« すもうの歌♪ | トップページ | 敵に不足なし! »

2009年12月 4日 (金)

責任感バッジ。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日仕事をしていると、バカ上司のP.A.Rが何かオタオタとうろたえている姿が目に入りました。ただでさえ存在じたいが腹立つのに、何をしているのか見てみると、会議の時などに付けていくバッジを失くして、探しているようでした

『何やってもダメなやつだな・・・』と思いながら、無視していましたけど。数分後にP.A.Rが『あっ!』と急に声をあげたかと思ったら、自分が座っている椅子の座布団の下から、バッジが出てきたみたいです。本当に誰かこいつの首絞めてやってください

毎日毎日、仕事中に居眠りはするし、何も開いていないパソコンを見ながら計算機で何か計算しているフリするし、数枚の紙を揃えるに10分ぐらいも「トントントントン」と音をたてて紙を揃えてるし、人が電話に出たのを見てから慌てて受話器を取って『もしもし。』って言うし、こっちはとっくに電話出てるっつうの。こんな最低の人間と仕事をしている僕は最高に不幸だと思います。本当、ガチでどこに出しても恥ずかしい上司ですから

そんなヤツが今日失くしかけたバッジの話が出たので、今日はバッジのお話をしたいと思います

あれは僕が小学校3年生の時のお話です

皆さんの学校ではどうだったか分かりませんが、僕の小学校では3年生からクラスに学級委員長副委員長、そして書記という3役を置くシステムを取っていました

僕の住んでいる地域は、みんな小さい頃からの幼なじみばかりなので、とても団結力があり、そして仲の良いクラスでした

そしてそんな仲間をまとめる学級委員長に、僕は3年生になるやいなやいきなり選出されたのです『なんか大変な役目だな・・・』と思いつつも、「任されたからには、しっかりとやらなければ」と思った事は今でもよく憶えています

その日の放課後、担任の先生から渡されたのはひとつのバッジでした。そこには「学級委員長」という字と、その下に「○○」と僕の名字が漢字で書かれていました。そのバッジに付いた安全ピンで、服の胸のところにバッジを付ければその人が学級委員長だということは誰から見ても一目瞭然です

何だか僕はそれが嬉しくて、少し誇らしげに家路に着いた記憶があります。家に着くと、真っ先にそのバッジを大好きなばあちゃんに見せました。ばあちゃんは凄い嬉しそうな顔で、僕を褒めてくれました

その時、中学生だったにも見せました。僕が小さい頃に姉がそれと同じバッジを胸に付けているのを僕は見ていたので、『どうだ!姉ちゃんと同じの付けたぜ!』と少し自慢をしたかったのかもしれません

それからというもの僕は毎朝、学校に着ていく服にバッジを付けるのが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。もちろん、学校に行けば学級委員長ということで、任された仕事は色々とあって大変でしたが、それよりもバッジが格好良くて嬉しくて仕方なかったのです

そんなある日、その日もバッジを付けて学校に行こうと思って着替えたのですが、どうしてもバッジが見つからないのです・・・家族総出で家の中を探したのですが見つかりません・・・

『本当に昨日帰ってきた時は、あったの?』そんな疑いもかけられましたが、そんな大切なバッジを付けて帰ってこないわけがありません

結局、バッジが見つからずその日はバッジを付けずに登校し、帰ってきてからもう一度探しました。がしかし・・・やっぱり見つかりませんでした

僕は先生からもらった大切なバッジを失くしてしまったという責任感から、涙に暮れました・・・・でも、泣いていても拉致はあかないので、翌日先生に正直に話すように親に説得されました

翌日学校に行き、先生に泣きながら失くした事を正直に話しました。先生は『泣かなくていいんだぞ、代わりのものもあるし、そんなに気にすることないぞ。』と言ってくれました。それでも僕の責任感が許さなかったのでしょう・・・泣きながら『ゴメンなさい。』と何度も謝り、『もう一回探してみます。』と答えた事はよく憶えています。

その日、重い足取りで家に帰り、僕はもう一度探してみることにしました。何度もみんなで探したので見つかるはずもないのは分かっていましたが、もう一度だけ探してみました。すると何気なく動かした、ソファーの下から何とバッジが出てきたのです『あったー!!』その時の感激は今でも鮮明に憶えています

翌日、一目散に先生にもとに行き、バッジが見つかった事を報告しました。先生は『良かったな!』と笑顔で僕に語りかけてくれました。『きっとお前のその責任感の強さに、神様がバッジを見つけさせてくれたんだぞ。良かったな。』今でもその時の、Fい先生の言葉は僕の耳にこだましています。

それ以来、僕はそのバッジを『責任感バッジ』と呼んでいます。そのバッジを付けている事で生まれる責任感、それは一人の子供が大人になっても役立つ責任感という大切な力を備えさせてくれる、素晴らしいバッジなんです

まあ、P.A.Rのように大人になっても責任感のかけらも無いヤツもいますが、きっとそういう人は子供の頃に、責任感バッジに出会うことが出来なかった残念な人なんだと思うようにしています

今日は幼き日の、良き思い出をふと思い出して話させていただきました

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 平岩紙(「ひらいわかみ」と読みます。松尾スズキが主宰の大人計画所属の30歳の女優です。数々のドラマで名脇役として、良い演技を見せてくれています。今日放送されるテレビ朝日系列のドラマ「マイガール」にも出演中です。)

|

« すもうの歌♪ | トップページ | 敵に不足なし! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任感バッジ。:

« すもうの歌♪ | トップページ | 敵に不足なし! »