« 涙は努力の結晶だよ。 | トップページ | お帰り、倉本! »

2010年2月15日 (月)

フィンランドと大阪の共通点?

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

バンクーバー五輪も今日で3日目を迎えましたpaper。残念ながら、まだ日本はメダルを獲得するにいたってませんが、誰かが1つメダルを取れば勢いがついていくと思いますup。明日は注目のスピードスケート男子500mが行われますsign03これはメダルに期待ができますよgood

さて、そんな五輪を見ていてふと思うこと、というかこれは以前から思っていたことなんですが、フィンランドという国の選手にはかなりの確率で「○○ネン」という名前が多いとは思いませんか?

今回のバンクーバー五輪でもスキーノルディック複合のマンニネンという選手がいますし、ジャンプではアホネンという、日本人にすれば馬鹿にしているのかという名前の選手がいますcoldsweats01。ひと昔前には、ニッカネンというスーパースターもいましたしねshine

このフィンランドの「○○ネン」は何も五輪選手だけに限らず、色んなスポーツで数多く見られますpaper。例えばモータースポーツのF1motorsportsなどではハッキネンライコネンコバライネンと、フィンランド人はほとんどが「ネン」で終わる名前ばかりなんですsign03

ところで、「~ネン」といえば、皆さん何となく親近感というか良く耳にする言葉だとは思いませんか?

たぶんそれは関西弁の「~ねん」じゃないかと思うんでうすよねhappy01。テレビで関西の芸人がよく「~やねん」と喋っているのをふと思い出してしまいます。だから何となく、フィンランド人の名前を聞いても、親近感を感じるような気がするのかもしれませんgood

アホネンに関しては、間に「や」を入れれば「アホヤネン」と完全に関西弁になっちゃいますよねsmile

もしも関西の人がフィンランドに行って、会話をしていたらどうなるんですかね?道行くフィンランド人は、自分の名前を呼ばれたと思って振り返ったりするのですかね?

「ドナイヤネン」とか「ドツイタルネン」とか「ソヤネン」、会話で出て来る言葉はいくらでもありますよね。そして、もしかしたらそういう名前のフィンランド人がいてもおかしくはないですよね?coldsweats01

たぶん推測ですが、フィンランド人の名前の「○○ネン」は、フィンランドでは凄くポビュラーな名前の一部なんだと思います。例えば日本で言うところの「○藤」みたいな、「佐藤」「加藤」「伊藤」「江藤」「安藤」「斉藤」「工藤」「近藤」「須藤」「内藤」「武藤」など結構あるように、フィンランドもこんな感じで「○○ネン」で溢れかえっているのだと思いますhappy02

でも、フィンランド人が大阪に来るか、大阪人がフィンランドに行くか、どっちにしてもその状況での大阪人の会話を聞いたearフィンランド人の対応が見てみたいと思うのは僕だけでしょうか?やや強引かもしれませんが、フィンランドと大阪の共通点を今日は発見したような気がしますdelicious

余談ですが、ロシア系には「○○スキー」とかも多くありませんか?皆さんは「どこかの国でこんな感じの名前が多いですよ」という情報をお知りでしたら、ぜひ教えてくださいpaper

またあるいは「フィンランド人になぜ「○○ネン」という名前が多いのか」、その理由を知っている方がいればぜひ教えてくださいconfident。余りにも多いので凄く気になるので・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> もぐら→ドリル(小さい頃のアニメとかのイメージなのか、何となく「もぐら」といえばドリルみたいなもので土の中で道を作って進んでいるというイメージがありますgood

|

« 涙は努力の結晶だよ。 | トップページ | お帰り、倉本! »

コメント

こんばんは。
関西の話題なんでおもわずコメントです。

セルビアとかって「~ビッチ」だらけだよね。
サッカーみてても11人中9人とかそうだったりする。
ちなみに最近の代表メンバー22人中11人が「~ビッチ」で、「~ッチ」を含めると22人中18人だった。どんだけぇ~(ってなんか懐かしいね)
すごい確率だよね。
ついでにセネガル代表では「~イェ」なんて聞きなれない語尾の人が22人中7人もいたよ。
まぁビッチ率にはかなわないけどね。

※今日は謎の「尾てい骨痛」でミニバレーお休みします。まあ尾てい骨痛はさほどではないんだけどCの・Rか共に発熱中で自粛というのがメインの理由かな。先週は会議だったし、復帰がなかなか思うようにいかないけどなるべく行きます。よろしく。

投稿: Fい | 2010年2月16日 (火) 17時19分

Fいさん
サッカー通のFさんならではの貴重なデータありがとうございます。
確かにセルビアや旧ユーゴ圏では『〜ビッチ』のオンパレードですよね(笑)

地元のメディアは慣れているから平気なんでしょうが、日本がもし対戦した時はアナウンサー泣かせでしょうね(苦笑)
顔と名前がなかなか一致しないでしょうね…

風邪がまた流行ってるみたいですね。家族ですから、順番で可愛いお子さんの風邪がうつりますね、きっと(笑)
それはそれで仕方ないですね。
風邪にうつってなければ、あるいは“尾てい骨痛”が治っていれば、来週お待ちしています!

ちなみに今、体育館にいるんですが、大人数人がロビー付近で真剣に“かくれんぼ”しています!めっちゃ楽しそうです。
今度、春になったらガチの“かくれんぼ”したいですね。

投稿: 猫男爵 | 2010年2月16日 (火) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/33392824

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドと大阪の共通点?:

« 涙は努力の結晶だよ。 | トップページ | お帰り、倉本! »