« 『ガリナオ』特別編 ~反射る(うつる)~ | トップページ | コインスナック。 »

2009年3月25日 (水)

そこに「侍」はいた!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日は週に一度のミニバレーの日でしたが、昨日は残念ながら人が集まらないことと、コートが取れそうにないことから、早々に中止を決断しました・・・crying

非常に残念な決断でしたが、また来週がありますので、ぜひ来週は楽しいミニバレーで汗sweat01を流せるよう祈っていますhappy02

さて、さて、さてsign03僕の胸の鼓動heart02はいまだに高鳴りがおさまりませんsign03昨日の興奮がまだ冷めやらないのですheart02。もう既に皆さんも、飽きるほどニュースtvや新聞などでWBCbaseball「サムライJAPAN」の優勝シーンshine、シャンパンファイトbeerbeerのシーン、何度も見たことでしょうhappy01

あーいうシーンは何度見てもいいものですhappy02。今回の「サムライJAPAN」の活躍で、おそらく野球に全く興味が無かった人でも、少しは野球baseballに関心を持つようになったのではないでしょうか?

そしてこの「侍」たちの活躍による経済効果dollarはおよそ200億円とも言われていますup。不景気で暗いニュースばかりのこの日本に、久しぶりに明るいニュースをもたらした彼らの活躍の源は、まさに日本人が忘れかけていた「侍」の魂そのものだと僕は思っていますgood

僕が小さい頃から恋焦がれていたプロ野球選手baseball、その僕の夢である人たちの中から選び抜かれた29人の「侍」たちが、野球選手を目指す子供たちに、そして日本国民に、その姿を持って勇気と感動を与えてくれたこの20日間を僕はこの先、未来永劫に忘れる事はないでしょう・・・confident

唯一残念だったのは、あの優勝の瞬間に僕が「サムライJAPAN」のユニホームを着て、グランドの上に立っている事ができなかった事だけが、悔やまれますweep。4年後の第3回大会の2013年になれば僕は38歳・・・何とかギリギリかな?という年齢ですcoldsweats01。これをラストチャンスと考えて、これから一生懸命に朝野球baseballにスカウトが見に来ることを信じて頑張っていこうと思います(笑)coldsweats01

まあ、冗談はここまでにして、皆さんはこの20日間を振り返って、この「サムライJAPAN」の戦いをどう見られましたか?tv

スポーツ、ましてや団体競技となれば、様々な考えや意見がぶつかり合い、「確執」というものが生まれるものですgawk。しかし今回のチームは非常にチームが“ひとつ”になった、まとまりのあるチームだったのではないでしょうかpaper

それは原監督という大きな盤の上を、的確に動く「29個の駒」をまとめるイチローというリーダーの存在があったからではないでしょうかsign03

昔の大人のヒーローが長嶋を見て育ったように、今回のチームの中心選手達(イチロー、小笠原、稲葉、城島、岩村など)は、幼い頃からテレビtvの中で活躍する原辰徳というスターを見て育った世代ですshine。もちろん僕もその世代の一人なんですがhappy01

なので、憧れのスターshineが監督という近い距離にいるという事が何よりも「結束力」というものを生んだのだと思います。それに加えそのパイプ役的存在になる、世界を知るイチローがいるという事も一番の大きな勝因だったと思いますpaper

長い戦いの間、イチローはいまだかつて見た事のない極度のスランプに陥りましたdown・・・普通であれば、『イチローさんが打てないのに俺たちが打てるわけがない・・・』と考えてしまい、悪循環recycleになってしまうのものです。しかし、今回のこのチームにはそれがありませんでした。なぜならそこに信頼感があったからですscissors

『イチローさんが打てないなら俺が打ってやる。イチローさんは必ず調子をあげて来てくれる。だからその時まで、イチローさんをみんなで助けてやろう!』そんな気持ちが選手たちの間に僕があったのではないかと勝手に推測していますconfident

