« 雨にも負けず… | トップページ | 夏を感じるために~後編~ »

2009年7月27日 (月)

夏を感じるために~前編~

夏を感じるために〜前編〜

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は予定されていた「8分4秒探偵~最終話~」を変更し、土日にかけて行ってきたキャンプについて2夜に渡ってお送りしていきたいと思いますhappy01。「8分4秒探偵」を楽しみにしていた方には申し訳ありませんが、作者の都合で次週の8月3日(月曜日)にお送り致したいと思いますconfident

7月25日(土曜日)、今年もこの季節がやってまいりましたsign03。僕の中では1年の中で1、2を争う大イベントであるキャンプです!!

今年は昨年行った岩内キャンプ場から、場所を三石キャンプ場に戻しての開催ですshine。僕が社長を務める(株)RCPのキャンプは1998年から本格始動し、今年で11回目を数えますgood。過去のキャンプを振り返ってみても、色々な仲間と色々な思い出がたくさんあります。このキャンプがないと、夏が来たっ!という感じがしませんsign03

そして今回訪れる三石キャンプ場は、僕にとってはキャンプのshine聖地shineといっても過言でないほど、最高にお気に入りの場所ですyacht。目の前が海で、波の音を間近で感じながら寝ることもできるという最高の立地条件、そして充実した設備、美味しい食べ物に温泉施設と、もうこれ以上に恵まれた場所は他にはないと自負していますscissors

その三石でキャンプをするのは今年が10回目(1998年~2005年、2007年)という記念すべき年ですbell

そんな記念すべき節目の年に参加したメンバーをご紹介いたしましょうpaper。( )内は通算のキャンプ出場回数です。

Hき(4年連続10回目)

Aゆ(6年連続6回目)

猫男爵(11年連続11回目)

というわけで、今年も昨年に引き続き3人によるキャンプになりましたcoldsweats01

本当はもっともっと大人数で行きたいのですが、なかなかみんなの予定が合わず、この少人数でのキャンプです。でも一番大切なのは中身ですから、人数が少なくても中身が充実してさえいれば、最高のキャンプなんですhappy02

天気予報が見事に的中し、あいにくの悪天候rainの中、午前10時30分に帯広を出発しました。今回も、レンタカー屋さんでバスbusを借りてのキャンプの旅ですdash。運転手はHきですhappy01

夏を感じるために〜前編〜

道中はキャンプのイメージソングnoteである、反町隆史『Forever』を流すはずだったのですが・・・僕のミスで肝心なCDcdを忘れたため、代わりにエンディングテーマnoteである高橋克典『太陽を抱きたい』を流してのキャンプの出発ですsign03

車内では相変わらずの僕とHきによる、モノマネ大会が開催されましたhappy01。今回は選挙も近いことからか、政治ネタが実に多かったですhappy02。まあ、このモノマネについては後で詳しく述べることにして、雨の中をバスは目的地に向けてひた走りましたbusdash

夏を感じるために〜前編〜

ここは十勝と日高地方を結ぶ天馬街道です。ここを降りていくと浦河町になり、そこから少し行くと三石キャンプ場があります。ご覧のように、天馬街道は霧で深く覆われ、視界も悪く、雨粒rainも徐々に大きくなってきて、僕らの不安は大きく膨れ上がっていきました・・・bearing

それでも雨の中、午後2時に三石オートキャンプ場に無事に到着しましたscissors。着くと同時ぐらいにもの凄い集中豪雨rainに襲われ、僕らは一時バスの中で雨の状況を見守ることにしました。

夏を感じるために〜前編〜

10分ぐらい待つと、意外にも雨は小降りになったので、長年のキャンプ経験で培った勘を活かし、大急ぎで準備に取り掛かることにしましたsign03

外は雨のせいか微妙に蒸し暑くて、それがせめてもの救いでした。雨に輪をかけて寒かったらちょっとしんどかったかもしれませんcoldsweats01

夏を感じるために〜前編〜

今回も昨年に続き、猫男爵自家製の薪「銀座ジュエリー薪」が大活躍ですhappy02。雨で少し炭が湿りがちになるところを、この薪のおかげで火力をキープしてくれましたup

準備もある程度完了したので、僕らは魚介類を仕入れに夕市へ!まあ、そんなに良いものはGETできませんでしたが、魚や貝を少しだけ買ってきましたhappy01

夏を感じるために〜前編〜

まだ辺りは明るい中、午後5時頃から少し早めの夕食をスタートさせましたhappy01

キャンプと焼肉これはもう鉄板中の鉄板ですhappy02。これを始めないとキャンプとは言えませんからね。Nかのお店から買ったお肉を美味しくいただきました。本当にいつ食べても最高に美味しいですshineもちろんお酒の方もグイグイですbeer特にAゆは(笑)

Hきはもともとそんなに飲まないので、ビール半缶ぐらいでラーコーに切り替えましたし、僕はビール1缶だけで、あとはカクテルとワインをいただきましたwine。ただそんな中、ただ1人だけ空のビール缶を次から次へと増やしていったのが・・・そうですflair皆さん既にご存知の泥1号ことAゆですheart04。でも、そうじゃなくちゃAゆじゃないからねhappy01

僕らの普段の行いが良いのか、雨もあがり良いコンディションになってきましたhappy01。これはもはや小さな奇跡としか言っても過言ではありません。だって、天気予報では降水確率も高いし、大雨になるはずだったんですよcoldsweats01

夏を感じるために〜前編〜

上の写真のテントの奥に見えるのが太平洋です。本当にすぐそばに海があるんですpaper。『津波waveが来たらどうなるんだろう・・・』まあ、僕は板さえあれば波を乗りこなせるんですけどね(笑)

夏を感じるために〜前編〜

このキャンプ場には数多くのサイトがあるんですが、今回僕らがテントを張ったサイトは、僕らの一番お気に入りのサイトなんですscissors。これは予約の段階でここを指定しておいたのでバッチリです。このサイトはトイレtoiletがすぐ近くにあり、なおかつ海にも一番近いので、最高の場所なんですsign03

夏を感じるために〜前編〜

そんなこんなしているうちに、辺りは少し薄暗くなってきましたnight。波は依然と荒く、けたたましい音をたてていましたwave。この優れない天候の中、キャンプ場には家族連れや、若者たちが数多く訪れており、おおいに盛り上がっているようでしたbeer。まあ、僕らが一番盛り上がっていたかもしれませんけどねhappy02

夕食もひと段落する頃になると突然雨足rainが激しくなり、僕らはテントの中に一時避難することにrun。結局その後もこの雨は止むことがなく、宴beerもたけなわの中、午前0時頃に眠りにつくことしましたsleepy

眠りに就いたテントの中で聞いた、少し荒れ狂う波waveの音と、テントに降り注ぐ雨rainの音が、僕には最高の子守唄noteのように聞こえましたear

そこにがあり、そこに夏の匂いがある。そしてそこに仲間がいて、愛すべき人が隣りにいる。僕は今、一度しか訪れない2009年の夏を過ごしている。僕はまた来年も再来年も、その次の年もこの海に会いにくることだろう・・・

夏を感じるために・・・

夏を感じるために〜前編〜

この続きは、また明日ね!チャオ!paper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> キャンプ場の売店のおばちゃん(自分の店で売っているおにぎりの味が分からず、お客の質問にしどろもどろでした。)

|

« 雨にも負けず… | トップページ | 夏を感じるために~後編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/30719853

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を感じるために~前編~:

« 雨にも負けず… | トップページ | 夏を感じるために~後編~ »