が待っているものですね。明日からは7月です、気持ちを入れ替えて明日も一日仕事頑張ります

皆さんも素晴らしい7月のスタートを切ってくださいね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> ちり紙交換→ゴミ袋(ちり紙交換のおっさんがよく古新聞で交換してくれものの定番といえば、ティッシュかゴミ袋ですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »