« 世界の宝紀行~インド~ | トップページ | ビジュアル『D』の音魂♪ »

2009年2月22日 (日)

出会って10年・・・

出会って10<br />
 年…

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

「10年ひと昔」とよく言いますが、僕があるものと出会ってからちょうど10年が経ちました。その“あるもの”とは、NTTドコモの携帯電話「iモード」ですsign03

実はちょうど10年前の今日1999年2月22日は、「iモード」がスタートした日なんですshine

思い返せば僕が初めて携帯電話mobilephoneを持ったのが1997年の春、大学schoolを卒業し地元に戻り就職してからのことですbell当時、僕はまだ22歳ですscissors

携帯電話mobilephoneはちょうどこの頃、少しずつ世に普及されつつありましたが、大学生の頃は携帯電話を持っている人はほとんどいなくて、PHSを持っている人が少しいたくらいでしたconfident。今となっては、もし自分が学生の頃に携帯電話があればどれだけ便利だったかな~と思いますhappy01

それでも携帯電話がなくても、それなりに連絡が取れていたわけですから、それはそれで何とかなっていたんだと思いますgood。でもそれから12年後の時代が、こんなに携帯電話に依存する時代になっているとは想像もできませんでしたcoldsweats01

さて、初めて僕が持った携帯電話mobilephoneは実は友人Hきから譲り受けた中古の携帯電話でした。Hきは僕よりも先に就職していたために、仕事などで当然携帯電話が必要となるために、いらなくなった機種を僕は貰いましたpaper

Hきから譲り受けた、僕にとっては1台目となる携帯電話mobilephoneはアナログ携帯で、今考えればよくあれを使っていたな~と思うような実に旧式のものでしたcoldsweats01

その携帯電話の会社はセルラー(現au)で、大きさも今よりも幾分大きめで、メモリーなどの機能も当然無かったので、誰から電話がかかってきたかもわからないし、相手に電話をかける時も番号を記憶しておくかメモにでも書いておかないと、電話もかけれないという状況でしたcoldsweats01

その後、2台目3台目も同じセルラーの携帯電話を持ちましたflair。この2台からはようやくデシタル携帯を所持しました。少しずつ機能も向上して、メモリー機能もありましたし、着信音も自分で選べるようになりました。ただ、まだダウンロードという機能がなかったので、着信音専門の本を買って、その本を見ながら自分で着信音noteを作るという時代でしたhappy01

そして1999年、僕はセルラーからドコモへ会社を変えました。これが僕と「iモード」との出会いですshine

当時、爆発的な人気を誇っていた広末涼子がCMに出演していたNTTドコモ「501i」シリーズ、このCMを見て僕は「iモード」を手にする事にしましたhappy02

僕が4台目の携帯電話として初めて持ったドコモの新機種「N501i」には画期的な「iモード」機能が満載されており、日本初のプラウザ付きの端末でした。ただ、液晶画面はまだモノクロでしたmobilephone

僕が嬉しかったのが、僕が持っている携帯電話と全く同じものを憧れの俳優反町隆史がドラマtvの中で使っていたという事ですhappy02

出会って10<br />
 年…

そして5台目の携帯電話として2001年に僕が持ったのが、上の写真の携帯「N503i」です。

この機種から液晶画面もカラーになり、日本初の携帯アプリ対応の端末としても宣伝されました。この携帯から着信音noteや壁紙を頻繁にダウンロードして使うようになりましたscissors

携帯電話のアンテナを口で伸ばすキムタクの真似をする男子が多発したのもこの頃でしたhappy01。僕も結構、アンテナは口で伸ばす派でした(笑)

まだカメラ機能とかは搭載されてはいなかったですが、僕的にはこの「503i」はお気に入りの携帯端末ですscissors

出会って10<br />
 年…

そして6台目の携帯電話として2003年に持ったのが、上の写真「D505i」です。

今まで「N」にこだわりを持っていた僕が初めて「D」を持ってみました。この携帯電話で僕は初めてカメラ付き携帯cameraを持ちましたbell

この「D505i」は俳優の金城武がCMに出ていた事もあり、そこも決め手になりこの機種を選択しました。機種を選ぶ時って、もちろん機能の充実が条件なんですが、誰がCMに出ているかというところもポイントなんです僕の場合coldsweats01

出会って10<br />
 年…

その次に2004年に7台目の携帯電話として僕が選んだのは、「SO506i」ですshine。この携帯の特徴は“クルクル携帯”と言われる、液晶画面を360度自由自在に回転する事ができるというところですmobilephone

この携帯電話を持っている頃から、携帯電話の主流が「mova」から「FOMA」へ徐々に変動していき、「au」や「ソフトバンク」などの他会社の成長もあり、ドコモも変革の時期に差し掛かってきましたsign03

しかし、ドコモを好なく愛する僕の心は全く揺るぐ事はなく、ドコモ一筋の気持ちに変わりはありませんでしたgood

出会って10<br />
 年…

そして僕も携帯電話をいよいよ「mova」から「FOMA」へと変える時がきましたsign03

2006年に機種変更した8台目の携帯電話、FOMA「SH903i」ですsign03

この機種は現在も使用している超お気に入りの機種ですhappy02。念願の赤い携帯電話を持つ事もできたので、買った時の喜びはひとしおでしたdelicious

初めて「SH」(シャープさん)の機種を持ったのですが、さすがシャープさんの携帯電話はカメラcameraの画像がズバ抜けて良いですshine。そこも買う時のポイントでしたし、KAT-TUNがCMしていた携帯電話だというところもこれを選んだ決め手ですbell

この「SH903i」は相当気に入っているのでしばらくは換えないと思いますが、もちろん携帯電話にも寿命があるので、その時は9台目をまた探したいと思っていますhappy01

いずれにしてもセルラーの時代を含めて合計8台の携帯電話mobilephoneは、その時代の思い出とともに僕の中でいつまでも生き続けていますconfident。どの携帯電話も思い出深いものばかりです。本当にいつも僕の側にいたベストパートナーたちばかりですheart04

そして「iモード」と出会ってちょうど10年、今日はその記念日なんですが、「iモード」の「i」の意味を皆さんはご存知ですか?

インターアクティブ(interactive)、インフォメーション(information)、インターネット(internet)という3つの意味がり、そして「私=I」という意味もあるんですってnote。僕的にはその意味合いにもうひとつ、「愛する(iする)」という意味合いも込めたいと思っていますhappy01

愛する携帯電話「iモード」をこれからも大切に使っていきたいと思いますscissors

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日のMIP> 三遊亭楽太郎(久しぶりに見た「笑点」tvで病気から復帰した桂歌丸に対し、相変わらず毒を吐いていた楽太郎が何だかとてもおもしろかったですhappy01

|

« 世界の宝紀行~インド~ | トップページ | ビジュアル『D』の音魂♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/28291219

この記事へのトラックバック一覧です: 出会って10年・・・:

« 世界の宝紀行~インド~ | トップページ | ビジュアル『D』の音魂♪ »