僕が一番印象に残っているのが川﨑の言葉です。川﨑は今回はなかなか出番がなく、ベンチを温める事がほとんどでした。そして準決勝のアメリカ戦で先発出場を果たしたのですが、その試合後のインタビューでこう応えています。『僕はずっとベンチにいましたけど、ずっと試合に出てました。ベンチとか先発とか関係ありません、いつでも試合に出ています。気持ちはみんなと同じです!』

この言葉に僕は思わずグッときましたcrying。普通は試合に出れなければ、少しは嫌気もさすものです。しかし決して腐らず心をひとつにするgood。なかなか真似のできる事ではありません。でも、これは彼の本当に純粋な正直な気持ちだったのでしょうflairおそらく他のメンバーも同じだったと思います。それが「優勝」という結果に結びついたのだと思いますpaper

ある「侍」は、強烈なプレッシャーに押しつぶされそうになり、『苦しみが辛さに変わり、やがて痛みへとなっていった』と語っていました。『でも、最後は笑うことができたので最高です』と言っていました。戦いの場から解き放たれた彼は、本当に子供のように無邪気にはしゃいでいました。お疲れ様、イチローsign03

ある「侍」は、どんなに苦しい場面でもチームメイトが不安に思わないように、マウンドの上でにこやかに笑い、そしてチームのピンチを何度も救いました。彼のその志しは、言葉に出さなくてもきっとみんなに伝わっていたはずです。お疲れ様、岩隈sign03

ある「侍」は、投手陣を引っ張るためにその豪球でキューバ、アメリカという強打をねじ伏せ、「侍」のエースという姿を身を持って見せてくれました。お疲れ様、松坂sign03

ある「侍」は、志し半ばでケガに泣き、戦いの場から去りました。でも、その魂は残った選手の心の中に生き、そしてパワーとなりました。お疲れ様、村田sign03

そしてその「侍」を率いた原監督、あなたは本当に凄いsign03尊敬しますsign03「勝たなければならない」という強いプレッシャーを一番背負いながらも、絶対に前だけを見て、弱音を吐いてはいけないという事を選手に鼓舞し、そしてまとめあげたあなたのその手腕は本当に名将と呼ばれるにふさわしいものでしたgood

あなたは僕が子供の頃から憧れ続けた、巨人軍の若大将原選手から、本当に日本の名将原監督になったんですねhappy02。本当におめでとうございますshine。僕は本当に心の底から嬉しいですsign03疲れていると思うのでゆっくりと休んでくださいと、言いたいところですが、すぐに今度は我が愛する巨人軍の監督として仕事が待っていますね。また大変だとは思いますが、頑張ってくださいconfident僕も「サムライ愛」の次は、「ジャイアンツ愛」で精一杯の応援しますのでhappy02

さあ、20日間の熱き戦いは終わり、「侍」たちは今、「刀」を置き、それぞれの次の戦いの地へと旅立っていきました。本当に「スポーツ」っていいものですね、そして本当に「野球」というスポーツの素晴らしさを今回改めて強く思い直した、そんな20日間でしたpaper

かつて「侍」が存在した国ここ日本には、まだ「侍」の魂を持った29人の「男」が存在したのですsign03僕はその事をこの目で確かに見ましたsign03そこに「侍」はいた!

今日は長々と「野球」baseballの話で申し訳ありませんでした。「野球」は僕にとっては体の一部のようなものなので(笑)

4年後の2013年に、またWBCで再会しましょうpaperもしかしたら、もしかしたらですよ、0.00001%ぐらいの確率で僕が出てるかもしれないので、その時は応援してくださいね(笑)coldsweats01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> イチロー(第2回WBCのMVPは松坂でしたが、僕の中でのMVPはイチロー以外は考えられません。彼の存在なくして、この結果はありませんでした。)

|

« 『ガリナオ』特別編 ~反射る(うつる)~ | トップページ | コインスナック。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/28801161

この記事へのトラックバック一覧です: そこに「侍」はいた!:

« 『ガリナオ』特別編 ~反射る(うつる)~ | トップページ | コインスナック。 »