« 1人2役。 | トップページ | 車も鉄人を目指せ! »

2010年4月29日 (木)

ワイパーも困っちゃうほど・・・

ワイパーも困っちゃうほど…

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

朝起きてeye皆さんビックリsign03だったのではないでしょうかcoldsweats01・・・『まさか雪?』思わず目を疑いたくなるような光景でしたsnow

そんな今日は用事がありまして、僕はAゆと旭川に日帰りで行ってきましたcar。旭川に行くには「狩勝峠」を通らなければならないのですが、案の定「峠」は真冬の世界でした・・・shock

ワイパーも困っちゃうほど…

幸いにも僕はまだ愛車のタイヤ交換をしていなかったので、どんなに雪が降っても心配ご無用ですpaper

皆さんの中には当然、もう夏タイヤに換えてしまった人もいたと思いますが、今日は大変だったと思いますbearing

峠でもトラックが数台立往生していましたし、何よりも除雪車の出動がまだ間に合わず道路は雪で覆われており、何度もハンドルを取られそうになりましたdanger。本当にヒヤヒヤのドライビングでしたcoldsweats02

そんな中で、僕らの前にようやく1台の除雪車が現れたのですが、おかげで峠は大渋滞に・・・そして登坂車線になり、除雪車をようやく追い抜いて渋滞が解消できると思った瞬間に事件は起きたのですsign03

除雪車の横を走っていた僕のフロントガラスに目掛けて、除雪車が飛ばした雪が「バサッ!」ともろにかかってきたのですsign03。一瞬視界がふさがれたものの、ワイパーですぐに雪をどけて視界を作りましたgood

しかし、そこで大問題がsign03

ワイパーも困っちゃうほど…

ワイパーはまだ冬ワイパーなので問題なく活躍してくれたのですが、先程除雪車から飛ばされてきた雪の残骸が、ボンネットの上にごっそり残っているために、ワイパーが元の位置まで戻らないのですsad。さらにその雪がこんもり盛られているせいで、運転席からの視界は非常に悪いのですdanger

すぐにでも車を止めて雪を取り除きたいところですが、いかんせん峠の途中で停める場所すらない状態です。しばらくこの状態のまま走行し、ようやく車を停車させて雪を除去しましたが、ワイパーも困っちゃうほどの危険なドライビングでしたcoldsweats01

皆さんも除雪車の横を通過する際には気をつけてくださいね。まあ、もう雪snowはこれが本当に本当に最後だと思うので来冬の話ですがpaper

ワイパーも困っちゃうほど…

途中の富良野の街では、「こどもの日」が近いということもあって「鯉のぼり」が風になびいていました。しかし、間もなく5月突入だというのにこんな感じの天気では「鯉のぼり」も心なしか寒そうでしたbearing

ワイパーも困っちゃうほど…

旭川ではジャスコに行き、昼食restaurant&ショッピングbagをしてきました。昼食は「中華料理」を美味しくいただきました。「炒飯」と「ラーメン」と「餃子」のセットと、「麻婆豆腐」、「小龍包」を食べました。お腹は満腹になっちゃいましたfull

ワイパーも困っちゃうほど…

食後のドリンクを買いに2階に行きましたshine。凄い種類があるお店のメニューを前に、悩んだ結果、僕は「抹茶ミルク」を、Aゆは「紅芋ミルク」を頼みましたshine

帰りの車内carで2人で美味しくいただいたのですが、Aゆが頼んだ「紅芋ミルク」は抜群に美味しかったですupup本当にこれ以上に美味しいものはないsign03と断言できるほどの絶品でしたhappy02。久しぶりに凄いお気に入りのものに出会った感じがしましたscissors

帰りの「狩勝峠」は朝の大雪が嘘のように雪は解けており、快調に運転できましたhappy01。当然、除雪車に雪をぶっかけられることもありませんでしたcoldsweats01

もう本当にこれで雪は最後にしてほしいと思いますpaper。5月に雪は似合わないのでhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 鼻水→風船(子供の頃、垂れた鼻水が風船のようになり、いわゆる「鼻風船」と呼ばれるものを作っている子供とかいましたよね。僕の2つ下の後輩で、「天皇」というあだ名の奴がいたのですが、彼は鼻風船を作る達人でした。)

|

« 1人2役。 | トップページ | 車も鉄人を目指せ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/34443337

この記事へのトラックバック一覧です: ワイパーも困っちゃうほど・・・:

« 1人2役。 | トップページ | 車も鉄人を目指せ! »