« 夏を感じるために~前編~ | トップページ | 声変わり。 »

2009年7月28日 (火)

夏を感じるために~後編~

夏を感じるために〜後編〜

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

さて、今夜も昨日に引き続き、土日にかけて行ってきたキャンプについてお送りしていきたいと思いますhappy01

7月26日(日曜日)、少し穏やかになった波音waveが僕の耳に優しく響き、僕は新しい朝の目覚めを迎えました。テントから顔を出して、そっ~と外を見るとeyeまたしても奇跡の光景が・・・sign03

夜中あんなに強く降っていた雨rainは止み、空にはうっすらと晴れ間sunが差し込んでいるではありませんかsign03僕らのキャンプに対する熱い気持ちが、自然までをも変えてしまったのですgood

夏を感じるために〜後編〜

早朝から散歩がてら波うち際まで行ってきましたyacht

約2年ぶりに再会した太平洋は僕らを優しく歓迎してくれましたconfident。天候が悪く遊泳は禁止でしたが、砂浜に押し寄せる波しぶきがまるで僕に何かを話しかけてきてくれているようでしたconfident

砂浜では早朝にもかかわらず、たくさんの子供達が波と戯れていましたhappy01。子供は実に無邪気でカワイイものです。

夏を感じるために〜後編〜

もっとカワイイ子供を発見ですsign03マルコメ君です。正面からは写真は撮れませんでしたが、この子ともう一人兄弟だと思われる男の子がいたんですが、僕らに人懐っこく話しかけてきて、凄く可愛かったですhappy02。ひと仕事終えたかのごとく、やりきった感じで僕らに背を向けて帰っていきました。

夏を感じるために〜後編〜

朝食は「サンドウイッチ」breadです。Aゆ特製のサンドウイッチは超美味しかったですhappy02

夏を感じるために〜後編〜

そしてキャンプといえば、やっぱり「焼きそば」ですsign03これは欠かせませんね。僕の夢が海の家で「焼きそば」を売ることだったのは有名な話?ですよね(笑)

楽しい時間clockというものは経つのが早いもので、気がつけば時間は午前10時。撤収の時間まであと1時間しか残っていませんでしたbearing

朝食の後片付けを終えると、すぐに今度はテントをたたみ、荷物をバスに積み込みいよいよ2009年の三石キャンプは終焉の時を迎えてしまいましたcrying

夏を感じるために〜後編〜

やっぱり夏は海だね!

海を愛する夏男は、太陽の陽ざしsunを浴びながら今年も海と楽しい時間を過ごすことができて最高に幸せでしたhappy01

夏を感じるために〜後編〜

キャンプ場をあとにした僕らは、すぐ隣りに隣接する温泉施設に行きましたspa。キャンプで汗sweat01をかき、疲れている体を癒すにはやっぱり温泉が一番ですscissors

約1時間かけてお湯spaにつかり、極楽気分になった僕はここで目に止まった「今川焼」をひとつ頬張りましたshine。これが後々、僕を悪夢の道に誘うとも知らずに・・・crying

夏を感じるために〜後編〜

温泉で温まった風呂上りには、やっぱりソフトクリームですsign03

実はこの三石の道の駅のソフトクリームは、色んなソフトクーリムを食べ歩いているこの僕の中でもNO・1に輝くほどの美味しいものなんですsign03ここのソフトを食べた事のある人であれば分かってくれると思いますが、普通に2つや3つは美味しく食べれちゃうような、そんなソフトクリームなんですshine。いや~実に美味しかったですscissors

お風呂にも入り、ソフトクリームも食べ終えた僕らは、少し遅めの昼食をとりに一路、静内に向かいましたbusdash。時計は既に2時近くになっておりましたが、街中で美味しそうなお寿司屋さんを発見しましたsign03。ここなら美味しい海産物が食べれそうだgoodそう意気込んでお店に入っていきました。

夏を感じるために〜後編〜

僕が頼んだのは「海鮮丼」です。AゆとHきは「うな重」を頼みました。

普通に食べれば絶対に美味しいはずなんです。実際、味は美味しかったですしcoldsweats01。ただ・・・僕の胃袋は限界を向かえていました・・・sad

朝食で焼きそばを2人前ぐらいと、さらに今川焼、ソフトクリーム、バスの中ではオヤツをむさぼりまくっていました。そのツケがきて、いっこうに箸が進まないのです・・・これにはさすがの小腹王もピンチ!です(笑)coldsweats01

