« メモリーナンバー。 | トップページ | 「光GENJI」を超えろ! »

2009年10月21日 (水)

世界の宝紀行~中国~

世界の宝紀行〜中国〜

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

さて、今日は妄想の中で世界各地に点在する世界遺産を巡り、旅をするシリーズ企画「世界の宝紀行」第31弾をお送りしたいと思います

旅はいよいよ大詰めに近づいてきました。前回、ロシアで「赤の広場」を目にしてきた僕は、いよいよアジア大陸に戻るために飛行機へと乗り込みました

数時間のフライトを終えて降り立った場所は、中華人民共和国の首都北京にある北京首都国際空港です。空港を降りてタクシーに乗車し、走ること数時間でようやく今回の世界遺産である目的に到着しました

世界の宝紀行〜中国〜

僕の目の前に悠然とそびえたつ、これが今回の世界遺産である「万里の長城」です!同じアジアにありながら、なかなか見に行く機会のなかった「万里の長城」を目の当たりにして、僕は思わず大興奮でテンションが一気に上がっちゃいました

世界の宝紀行〜中国〜

「万里の長城」はただ見るだけでなく、その凄さを自分の足で確かめなければ意味がありません。ということで、僕は実際に「万里の長城」を歩いてみる事にしました

「万里の長城」は総延長6,352kmにも及びます。その大きさから“月から見える唯一の建造物”とも言われています

一般的にはこの「万里の長城」を作ったのは秦の始皇帝だと言われていますが、現存している「万里の長城」の大部分は明の時代に作られたものだそうです

元々は民族間の争いの防御策として作られたものですが、後々は交易や境界線としての役割を果たす事になったそうです

現在は重要な歴史的文化財として保護され、世界有数の観光名所としても有名ですが、地元の住民がレンガを家の材料にするために持ち帰ったり、観光客へ販売したりするなどして、「万里の長城」は破壊が進んでいるそうです。せっかくの世界遺産も、こんな事では台無しになっちゃいますよね・・・

悲しきことですが「万里の長城」の5割以上は、さきほどの事などが理由で姿を消しているそうです。人間が作った偉大な建造物は、愚かな人間の手で徐々に姿を消してしまおうとしているという、悲しい現実に僕は思わず何も言葉が出ませんでした

世界の宝紀行〜中国〜

西の空に太陽が沈みかけ、僕は夕陽が差し込む「万里の長城」のレンガを一歩一歩踏みしめながら歩き、またいつの日かここを訪れる事を約束し「万里の長城」をあとにすることにしました

さあ、いかがでしたか今回の世界遺産は?「世界の宝紀行」もあと残すところ2回となりました。旅の終わりが近づき少し寂しい気持ちですが、次回もお楽しみに

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 野性爆弾のロッシー(今、僕がイチオシの芸人です。その天然的なキャラはとても尋常でないほどの面白さを持ち合わせています。トークは最高に笑っちゃいます。)

|

« メモリーナンバー。 | トップページ | 「光GENJI」を超えろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の宝紀行~中国~:

« メモリーナンバー。 | トップページ | 「光GENJI」を超えろ! »