« 冬に咲いた花たち①~トリプルアクセルにかけた夢~ | トップページ | 冬に咲いた花たち③~史上最強のスマイル~ »

2010年2月10日 (水)

冬に咲いた花たち②~ゲレンデの貴公子伝説~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日は週に一度のミニバレーの日だったのですが、僕は昨日降った雪snowのせいで仕事が忙しくミニバレーには行けませんでしたbearing。本当にいつもいつも雪snowの奴には腹が立ちますangry。そんな雪ともあと1ヶ月もすればお別れかと思うと、早く春cherryblossomになってほしいところですconfident

さて、そんな僕の大嫌いな雪ですが、ウインタースポーツsnowboardを楽しむ人にとってはこの雪というものはなくてはならないものです。特にスキーをするには雪がないと始まりませんからねhappy01

ということで、昨日から始まったバンクーバー五輪開幕直前強化週間の第two回は、スキー競技の花形「アルペンスキー競技」を取り上げてみようかと思いますpaper

1970年代~1980年代にかけてのアルペンスキー界は、インゲル・ステンマルクという偉大な一人のスキーヤーの独壇場でしたgood。五輪、W杯、世界選手権などの主要大会で出場した試合はほぼ全てで勝利をおさめるという、その強さは異次元の強さでしたsign03

そしてその彼の時代が終焉を迎えた頃に、アルペンスキー界に登場したのが3人の貴公子たちですscissors

まず1人目は、ピルミン・ツルブリッケンです。スイスが誇るオールラウンダースキーヤーの彼は、その足腰の器用さを活かし、「回転」から「滑降」まであらゆる競技でトップクラスの成績を残しましたcrown

僕が印象に残っているが1988年カルガリー五輪での「滑降」です。滑降はダウンヒルと呼ばれるアルペン競技で、最も危険かつ技術を要する競技で、ひとつ間違えれば大怪我hospitalや、最悪な場合は命まで落としかけない、とてもスリリングな競技ですdanger

その滑降競技を僕はテレビtvで観戦したのですが、このツルブリッゲンの滑りは僕を一瞬にして虜にしましたshine「速くて上手い」それが彼の滑りの特徴ですgood。見事に彼はカルガリー五輪の滑降で金メダルに輝きましたcrown

そして彼のさらなる魅力のひとつが、「滑降」のみならずスラロームと言われる「回転」の種目でも活躍できるという点です。普通のアルペンスキー選手は、滑降などのスピード系か、あるいは回転などの技術系に分かれるケースが多いのですが、彼はどの種目もそつなくこなすことができる選手でしたpaper

そして、このツルブリッゲンのライバルとして同じ時代に活躍していたのが、マーク・ジラルデリというルクセンブルクの選手です。スキーが好きな方であればきっと聞いたことはある名前だとは思いますflair

彼も1980年代中盤には2年連続でW杯総合王者に輝くなど、めまぐるしい活躍を見せていたのですが、なぜかオリンピックの金メダルには縁がなく、1988年カルガリー、1992年アルベールビルと無冠に終わってしまいましたdespair

そんな彼の五輪の中でも僕が印象に残っているのは1992年のアルベールビル五輪の大回転でのアルベルト・トンバとの息を呑む対決でしたsign03

僕は大会前からイタリアの英雄でもあり、世界的スーパースターであったトンバに注目していましたが、と同時にトンバに勝つ選手がいるとするならば、ジラルデリだと思っていましたconfident

この頃の回転系の競技はトンバが絶頂期をむかえており、1988年カルガリー五輪では回転と大回転の2種目で金メダルを獲得し、その後もW杯や世界選手権はトンバの時代でした。なので、なおさら僕はジラルデリの奮起に期待していたのですgood

爆発的に豪快な攻めの滑りを魅せるトンバ、逆に巧みなターンで正確な滑りを魅せるジラルデリ、この世紀の対決は今でも僕の目に鮮明に焼きついていますsign03。『どっちが勝つんだ!ちょっとでも小さなミスをしたほうが負けだな・・・』そんな思いを持ちながら僕はテレビtvの前で息を呑んでその戦いを楽しんでた思い出がありますconfident

結果は王者トンバが見事な滑りで金メダルを獲得しました。ジラルデリは惜しくも銀メダルでした。この1992年アルベールビル五輪、大回転でのトンバVSジラルデリの勝負は今でも僕の中で3本の指に入るほどの魅力ある対決でしたscissors

こうして五輪という大舞台を沸かした、3人の名スキーヤーたちは数々の記録と記憶を残し、1990年にツルブリッゲン、1997年にジラルデリ、1998年にトンバがそれぞれ引退し、ゲレンデを去っていきましたが、彼らが残したものはまさにゲレンデの貴公子伝説と呼ぶにふさわしいものでした。そのゲレンデには確かに光り輝く花が咲いていましたtulip

彼らの引退後、様々な名スキーヤーが登場してきましたが、彼らのように光り輝くスーパースターshineはいまだに現れてきていないのが現状だと思われます。今回のバンクーバーの地で、また新たなスーパースターが誕生し、新伝説が生まれることを僕は祈りますhappy02

皆さんも、今回のバンクーバー五輪はどうかアルペンスキー競技にも注目をして見てくださいね。より速く、より正確に、それを成し遂げたものだけが、ゲレンデの貴公子の称号を得ることができるのですconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の連想ものとり> 人体模型→人造人間キカイダー(あの模型を見ていると、小さい頃に見ていた「人造人間キカイダー」を思い出すのは僕だけでしょうか?)

|

« 冬に咲いた花たち①~トリプルアクセルにかけた夢~ | トップページ | 冬に咲いた花たち③~史上最強のスマイル~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/33313575

この記事へのトラックバック一覧です: 冬に咲いた花たち②~ゲレンデの貴公子伝説~:

« 冬に咲いた花たち①~トリプルアクセルにかけた夢~ | トップページ | 冬に咲いた花たち③~史上最強のスマイル~ »