« 親をデジタル化! | トップページ | 生き続けるドラゴン・・・ »

2009年7月23日 (木)

ねじまはじま?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

皆さんは今、何か自分の中でのマイブーム的なものはありますか?

僕が今、ハマっているのは「ねじまはじま」です

「ねじまはじま」?知っている人はピンと来ると思いますが、知らない人にはいったい何のことやらですよね

実はこれは、お笑いコンビのおぎやはぎの小木が開発したゲームに出て来る人名(名前)のひとつなんです。巷ではこのゲームは「ねじまはじまゲーム」と呼ばれているみたいです

いったいどんなゲームかと申しますと、五十音を1文字だけ言ってその五十音が頭文字の有名人ではない人の名前をすぐに言うというゲームです。考えてはダメです、すぐに答えるのがルールです

例をあげて説明しますと、お題を出す人が例えば「さ」と言ったとします。すると、答える側の人は即座に「さのけんたろう」などと、芸能人やスポーツ選手などの有名人には無い人名(名前)を答えなければなりません

なぜ「ねじまはじまゲーム」かというと、発案者である小木が「ね」のお題が出ると必ず「ねじまはじま」という、人の名前とは思えない微妙な答えを言うんです。他にも「た」では「たじまようこ」、他にも「○○ようこ」とか、小木は「ようこ」という名前が好きなようです。とにかく小木が答える人の名前は、何とも微妙な名前ばかりでギリギリのラインなんです

簡単そうに見えますが、実は結構このゲームは頭の回転が良くないとできないので意外と難しいんですよ

これと同じゲームは確か以前に、「笑っていいとも」でもやっていましたが、そのずっと前から小木はこのゲームをやっていたので、このゲームの発案者は小木で間違いありません

ではちょっとここで、皆さんにもお題を出してみますので、即座に自分で答えてみてください。僕も自分でも一応答えてみますから

それではまずは「い」!

「いじまけんご」(笑)

次は「ら」

「らいまもとひろ」

次は「に」

「にしうらさとる」

では最後に「ね」!

「ねじまはじま」(笑)

ダメだ・・・「ね」はどうしても「ねじまはじま」が出てしまいます(笑)

皆さんももし暇な時間などには、家族や夫婦、あるいは恋人や友達と、この「ねじまはじまゲーム」でぜひ楽しい時間を過ごしてみてください。きっと期待を裏切らないゲームですよ。もしかしたら「ねじまはじま」を越える、ものすごいおもしろい名前を発見しちゃうかもしれまんよ

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 小木博明(今日はなんといっても彼です。彼は僕の中では天才です!矢作も好きだけどね。)

|

« 親をデジタル化! | トップページ | 生き続けるドラゴン・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねじまはじま?:

« 親をデジタル化! | トップページ | 生き続けるドラゴン・・・ »