« ねじまはじま? | トップページ | 海が僕を呼んでいる! »

2009年7月24日 (金)

生き続けるドラゴン・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

さて、皆さんはカンフー映画には興味はありますか?正確にいえばありましたか?かな。昔と違って、最近はあまりカンフー映画は観なくなりましたからね

僕が子供の頃のカンフー映画のヒーローといえば、やはりジャッキー・チェーンです。「酔拳」から始まり、「キャノンボール」「プロジェクトA」「スパルタンX」「ポリス・ストーリー」などなど、彼の出演した好きな映画をあげればキリがありません

しかしそんな彼がメジャーになる前に、もっと偉大なカンフー映画のスーパースターがいたことを皆さんはご存知ですか?きっと誰しもがその質問の答えにあげるだろう、彼の名前は「ブルース・リー」です

蘇ろドラゴン!

彼は今から36年前の1973年7月20日に、残念なことにこの世を去ったために、その華麗なカンフーを今実際に見ることはできませんが、芸術的ともいえる彼のそのカンフーは映像で見ることができます

1974年に生まれた僕には、当然その映像をリアルタイムで見る事はありませんでしが、僕が彼に興味を持ち始めたのは高校生頃の事だったと思います。その当時は、ジャッキー・チェーンの人気が絶大で、この世を去って20年近く経つ偉大なスターであるブルース・リーを忘れさせるほどの勢いがありました

そんな時に、僕はの勧めで一本のビデオを借りてみました。それが『ドラゴンへの道』という映画です。彼のその華麗な動きに僕は完全に魅了され、一瞬にして大ファンになった事を今でも強く憶えています。本当に体中に衝撃が走りました

それ以降、彼の出演している映画という映画はほとんど見ました、それも何度も何度も。「ドラゴン危機一髪」「ドラゴン怒りの鉄拳」「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」「死亡の塔」などなど・・・

その頃から僕の中では、独特の動きと表情を見せる彼のファンへの道が始まりました。もう既に彼がこの世を去ってから、20年近くも経っているというのに

姉が持っていたブルース・リーのポスターを自分の部屋中に貼り、玩具のヌンチャクを買って練習をしたり、当然彼の真似をしたりもしました(笑)。当時の僕はまだガリガリでスマートだったので、腹筋もそこそこあり、本気でカンフーを習おうかと一瞬、本当に一瞬ですよ、思ったこともありました(笑)

日本には、芸能人やスポーツ選手で彼のファンであると公言する人が多数います。そのことからも彼の偉大さや、彼に対する憧れというものの強さが解ると思います。

ブルース・リーの死後、カンフー映画界を支えたジャッキー・チェーンや、サモハン・キンポーユン・ピョウなども、実はみんな若手の頃にエキストラなどで彼と共演しているんです。彼らも偉大なスーパースターに憧れ、そして彼の果たせなかった夢に向かって走り続けた人たちなんです

皆さんはたぶん、カンフーの真似をする時とかは『アチョー』とか声を出しませんか?あれはブルース・リーだけの独特の怪鳥音という叫び声なんですよ。彼の映画を見れば解りますが、吹き替え版であってもその叫び声の部分だけは実際の彼の声を使っていますから

ブルース・リーの事をそんなに深く知らない人であっても、知らぬ間に彼の叫び声を自然と使っているんです。彼の残した偉大さとというものはそのへんにもあるんです

蘇ろドラゴン!

世界をあっという間に魅了し、そしてあっという間に去っていった彼のその人生は幸せだったのでしょうか?それとも・・・

その答えは彼にしか分かりません。ただひとつ言えることは、彼が残した華麗な姿やその言葉は、死後36年が経過した今も、多くの人々の心のしっかりと生き続けているということです

彼が残した言葉で僕が好きな言葉があります

『限界などはない。ただ、うまくいかない時があるだけだ。だけど、そこに留まっていてはいけない。それを超えていくのだ。』

素晴らしい言葉ですよね。何かに迷いくじけそうな時に、凄く勇気をもらえる言葉です。彼だからこそ言える、そんな思いのこもった言葉なのかもしれません

僕の好きな彼の映画『ドラゴンへの道』で、彼は有名なセリフを残しています

『Don’t think! Feel!』(考えるな、感じるんだ!)

人間にとって一番必要なことが、この事なんじゃないでしょうか?

人は考える力というものを手に入れた代わりに、感じるという力を失いがちです。本当は考えるよりも感じるということが一番大切なんですよね。頭の中で考えようとするから、本当の自分の心の目で見なければならないものまで、見失ってしまうんでしょうね。本当に大切な事は、自分の心で感じること。それを彼は伝えたかったのではないでしょうか・・・

1973年7月20日、32歳という若さでこの世を去りながらも、僕たちに多くのパワーを与えてくれる彼こそが、真のスーパースターだと僕は今も自負しています

ありがとうブルース・リー、あなたはいつまでもいつまでも、僕の心の中に生き続けています!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 中田翔(昨日行われた、ジュニアオールスターで見事にMVPを獲得する大活躍。現在イースタンリーグでも、本塁打と打点の2冠でトップを独走する活躍ぶりです。ぜひ梨田監督には、彼を1軍のスタメンで我慢しながらずっと使い続けてほしいところです。一日も早い1軍昇格を祈っています。)

|

« ねじまはじま? | トップページ | 海が僕を呼んでいる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き続けるドラゴン・・・:

« ねじまはじま? | トップページ | 海が僕を呼んでいる! »