« 走り抜くことの大切さ・・・ | トップページ | アッツアツのホックホク! »

2009年9月25日 (金)

深緑色の「タクシー」・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

9月も残り1週間を切りましたが、今日の十勝地方は何と25℃夏日でした。思わず『今頃かよ!』とツッコミたくなるような暑さでしたね。でも、こんな日は稀なことです。また明日からは平年並みの穏やかな秋の一日になりそうです。皆さんにとって素晴らしい週末になる事を祈っています

さて、今日は僕の“夢”の話をしたいと思います。“夢”と言いましても、眠っている時に見る“夢“のほうです

先日、僕はちょっと変わった“夢”を見ました

僕はどこか見た事のあるような街の中を、乗用車で自分の運転で走行していました。セブンイレブンがあり、ガソリンスタンドがあり、何差路かに分かれた信号機のある交差点もありました。

何か懐かしいようで見覚えのある風景ですが、そこがどこかは分かりません。都会のようでもあり、田舎のようでもあります。そして僕が運転する車内には数人の人が一緒にいるのですが、みんな知らない人ばかりです

いつの間にか場面は変わって、どこかの食堂かドライブインのような所に僕は立ち寄っていました。そこでは昼食を食べるために、「バイキング」みたいなところに並んでいました。よやく僕の順番が来て料理を取ろうとしましたが、その種類が異常なまでに少ないんです

ご飯と味噌汁と刺し身とキンピラゴボウと、あとなぜか生きた鮭が並んでいるだけです。それは「バイキング」と呼ぶには程遠い光景です。まあ、夢の中なので仕方のない話ですが・・・

僕は近くにあったテーブルで食事をしているのですが、依然と僕のまわりには知っている人が誰ひとりいません

するとまたしても場面が変わり、僕は公会堂か集会所みたいな、人が多数集まる事のできるような場所にいました。すぐ側には友人HこHこ妻が座ってました。特に会話をするわけでもなく、なぜかテーブルの上に置いてあるCDとかDVDをひたすら見ているだけでした

どうやらその場所はHこさん宅から近い場所らしく、しばらくするとHこ妻さんが『うちでドーナツ食べていきませんか?』と言ってくれました。結局僕はドーナツを食べることなく帰ることになったのですが、僕は『白夜だ!』とわけのわからないことを言っていました

そして僕は近くのタクシー乗り場に行きました。すると、ちょうど目の前に1台の深緑色のタクシーが近づいてきて、僕はそのタクシーに乗りこみました

僕は行き先を『S内のAゆ宅まで』と告げました。確かに真夜中のはずなのに外は明るかったので“白夜”だったのでしょう

皆さん憶えているかな・・・昔、帯広の西5条の市役所から長崎屋付近が今みたいな道路でなくて、線路の下をくぐっていく道だった頃を?

あの頃の道路をそのタクシーは、なぜか走っていました。そして、タクシーはS内に向かっているのか向かってないのかも分からないうちに、メーターだけがドンドンと上がっていきました

そしてそのメーターの上がるスピードがハンパないんです「3000円・・・4000円・・・5000円と、デジタルの表示が凄まじいスピードで上がっていくのです

僕はそんなにお金を持っているわけもなく、思わず運転手に『もういいです、ここで降ろしてください!』と言うのですが、いっこうに聞き入れてくれません。気がつくと金額は何と「18万円」までになっていました

『もう無理だ・・・』僕は運転手に『カード使えますか?』と聞くと、運転手は『ダメです。』とボソっと言うのです

『うわぁ~もうダメだ、どうしよう・・・』というところで僕は目覚めました

実に不快な寝起きでした(泣)

いつも言いますが“夢”って不思議ですね。“正夢”にならないことを祈ってます。もしかしたら、どこかで深緑色のタクシーを見かけたら、僕はドキっとしちゃうかもしれません(笑)

やっぱり“夢”は“楽しい夢”のほうがいいものですよね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> HこHこ妻(今日は夢の中から選出しようと思いましたが、夢の中に出てくる知っている登場人物が2人しかいませんでしたので、仲良く夫婦揃ってMIPに選出します

|

« 走り抜くことの大切さ・・・ | トップページ | アッツアツのホックホク! »

コメント

MIPに選出していただきありがとうございます
夢にでてきたから・・・という理由での選出、得した気分です

それにしても、「うちでドーナツたべていきませんか?」とは言わないよねー(笑)って思いますが、いつか正夢になったらおもしろいね

そしてもひとつ、夢の中でもSないのAゆさんち目指すなんて・・・
まったくもうっっ

投稿: Hこ妻 | 2009年9月27日 (日) 09時19分

Hこ妻さん
とっても不思議な夢でした
半分は非現実的で、そして半分は現実的。それが夢の不思議なところですよね
それにしても、なぜ“ドーナツ”だったんでしょうね?(笑)

Sないに向かってたことは、照れくさいのであんまりツッコまないでください(笑)
でも、会いに行くためなら18万円かけても行きますけどね

投稿: 猫男爵 | 2009年9月27日 (日) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑色の「タクシー」・・・:

« 走り抜くことの大切さ・・・ | トップページ | アッツアツのホックホク! »