« マイケルの限界。 | トップページ | 7月の村。 »

2009年7月17日 (金)

金色よ、しばしの間さらばじゃ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日僕は、自動車運転免許証carの更新に行ってきましたhappy01

免許の更新は30歳の誕生日前に行って以来の5年ぶりのことですpaper。「5年ぶり」ということは、おわかりですよねhappy01。そうですflair僕は優良ドライバー、いわゆるゴールド免許所持者でしたgood

でした・・・そうこの言葉が示すように、それはもう過去のことです・・・bearing

思い返せば悪夢のような出来事・・・

2008年2月20日、奇しくも友人Hきの誕生日に日付が変わった瞬間に、ピカピカと光る回転灯が車のバックミラーに移り、その瞬間から僕のゴールドの道は絶たれたわけですsad

そして、それから数ヵ月後の2008年7月15日、悪夢再び・・・またしても御用に・・・

それから1年の歳月が過ぎた2009年夏、免許証更新の時期が来ましたshine

5年ぶりに訪れた運転試験場の独特の雰囲気に、少しドキドキheart02しながら受付をすませました。次に第oneの関門である視力検査ですeye。この日のために購入したメガネeyeglassをかけて視力検査に挑もうとした時、検査官からの思わぬ一言。

『あれ?今までは眼鏡使用になってないね。とりあえず、メガネかけないで検査してみて、ダメだったらメガネかけてみて。』

僕は検査官に言われるがままに、裸眼で検査をすることに・・・しかし案の定、目に見えるものはぼんやりとしか見えず、正解しているのかどうかも解らないまま、僕は適当に答えてましたcoldsweats01

すると、検査官から出た言葉は!『はい、よろしいですよ。ただ、もし運転中に見えづらかったらメガネはかけてくださいね。』

僕は『は、はい・・・』と少しとまどいながら検査室をあとにしましたcoldsweats01

何で?視力は間違いなく0.7は無いはずなのに。それに全然見えてないし、適当に答えていただけなのに・・・bearing

小さな奇跡がここに起きましたsign03。これで免許証に「眼鏡等」の文字は記されないことになりました。でも、視力が落ちているdownことは事実なので、検査官の言うように見えづらい時はメガネeyeglassをかけて運転することにしますscissors

そして次は第twoの関門、免許証用の写真撮影ですcamera。皆さんもこの写真撮影は苦手じゃないですか?なぜか指名手配の犯人shadowのような表情で写ったりしませんか?免許証の写真は人には見せれないという人、少なくはないはずですよcoldsweats01

僕は人に見せれないほどひどくはないですが、どうも強張った表情でいつも写ってしまいます。今回はこそはsign03と、意気揚々に挑んだ結果、今までの中では一番良い写真写りでしたshine。良かった・・・confident

何か今日は全てが順調だぞbell

最後に待ち受けている講習の前までの待ち時間clockは、受付の時に前に並んでいたおばちゃんとなぜか仲良くなり、色んな世間話をしていました。こんなところでオバサンキラーが発揮されるなんてcoldsweats01。ちょうど退屈だったから良かったですpaper。若干、最後の方はウザくなってきたけど(苦笑)

そして最大の難関講習の時間が来ました。なぜ最大の難関かと申しますと、恐縮ですが僕は今まで30分講習(優良講習)しか受けたことがなかったのですが、今回はその4倍・・・2時間講習(違反講習)だからですcrying。まさに天国から地獄です・・・down

しかし、その講習内容は僕が思っていたほどに過酷ではありませんでしたconfident。まず、最初の10分くらいは、講習担当者が登山fuji好きらしく、なぜか自分がプライベートで撮影した登山風景の写真のスライドを説明付きで見せられましたhappy02

『えっ?何これ?でもこれなら面白いんだけど。』僕は心の中でそう呟きました。

しかしこれが最後まで続くわけは当然なく、ようやく本題の講習内容に入りました。しかし、講習担当者は僕らにこう言いました。『眠たかったら寝てもかまいません、ただイビキをかいていたら起こしますから。』

『えっ?違反講習って言っても案外、楽じゃん!』僕は心の中でちょっと安堵しましたconfident

休憩を10分挟んだだけの2時間は、講習とビデオ鑑賞movieという内容で、途中眠くなったりsleepy、座りっぱなしなので腰が痛くなったりはしましたが、そんなに苦痛とまで感じるものではありませんでしたpaper

でも、やっぱりできることなら講習時間は短いほうがいいですよね。また30分講習に戻れるように僕も頑張りたいと思いますscissors

講習が終わり、いよいよ新しく発行された免許証が手渡されました。今までと変わらない暑い夏の陽ざしsunの中で見る新しい免許証。ただ今までと違うのは色が青いということ、ただそれだけです・・・・weep

「ゴールド」に光り輝く今までの免許証を持って帰ることもできたのですが、それはやめました。過去の栄光にすがりつくのではなく、また自力で何としても金色の免許証をもらえるように安全運転に心がけるという、自分への戒めのためですsign03

今度の免許証更新は3年後の平成24年、そして何もなければその次の更新が5年後の平成29年かな?その時まで、無事故無違反でいれば、またゴールドの免許証に再会できるはずですshine

その時まで、金色よ、しばしの間さらばじゃ!

皆さんも、車を運転carする時はくれぐれも安全運転に心がけて、無事故無違反を目指しましょうね。そういう一人一人の心がけが、多くの人の命を救い、そして自分の命をも救うのですからconfident。そして、結果的に「ゴールド免許」というご褒美をいただけるのですからhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 免許更新の待ち時間に会話したおばちゃん(おばちゃんは免許取って初めての免許更新だったみたいで、たぶん不安だったのでしょう。)

|

« マイケルの限界。 | トップページ | 7月の村。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/30585555

この記事へのトラックバック一覧です: 金色よ、しばしの間さらばじゃ!:

« マイケルの限界。 | トップページ | 7月の村。 »