« 『社長と専務』~第2章~ | トップページ | 『社長と専務』~最終章~ »

2010年3月25日 (木)

雑草魂のエース!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

3月も後半に差し掛かり、年度末ということで皆さん何かと忙しい毎日を送られていることでしょうbearing。僕も年度末は仕事がいつもよりは忙しくなるので、少々疲れ気味ですweep

そんな今日この頃ですが、ひと足先に先週末に開幕したプロ野球baseballパリーグに続き、いよいよ明日は我らが巨人軍がいるセリーグbaseballも開幕しますsign03

原政権のもとリーグ4連覇に向けて、今年も巨人の戦いから目が離せませんhappy02。そんなプロ野球開幕シーズンですが、小さい頃からプロ野球の開幕をいつも待ちわびていた僕には、今でも忘れることのできない思い出の開幕戦がありますshine

それは今から23年前の1987年の開幕戦です。その年の巨人の相手は中日ドラゴンズでした。そして開幕投手を務めたのは、長い巨人軍の歴史の中でも「桑田真澄」と並んで僕が大好きな投手「西本聖」ですhappy01

当時の巨人は江川と西本が“エースの座”を争うライバル関係にあり、毎年交互に開幕投手baseballを奪い合うという時代でしたpaper

西本の最大の魅力は、足を大きく上げて投げるそのフォームと、右打者の内角をえぐる“シュート”と呼ばれる球種baseballでした。その彼の姿の裏に秘められたものには、エリート選手に比べて、自分がドラフト外という下のレベルから登りつめてきた「雑草魂」という、負けん気の強さがありましたconfident

1987年の開幕戦は、後楽園球場最後の年のスタートでした。今でも僕はその光景を鮮明に憶えていますflair。霧の立ちこむ球場のマウンドに立った、巨人の背番号「26」西本聖は、中日のバッターを得意のシュートでゴロの山に抑え込みましたgood

その前の年のオフに、「三冠王」crownという肩書きを持ち中日に移籍してきた落合博満(現中日監督)との対決は、プロ野球ファンにとっては見逃すことのできない対決でしたが、西本は見事に落合を完全に封じ込め、見事に完封勝利をおさめたのですshine

後に、この西本の落合に対するピッチングが“落合封じ”の参考になり、この年の落合は内角を攻められ続け、思うような成績を残せませんでしたdown

僕はこの試合の以前から西本の大ファンだったのですが、この試合でさらに彼のことが好きになり、その夜nightはあまりの興奮upになかなか眠れなかったことを今でもよく憶えていますcoldsweats01

プロ野球には「沢村賞」という、投手にだけ与えられる賞がありますcrown。伝説の大投手として球史に名を残す「沢村栄治」を称えて設けられた賞なんですが、足を天高く上げて投げるフォームは、まさに西本のフォームそのものなんですgood。西本は1981年に1度だけ「沢村賞」を受賞していますが、後にも先にも僕は真の「沢村賞」に値するのは西本聖ただ一人だと思っていますsign03

こんなエピソードがあります。1983年の日本シリーズで西本と対戦した田淵幸一(当時西武)は、野球人生で初めてバットを短く持って打席に入ったそうです。それは西本の“シュート”を打つために、プライドを捨てて取った策だったそうですbearing。球界を代表するホームランバッターのプライドを捨て去るまで、彼の“シュート”というものは凄かったのですpaper

あるチームのコーチは右打者に対して、『西本が真ん中から中寄りに投げてきたら、絶対に振るな!』と指導したそうです。それほど打者やコーチから恐れられていたこの“シュート”の完成の裏には、雑草から這い上がってきた彼の血のにじむような努力があったことを決して忘れてはいけませんpaper。何事も日々の努力の積み重ね、それがあるからこそ成功につながるということですconfident

僕は小さい頃、いつも西本聖の投球の真似をして野球をしていましたbaseball『いつか自分も西本のようになりたい!』そんな夢と憧れを持てたことは今でも僕の素晴らしい思い出ですshine

今の子供たちにもそんな思いを持ってほしいのですが、そう子供たちに思わせる選手が果たして今のプロ野球界にはいるのでしょうか・・・

僕が真っ先に思い浮かぶのはダルビッシュ有ですが、もっともっと多くの個性溢れるスター選手の誕生がなければ、日本プロ野球の未来は見えてきませんsign03

雑草魂のエースと呼ばれた西本聖は、巨人→中日→オリックスと渡り歩き、最後は巨人にカムバックし1994年に引退し、今は千葉ロッテマリーンズで投手コーチを務めていますconfident

きっと西本のシュートを超えるシュートを投げる投手は今後出てこないと思いますが、彼の雑草魂を引き継ぐ選手はいくらでも出て来ると思います。そんな選手の登場が、きっと日本のプロ野球界を盛り上げてくれることを僕は祈っていますconfident

明日から開幕するセリーグ、そして既に戦いが開始されているパリーグ、いずれもこれから秋までの長丁場のペナントレースbaseballですが、今年も熱い熱戦が繰り広げられることを僕は一人の野球ファンとして切に願いますhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 豚まん→肉汁(「豚まん」を半分に割って食べる時に出る、あの肉汁は実にたまりませんね~happy02

|

« 『社長と専務』~第2章~ | トップページ | 『社長と専務』~最終章~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/33933107

この記事へのトラックバック一覧です: 雑草魂のエース!:

« 『社長と専務』~第2章~ | トップページ | 『社長と専務』~最終章~ »