結局、全くもって食が進まず、HきとAゆに少し食べてもらいまいした。それでも3分の1ぐらいは残してしまいましたけどねbearing。お店の方、申し訳ありませんでしたbearing

午後3時過ぎ、十二分にお腹を満たしたfull僕らはお店を出て、いよいよ帰路への道へと向かいましたhappy01

疲れが残る車内では、ドラマtv「BEACH BOYS」のサントラをBGMnoteとして流しながら海岸線を走りました。ついつい僕の反町モノマネ大会が始まってしまいました。ビデオテープが擦り切れるくらいまで見まくった、このドラマのセリフを延々と僕は話し続けましたpaper

でも、僕にとって最高の褒め言葉をAゆがかけてくれました。『前から思っていたけど、何か反町っぽいよね。』

この言葉は僕が一番かけてほしい言葉なんですhappy02。顔が似てるとか、声が似ているとかではないんです。雰囲気というか全体の感じが、何か反町っぽい・・・これが最高に嬉しいんですhappy01

僕は「もしも生まれ変わったら反町に生まれ変わりたい」と思っていたほど、彼の事を尊敬し憧れているので、そんな言葉をかけられた時には嬉しくて嬉しくてたまりませんhappy02

最初は仕草とか喋り方を真似していたのですが、いつの間にかそれが自然と僕の一部分に溶け込み、それはもう既に自分の雰囲気になっちゃっていたんですねconfident。それを見つけだしてくれたAゆはさすがですheart04

そして、そんなAゆがバスbusの中で腹を抱えながら笑っていたのが、僕とHきによる政治家モノマネ大会ですhappy01

僕は麻生総理や安倍元総理、Hきは河村官房長官や石破大臣、さらには福島社民党党首、福田元総理などなど・・・とにかく笑いの渦typhoonだらけで、かなりの完成度だったと思いますcoldsweats01

そんな楽しい時間もあっという間に過ぎ、午後7時頃無事に帯広に到着し、今年のキャンプは楽しい思い出を残し終了しましたend

夏を感じるために〜後編〜

日本という国は海に囲まれた国です。こんなに恵まれた環境に住んでいるのですから、年に1度くらいは海の側で過ごさないと、海に怒られちゃいますcoldsweats01

海沿いを走ると、何とも言えない潮の香りが僕のテンションを高めてくれますup。どうして海が好きなの?と聞かれると、僕は答えに迷うかもしれません。なぜならそこに答えなどないからですsign03

でも「海」という存在そのものが、もしかしたら僕が求める姿なのかもしれないですね。海は広いし果てしないものです。それと同じように僕も広い心包み込むような優しさを備え持ちたいという、僕なりの心境の現れなのかもしれません。だから海が好きなのかもしれませんconfident

そんな僕の心の源である「海」に会いに、そして何よりも大好きな夏を感じるために、また来年もこの場所へ帰ってくることを僕はここに誓い、2009年のキャンプを終えたいと思いますpaper

皆さんももしも機会があれば、海のキャンプyachtにぜひ行ってみてはいかがですか?なぜって?

それは・・・

夏を感じるために・・・

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> AゆHき(今年のキャンプもこの2人がいたからこそ楽しい時間が過ごせました。本当に楽しい2日間をありがとうね。)

|

« 夏を感じるために~前編~ | トップページ | 声変わり。 »

コメント

はじめまして、ネットサーフィンの波にのってやってきましたsnowboard
何だかいい仲間、彼女さんに囲まれ、幸せものな猫男爵さんですねhappy01
反町に似てる猫男爵さん、気になりますwink
楽しみにブログをみさせていただいてますので、これからもがんばってくださいねhappy01punch

投稿: みーたん | 2009年7月29日 (水) 06時52分

みーたんさん
はじめましてhappy01
僕のまわりには本当に良い仲間がたくさんいて、僕は幸せ者だと思いますshine
彼女ともすごく仲が良くてheart04、僕は本当に恵まれていると思います。

僕がこんなに充実して楽しい毎日を過ごしているのも、僕のそばにいて僕を支えてくれているみんなのおかげなんですよconfident
みーたんさんの心強い応援も、僕にとっては頑張れる源のひとつですgood
楽しみにしている方のためにも、これからも頑張っていきますのでよろしくお願いしますね。また遊びにきてくださいねhappy02

反町に似ているのかと言いますと・・・何とも微妙ですが、彼の雰囲気だけはあると思います(笑)


投稿: 猫男爵 | 2009年7月29日 (水) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/30720045

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を感じるために~後編~:

« 夏を感じるために~前編~ | トップページ | 声変わり。 »