« 短かったゴールド・・・ | トップページ | 電話待ってたのに・・・ »

2010年5月28日 (金)

友達は大物ロックンローラー!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

「5月」もあと4日余りで終わり、季節の移り変わる“月”でもある「6月」が間もなく訪れますpaper。6月になれば本州では梅雨rainの季節、そして衣替えsportsの季節でもあり、「春」から「夏」へと一気に加速しますup

そんな今日この頃ですが、僕は今朝ほど“奇妙”なというか“不思議”な夢を見ましたsleepy

僕は夢の中で、あの伝説的なロックンローラーでもあり、僕も中学生の頃から大好きな氷室京介のコンサートに行ってましたkaraoke

会場はなぜか地元の公民館(笑)まあ、言うなれば「ライブハウス」の田舎ヴァージョンみたいなものです(笑)coldsweats01

大好きな氷室の歌声noteを聴きながら僕はとても幸せな気持ちになり、いつしか気がつけばそのコンサートは終了していましたend

僕はコンサートの関係者らしき人と、談笑しながら僕が通っていた地元の小学校schoolのグランドを横切りながら歩いていましたconfident

するとその関係者が『何か飲みにいきたいな。そうだ!氷室を誘えよ!』と僕に言うのですcoldsweats01

僕はその呼びかけに対し『そうだね、呼んじゃおうか!今電話してみるよ。』と言い、おもむろに自分の携帯電話mobilephoneを手に取り、氷室の携帯電話に電話をするのですsign03

夢の中とはいえ、確かに僕の携帯電話のメモリーには「氷室京介 090-○○○○-○○○○」という文字が入力されていましたshine

電話をかけてしばらくすると氷室が電話に出ました。『はい、もしもし。』と少しトーンの低いdown声が電話の向こうから聞こえてきました。

猫男爵:『あっ、氷室さん俺だけど分かる?』

氷室:『うん、分かるよ。』

猫男爵:『忙しいところ悪いね。あの実は俺、氷室のコンサートに行ってて、終わったからこれから一緒に飲みにいきません?』

氷室本人に対して、氷室のコンサートに行ってたというあたりが夢の世界らしいですよねcoldsweats01

氷室:『いいよ別に。じゃ、今から行くよ。』

猫男爵:『了解です、待ってます。』

そんなとってもフレンドリーなやり取りが僕と氷室の中で交わされ、僕と氷室は飲みに行く事になったところで目が覚めましたeye

何とも不思議な夢でしたが、電話の向こうの氷室の声が妙にリアルで、氷室独特の低い声に加え、電話だというのにとてつもないshineオーラshineを漂わせる感じがしましたhappy02

なんでコンサートをした本人に対して、そのコンサートに行ってたことを言ったのか?ましてやなぜ飲みbeerに誘ったのか?そのへんが夢ならではだと思いますhappy01

でも、夢の中とはいえ氷室が相当仲の良い友達だったことは嬉しい限りですscissors友達は大物ロックンローラーだなんて、現実の世界だったら凄いことですよねhappy01。また今日もそんな夢が見れるかな?

今日はちょいと忙しくて、更新が真夜中nightになってしまったことをお詫び致しますpaper。皆さんも今日は楽しい夢が見れますようにconfident。おやすみなさいsleepy

それでは今日はこんへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 毒針→サソリ(毒針を持つ生き物ですぐ思いつくのは「サソリ」scorpiusです。僕は今までその実物こそみたことはないですが、遭遇したらちょっと怖いかも・・・)

|

« 短かったゴールド・・・ | トップページ | 電話待ってたのに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/34913009

この記事へのトラックバック一覧です: 友達は大物ロックンローラー!:

« 短かったゴールド・・・ | トップページ | 電話待ってたのに・・・ »