« ヘルシーな「鍋」。 | トップページ | 日々の予防。 »

2009年10月 9日 (金)

忘れられない手の温もり・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

日本列島を震撼させた台風18号は、ようやく北海道の東沖に抜けて去っていきました。今回の台風はその強大な勢力で暴風を巻き起こし、多くのつめ跡を残していきました。改めて自然の脅威を肌で感じた数日間でした

そんな台風一過の今日、東京都港区にある善福寺では元財務・金融担当大臣である中川昭一氏の葬儀が営まれました。

突然の訃報を耳にしたのは5日前の10月4日でした。その日、テレビで流れた「中川昭一死亡」のニュースに僕は呆然と立ち尽くしました。

僕の住んでいる北海道・十勝は、いわば中川さんの地元です。昔から、ここ十勝で彼の事を知らない人はいませんし、彼が地元に残した功績は数え切れないほどあります。ただ、”あの事件“以降は国民の信頼を損ね、逆風と戦う日々が続いていたのは事実です・・・

「あの事件」とは、今年の2月にイタリアのローマで開催された「G7」での“泥酔記者会見事件”です。「日本の恥」とまで言われたあの事件は、僕の心にも非常に強く残っています

どんな事情があっても、あれは絶対にあってはならない事です。亡くなった方を悪く言うのは嫌ですが「酒は飲んでも呑まれるな」とはよく言ったものです。いくらお酒好きの方とはいえ、あの状況であのような愚態はあるまじき行為です。

悲しいかな、中川さんのお酒好きは“好き”の領域を超えて、“中毒”にまでいってしまっていたんでしょうね

政治家とは非常に大変な仕事です。そのストレスは尋常でないこともよく分かります。しかし、だからといってそれは言い訳にはなりません。国民を代表する人たちであるからこそ、国民の手本となるべき姿を見せてくれなければならないのです

僕は正直な話、中川昭一さんの事は好きでした。選挙の時に、地元に帰ってきて演説などして遭遇する機会があれば、気持ち良く手を振って応援してあげました。十勝が生んだ政治家という事ももちろんありますが、僕は中川さんの“心の優しさと笑顔”を知っているからです

あれは、僕が小学4年生ぐらいの時だったと思います。当時、中川さんは亡くなった父親(中川一郎氏)の跡を継ぎ、新人議員として当選したばかりでした

たまたま僕の父が趣味でしている犬の会の展覧会があり、僕は父に連れられてその展覧会についていきました。すると、その展覧会にあの中川さんが来賓として来ていたのです

普通の来賓の方であれば、最初に挨拶をしてすぐ帰るか、自分の代わりに代理の者をよこしたりするはずです。でも、中川さんは開会から閉会まで一度も席を離れる事なく、その展覧会を観ていました

なかなか無いせっかくな機会だからと、僕は親に勧められて中川さんのもとに行き握手を求めました。すると、中川さんは快く僕と握手を交わしてくれました。その手は、分厚くて温かい優しい手でした

握手しながら中川さんは僕に『いっぱいご飯食べて大きくなれよ!』と、笑顔で僕に一言だけ声をかけてくれました。その優しい笑顔分厚い手の温もりは、今でも忘れる事ができません

思い出したら何だか今、涙が出てきちゃいました・・・

中川さんは、世間的にはかなり酷い事も言われバッシングも浴びせられましたが、僕にすれば中川さんはあの時からずっと「優しいお兄ちゃん」なんです。僕にとっては、とっても大切な思い出なんです。

昨日と今日の通夜並びに葬儀には、政界に限らず各界から多くの著名人も駆けつけていました。それだけ彼の人脈と人望があったという証拠だと思います

「お酒」ともう少し仲良く付き合えたら、きっと彼は日本を代表するリーダーになれたのかもしれません。56歳という若さでこの世を去るのは早すぎます。残った家族の事を考えると心が痛みます。

きっと今頃は天国で、尊敬していた父親と政治談議にでも花を咲かせているのでしょうか・・・

きっと数年経てば、中川さんが亡くなった事も世間の記憶からも薄れていく事でしょう。それは自然の流れといえばそれまでです。でも、僕の記憶からあの手の温もりは一生消える事はありません

中川昭一さん、どうか天国で安らかに暮らしてください。今はただ、心よりご冥福をお祈りします。長い間本当にお疲れ様でした

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 白いスーツの男(昨日、某居酒屋に行ったのですが、そこのレジの前に立っている白いスーツの男を発見しました。結婚式を抜け出してきた新郎か、あるいはダンディ坂野のコスプレにはまっている奴かの、どっちかです

|

« ヘルシーな「鍋」。 | トップページ | 日々の予防。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられない手の温もり・・・:

« ヘルシーな「鍋」。 | トップページ | 日々の予防。 »