« 時給49,000円? | トップページ | みくさのかむだから。 »

2009年11月26日 (木)

伝説の「長渕キック」!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

先日、何気なくテレビを見ていたら、ドラマのワンシーンでいわゆる仁侠系の方々が裏切った仲間をボコボコに蹴っ飛ばしているシーンを目にしました

でも、何となく迫力を感じないというか、物足りなさを感じたんですよね。なんでだろう?としばらく考え込んでいるうちに、答えが見つかりました

それは僕が知っている“最強のキック”ではなかったからです

ボコボコにした後でもこれでもかと、とどめをさすくらいまでに蹴り続けるキック、それが僕が知っている最強のキック、あの伝説の長渕キックです!

1980年代後半~1990年代前半にかけて、僕の大好きな長渕剛が映画・ドラマで数多く演じたのが、いわゆる仁侠系の役柄です。その中で彼は何度も、この長渕キックを見せてくれました

ドラマでは『とんぼ』『しゃぼん玉』、映画では『オルゴール』『英二』の中で、長渕キックを目にする事ができます

このキックの凄さは、ただ相手を倒すために蹴るのではなく、倒れている相手に対しても容赦なく罵声を浴びせながら、休む間もなくひたすら蹴り続けるというところですまさに最強のキックです

そしてこの長渕キックの特徴としては、力いっぱい蹴りを入れた後に、その拍子で自分もバランスを崩してよろけるというところにあります。具体的に言うと、相手を蹴り上げた後に、軸足で3回くらいケンケンをするようなイメージです。そんなになるくらいまで全力で蹴っているということです

実は長渕がドラマや映画の中で使うこの長渕キックは、長渕本人がまだ歌手として売れていなかった頃、中洲で流しをしていた時に、酔っ払ったヤクザが『フォークなんて歌わないで演歌を歌え!』と強要したのですが、長渕は『演歌は歌えません!』と拒否した際に、激怒したヤクザに長渕本人が実際に受けたキックだそうです

そんな苦い思い出を、自分のものにするあたりが彼のスケールの大きさを物語っていますよね

ちょっと僕らよりも下の世代の人には、「長渕キック」と言ってもピンとはこないかもしれませんが、僕らの世代にとってはとても印象に残るキックのひとつです

もちろんこれは、あくまでも芝居の中での事ですから、実際にむやみやたらに人を蹴ったりしてはいけませんけどね

最近めっきり長渕のドラマを見る事がなくなり、僕はちょっと寂しいです。長渕剛を中心にした、哀川翔石倉三郎、故山田辰夫などのお馴染みのメンバーが揃った、長渕作品は僕は大好きでした

そんな長渕作品の中でも、一番印象に残っている作品は『とんぼ』の最終回です。長渕(小川英二)が電話ボックスから出たあとに、背中を刺され血まみれになりがらも立ち上がり、人混みの中を歩いていくシーンは今でも鮮明に憶えています

今でも舎弟の哀川(水戸常吉)に向かって、『ツネ!』と微笑みながら呼ぶ声が甦ってきます

何だか長渕キックの話をしていたら、無性に長渕作品が見たくなってきました。ちなみにドラマ『しゃぼん玉』の最終回については、僕は飽きるほどビデオで繰り返し見たので、後半の長渕のセリフを今でも全て言えます

もし「長渕キック」を見た事のない方は、ぜひ長渕作品をレンタルして見てください。すぐに『これのことか!』って分かると思いますよ

僕の願いとしては、もう一度全く違うストーリーで長渕剛と哀川翔が共演し、なおかつ長渕キックが見れる作品を見てみたいです

P.S.「長渕キック」はあくまでもドラマや映画の中での芝居のひとつですので、日常の生活では決してむやみに使わないほうが宜しいかと思います

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 所さん(今日のお昼、久しぶりにコンビニで所さんに会ってお話できました。いつ見ても所さんにそっくりでした。)

|

« 時給49,000円? | トップページ | みくさのかむだから。 »

コメント

猫くん

『とんぼ』のビデオはないんですか?
今度『しゃぼん玉』を貸してください

投稿: Hき | 2009年11月26日 (木) 23時52分

Hきさん
残念ながら当店では『とんぼ』も『しゃぼん玉』も取り扱ってないんですよ・・・

『しゃぼん玉』なんて特に懐かしいですよね。当時高校生だった僕とHきさんで、ダニ丸を南条(綿引)の役にして『しゃぼん玉』のドラマを再現してましたもね(笑)

投稿: 猫男爵 | 2009年11月27日 (金) 19時57分

長渕剛の『しゃぼん玉』と『とんぼ』ですか。

『とんぼ』は子供の時に父と一緒に見ていたので過激な暴力シーンには当時生理的にかなり引いていました。

投稿: 台湾人 | 2011年2月18日 (金) 16時20分

通りすがりで拝見させていただきました。
長渕キックは一度見たら忘れられませんね。
私も長渕さんのドラマで一番記憶に残っているのはとんぼのラストシーンです。
しゃぼん玉は9話くらい最終回にかけては内容が激しすぎてトラウマになっています…

投稿: XX | 2014年4月 8日 (火) 09時21分

XXさん
確かに『しゃぼん玉』の後半は結構な内容でしたね。
ポー(長渕)が片足を失うハメになったシーンなどは、思わず目を覆いたくなるようなシーンでしたし、最終回で大衆の前でボコボコにされるシーンなども、今でも頭から離れないシーンです。
僕はトラウマにまではなったいませんが、きっとそういう感情になった方もいるのでしょうね。

投稿: 猫男爵 | 2014年4月 8日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の「長渕キック」!:

« 時給49,000円? | トップページ | みくさのかむだから。 »